Amazon輸出オーストラリアで出店する方法と注意点~アマゾン豪州出品~

LINEで送る
Pocket

ぴーたろです^^

今回は、今Amazon輸出業界で話題になりつつあるAmazonオーストラリア(Amazon.com.au)の最新情報を記載しておきます。

メルボルン郊外にFBA倉庫を建設しているAmazonさん。これは稼働開始の日も近いのは間違いないでしょう。

豪州のAmazon市場に関してはまだまだ情報が少ない市場ではありますが、最新情報をキャッチアップして、オーストラリア市場に乗り出す準備をしておくのも一つのチャンスになるかもしれません!

※Amazonオーストラリアに関する情報は、適宜このページの記載内容をアップデートしていく予定です。オーストラリアのAmazon輸出に興味がある方は、このページをたまに覗きに来てください^^

 



スポンサーリンク

Amazon輸出オーストラリアの市場に乗り出すメリット

Amazon輸出でオーストラリア市場を攻める場合、非常にハードルが低い2つのポイントが考えられます。

●言語が英語でOK
●日本と時差が殆どない

まず言語的な意味合いですが、オーストラリアは英語に訛りがあることで有名ですが、公用語はバッチリ英語です。

そのため、既にAmazon輸出でアメリカ市場の販売経験があれば、言語的なハードルは低いままで販売が可能です。

(Amazon欧州で、フランス・ドイツなどでの販売をされている方であれば分かると思いますが、言語が分からないって結構ストレスです><。)

AmazonはUIが優れているので、実際に言語が分からない国でもボタンの位置などで販売自体はできますが、カスタマーサービス自体は、自分分からない言語であればどうしても外注化(もしくは精度の低いGoogle翻訳で無理やり対応w)が必要です。

また、日本と殆ど時差がないことも、オーストラリア向けに商品を売るという観点では面白い特徴です。

実際オーストラリアは国土が広いため、東部・中部・西部で大きく3つの時間を持っていますが、いずれも日本との時差はおおよそ2時間以内にとなっているので、アメリカ向けに輸出をしている感覚とは大きく違いますね!

具体的にAmazon輸出に落とし込んで考えると、お客さんとの連絡のやり取りがタイムリーに対応できます。アメリカだと、日本と昼夜が逆転して、朝起きた時にメールがたくさん届いていることが多いのですが、オーストラリア輸出を始めると、日本の日中にメールが届くことが多くなりそうですね^^

オーストラリアでの売上専用の豪ドル口座

既にAmazon輸出経験者であればご存知の通り、Amazon輸出では販売する国での外貨の売上を受け取るための海外銀行口座が必要です。

為替手数料などを勘案すると、現地通貨ベースの口座を持つことが必至ですが、オーストラリアドルの口座サービスはPayoneerで対応しています。

Payoneerは手数料面で最もお得な上、新規口座開設で$100のキャッシュバックキャンペーンも実施していますので、使わない手はないと思います^^
(参考)Amazon輸出 Payoneerの手数料と口座開設方法($100キャッシュバック)



スポンサーリンク

Amazonオーストラリアの出店費用

Amazon豪州は、他の米国やカナダと同様に月額の販売手数料が発生します。
(参考)Amazon輸出ビジネスでかかる費用・経費・手数料のまとめ

費用は月額でAU$49.95 + GSTです。

GST(Goods and Services Tax)とはオーストラリアの「商品サービス税」と呼ばれるもので、日本で言う消費税に該当するようなものです。

カナダも同様の費用が発生して、これを利益計算に織り込まないと痛い目に遭うのはお伝え済みですね^^
(参考)Amazon輸出カナダでFBA販売を行う際の注意点

オーストラリアではGSTは一律10%ですので、この点も押さえておきたいポイントです。

Amazon輸出オーストラリアの出品方法

さて、具体的なAmazonオーストラリアでの販売方法ですが、まずはこちらをご確認ください。

現在、Amazonオーストラリアでは、取り扱われている商品カテゴリーが限定されており、主にKindle(Amazonの電子書籍サービス)関連の商品しか販売することができません

この意味で、私たち一般セラーが販売ストアを持ってオーストラリアAmazonで販売することはできないというのが現状です。

といっても、落胆しないでください。Amazonオーストラリアの市場は近い将来に開放されることが噂されており、実際にAmazon自体もオーストラリア市場でセラーを非公開で募集したりFBA倉庫を建造する等の準備を裏で進めているようです!!

"Amazon is ready for Australia.
On Monday, 500 merchants will gather in Sydney to hear from the company’s Australia manager, Rocco Braeuniger, and head of seller services for Australia, Fabio Bertola, on how the whole platform will work.
(~中略~)
A month ago, Amazon already claimed 500 Australian businesses had signed up to sell through its third-party marketplace. This week the first of those businesses, shoes retailer Style Tread and Costumes.com.au, publicly declared they were registered and preparing to sell through the US giant’s local arm."
(参考URL)https://www.businessinsider.com.au/amazon-is-ready-for-australia-and-next-week-is-going-to-be-huge-2017-11

既に500以上のオーストラリア国内の事業者もAmazonのセラー登録をしていている模様。

私たち個人輸出セラーも黙って指をくわえている待っている訳にはいきません。

そこで、Amazonオーストラリアでの輸出を考えられている方は、以下の公式フォームに登録をしておくことをオススメします^^

>>Amazon輸出オーストラリア出品事前登録フォーム

こちらに必要情報を登録しておけば、Amazonオーストラリア市場が開放される際に事前にAmazon側から有益な情報が得られる可能性があります

まだまだ未知なる市場であるが故、事前にできる準備は整えておきましょう^^

【追記】

2017年11月23日午後3時(現地時間)にAmazon豪州がネット販売の注文受付を開始しました^^ついに本格稼働の前触れですねー♪

【追記】

2017年12月5日ついにAmazonオーストラリア市場解禁しました!!!楽しみすぎます♪
Amazon オーストラリア

Amazon オーストラリア

スポンサーリンク

まとめ

以上、Amazon輸出オーストラリア市場の出店方法でした。

現状では出店自体が公式に受け付けられていないため、興味がある方は事前登録をしておくことをオススメします。

オーストラリアは人口は約2,500万人。

カナダ(約3,500万人)と比べても小さな市場ではありますが、途上国というイメージではないため、日本製品にもしっかりお金を使ってくれるお客様も多そうです(これは完全な個人的妄想)^^

今後も「Amazon輸出×オーストラリア」の情報はこちらのページで更新していきますのでよろしくお願い致します。

それではー♪

(参考)
※豪州以外の市場での販売はこちらから!他の人が販売していないブルーオーシャン市場を攻めてみるのも面白いと思います^^

<カナダ>
>>Amazon輸出 カナダの出店方法
<欧州>
>>Amazon輸出 欧州の出店方法
<中国>
>>Amazon輸出 中国の出店方法
<東南アジア>
>>Lazada輸出の始め方 東南アジア市場に出店する方法

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)

LINEで送る
Pocket

“Amazon輸出オーストラリアで出店する方法と注意点~アマゾン豪州出品~” への18件の返信

  1. ぴーたろさん、
    お世話になります!

    オーストラリアアマゾンの特集を組んでいただいて
    非常にウレシイです!

    そこでお聞きしたいことがあるのですが、
    オーストラリアアマゾンから
    「ABN/VAT/GST Registration Numbers」を
    設定してください!といったお便り^^が来たのですが、
    税務関係の設定なのですかね?

    ちょっとググってもあまりわからず、
    流れに沿って設定してしまえば良さそうなのですが、
    税務関係のことなのでアバウトに設定してしまった場合は
    まずいと思い、ぴーたろさんに質問させていただきました!

    何かカントリーを選んで(日本が選択肢になかったのでオーストラリアを選ぶのですかね?)
    から、自分の正式な住所を選んで設定するようです。
    オーストラリアを選んで自分の正式住所を設定すれば良いのですかね?

    ちょっと拍子抜けするぐらいにシンプルなことを聞いてしまっている気がするのですが・・・。
    現在ホリデーシーズン直前で申し訳ないのですが、
    お時間に余裕のある時で結構ですので、
    教えていただけば幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    • 「ABN/VAT/GST Registration Numbers」に関しては、欧州同様VAT関連の登録番号を求められている意味合いですね。
      欧州も(特にFBAセラーは)その国でのVAT番号の取得が必須となっているので、オーストラリアも同様の可能性があります。
      (参考)Amazon輸出欧州の最新VAT登録情報をすべて大公開!

      欧州の現状の試験的な小売りセラーの募集は欧州小売企業向け(もしくは欧州国内の個人事業者)の内容が多いようなので、現状では日本が選べない設定になっている可能性があります。
      一度Amazon.com.auに直接問い合わせて確認をしたほうが無難だと思います^^

      ご記載の通り、今は年に一度のホリデーシーズンの時期なので現状の販路でバンバン売ったほうが大きく利益を出せる可能性は高いと思いますよ♪
      私も売り上げが落ち着いてから色々と調べる予定です♪

      • ぴーたろさん
        お忙しいところご返答感謝いたします!!

        そうなのですね^^
        的確な内容で教えていただいて
        本当にありがたいです!
        自分で適当に設定しなくてよかったです!
        (むしろ設定しようとしていた自分が恐ろしいです。)

        今はオーストラリアアマゾンに深入りしないようにします。

        twitterでお見かけしたのですが、
        ビッ〇コ〇ン暴騰おめでとうございます!!
        ぴーたろさんが一気に数段上のステージに行きそうな
        2018年を楽しみにしております!!

        ありがとうございました。

        • アーバンお兄さん

          Twitterでもご連絡いただいた通り、オーストラリアはアーバンお兄さんは一歩リード状態だと思うので、色々と調べて頑張ってみてください^^
          私も遅れをとらないようにガンバリマス♪

          仮想通貨はバブルですよね^^; この状態がいつまで続くかは分かりませんが、堅実に収益化できている輸出ビジネスあっての投資ですので、2018年も輸出をコツコツ伸ばたいですね。
          ひとまず、ホリデーシーズンが終わるまではしっかり売上上げていきましょう♪

  2. こんばんは!!
    アーバンお兄さん改め、Uお兄です^^
    (今後は「Uお兄」でお願いします^^)

    ぴーたろさんは
    法人を今年度の途中に設立されたみたいですが、
    法人設立のタイミングが、年度の途中だった場合、
    それまでの個人事業をそのまま設立した法人に
    受け継ぐことが出来るのでしょうかね?出来そうですが・・・。

    またオーストラリアアマゾンが「法人必須」だった場合困るので、
    私も法人設立したいです!!

    法人設立は最近流行の「合同会社」で
    設立しても問題ないのですかね?
    ただ単に私は「安く設立できるなら合同会社で良くない?」
    と思ってしまいましたが、そんな単純なことではないですかね?
    設立費用が安い分、どこかで損しそうな気もしないでもないです。
    (この辺りは設立当事者各々の好みだと思いますが、
    ぴーたろさんの主観で結構ですので”例えば”「やめた方がいい!」などと
    ストレートに教えていただけないでしょうか。
    自己責任で最終的に判断させていただきます。)

    オーストラリアアマゾンは本当に謎ですね^^
    といっても理解して既にマジで始めている方もいると思います。
    米国アマゾンで皆さん慣れていますから、
    いくら黎明期でも中国の方とかすぐ参入してきそうですし・・・。

    ぴーたろさんもオーストラリアアマゾンは
    謎な部分が多そうとはいえ、
    人脈も豊富そうですから、
    大体の事は既に理解されてそうな感じがします!!

    • Uお兄さん

      こんにちは^^

      暦年の途中で法人化した場合、個人事業主の廃業届を行って、その時点の在庫を法人に原価で売り上げる処理をしますよ!
      法人成りの細かいことは担当税理士さんに伺えば簡単にご説明頂けると思いますが、私も落ち着いたらまたサイト内にまとめるつもりです^^

      オーストラリアの要件はまだ細かく情報が出てないので、このために法人化をご予定されているのであれば、Amazon.com.auに直接確認をしてからをオススメします^^
      合同会社は、設立費用もランニングコストも安いので名前を気にしなければ全然大丈夫だと思いますよー!私はビジネスの信用力を求めて法人化をしたので、株式会社一択でした。
      (参考)副業のAmazon輸出ビジネスでは税理士は必要なのか?

      AmazonはUIが優れているので、どこかの国に輸出する能力が身につけば簡単に他の市場に応用できる点がメリットです。
      新しい市場は試行錯誤が多いですが、その先の利益を大きく取るためには頑張りたいところですね(*’ω’*)

  3. ぴーたろさん
    年末の貴重なお休みの日&ホリデーシーズンのあれこれと
    お忙しい時に親切にご返答くださいまして感謝いたします!!

    アドバイス通り確認してから法人設立するか考えたいと思います。

    今のところオーストラリアアマゾンは、
    何故か出品者がカタログが作れないといった
    スタート時にありがちなトラブルがあるようです^^

    しかしそこをなんとか調べ上げて
    自分が販売できるように心がけたいです!!

    また何か情報がありそうでしたら
    こちらに訪問させていただきます!!

    ありがとうございました!!

    • Uお兄さん

      こんにちは^^

      とんでもないです!!

      法人設立はお金もかかりますので、ゆっくり検討してみてください^^

      豪州Amazon、そうなんですね( ;∀;)
      となると、日本商品をガンガン売るにはまだ壁がありそうですね!
      貴重な情報ありがとうございます!!

      私も豪州情報はこちらのページにまとめていくつもりなので、またいつでも遊びに来てください^^
      ではでは♪

  4. ぴーたろさん

    初めまして!
    takeと申します。
    当方、amazon米国・カナダ・欧州、eBayを3年ほど前から実践しています。
    こちらのページを見つけてからは、「目からうろこ」の情報満載に感激しています^^
    本当にありがたいです!
    どうぞ、これからもよろしくお願いします。

    さて、そこで質問があります。

    現在Amazon米国でFBAもやっておりますが、その在庫の中から「マルチチャネル」を使って、eBayでも販売したいと考えております。
    つきましては、その場合eBayの出品ページには「このアイテムは、米国内の提携業者から出荷されます」のような文言を入れたほうが良いのでしょうか?
    そうしないと、バイヤーがアイテムを受け取った時にAmazonの箱で到着するのでどうなのかと…。。。
    それと、マルチチャネルは米国外出荷設定できるのでしょうか?

    以上、年末のお忙しい中恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

    • takeさん

      はじめまして^^
      米国・カナダに加えてヨーロッパ市場も参入されているんですね!大先輩で恐れ多いです^^

      マルチチャネルは、手数料を払うことで箱を無地にすることできますよー♪
      手数料が勿体なければ、ご記載の通り注意書きをしてもOKですが、お客さんがAmazonでの出品価格を確認する可能性がありますので、もし不都合があれば無地を使えばOKです。
      米国外の出荷に関しては、住所入力の際に入力が可能か確認してみてください。ただ、Amazonが発送に使う業者次第では送料が非常に高額になる可能性が高いです。

      参考になれば幸いです^^

      • ぴーたろさん

        お忙しい中、回答いただきありがとうございます^^
        マルチチャネルを利用する際に、無地の箱も選択できるんですね!
        いやー聞いてよかったです。

        そうですね、eBayで買ったのにAmazonから出荷?…なんてことが分かれば、確かに価格の比較はされそうですね…(汗)
        となると、やはり無地の箱が無難ですよね。

        それと、米国外への出荷設定は送料を含めてもう一度確認します。

        それでは、また何かありましたらよろしくお願いします。

        • takeさん

          マルチチャネルは活用しているセラーも多くないと思うので、情報が少ないですよね^^;

          米国内であれば、Amazonを知らない人は殆どいないと思いますので、箱のデザインは少し注意したいところです。

          またいつでも遊びに来てください^^こちらこそよろしくお願い致します。

  5. ぴーたろ様

    はじめまして、ヨスです。

    アマゾンオーストラリアの特集て、あまりないので、大変参考になります。

    ありがとうございます。

    ところで、現在以下の設定で、つまずいております、何かいいアドバイスをお願いします。

    Seller Identity Verification

    この項目のうち、銀行ないしクレジットカードの取引明細書をPDFで添付する箇所ですが、
    私の場合、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の日本語の取引明細書はダメ、英語の取引明細書はそもそも無い、また、英文でも、残高証明書も提出したが、それもダメでした。一体何をどうすればいいのか、分からず30日の期限が迫ってくるばかりです。

    全くわからないので、ぴーたろさん教えてください。お願いします!

    • マリクさん

      はじめまして^^
      お役に立てたのであれば幸いです♪

      さて、Identity Verificationですが、Payoneer口座はお持ちでしょうか?
      もしまだ対応されていなければ、そちらで豪ドルの口座証明を送ってみるのもいいと思います^^

  6. ぴーたろ様

    あけましておめでとう御座います。

    いやー、有難う御座いました!

    ペイオニアの取引明細でいけました。

    お正月からか、しばらく返事が無かったのですが

    Hello,

    We have finished our review of your account.

    You may now sell on Amazon.com.au.

    という、うれしいメールが届きました。

    本当に有難う御座います。

    • マリクさん

      こんにちは^^
      とんでもないです、困ったときはお互いさまなので!
      お役に立てて幸いです♪
      オーストラリア、楽しみですね♪お互い頑張りましょー(=゚ω゚)ノ

  7. 大変参考になりました!
    1つ質問なのですが、オーストラリアのAmazonのモノレートのようなサイトはあるのでしょうか?
    もしありましたら、教えていただけると嬉しく思います。
    どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

    • やまやまさん

      こんにちは。
      現状、豪州のランキング追跡ツールはこれといっていいものを見つけられていませんねー。
      ChamelChamelChamelでも未対応なので、もし良い情報が入り次第展開させていただきます^^
      ちなみに、私の知人はランキングツールを自作されていましたので、本気で豪州を攻めるのであればそこまで考えてみてもいいかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*