Amazon輸出オススメのリサーチツール Zon ASIN Hunter の使い方

LINEで送る
Pocket

ぴーたろです^^

皆さん、日々のリサーチはどのような方法をとられているでしょうか?

中級セラー以上になると、もう毎日リサーチなんてしていない・・・なんて声が聞こえてきそうですが、特にAmazon輸出を始められたばかりの方であればどんなリサーチ方法があるのか知りたいですよね。

今回は、他セラーの出品商品の情報や、検索語句の商品情報を一括でダウンロードできる海外製のツール、Zon ASIN Hunterの使い方をご紹介します。



スポンサーリンク

Zon ASIN Hunterってどんなツール?

Amazon輸出のリサーチ方法の極意でもご紹介している通り、Amazon輸出のリサーチ方法として非常に有効なもののひとつに他セラーの出品商品を参考にするという方法があります。

この時、他セラーのStore Frontページに並んでいる商品をひとつひとつ確認してもいいのですが、できればエクセルなどで一気にエクスポートできると非常に便利ですよね!

ここで威力を発揮するのが、このZon ASIN Hunterというツールです。

このツールを利用すれば、他セラーが出品している商品のリストの情報を一括で手に入れることができます。

ぴーたろもAmazon輸出を初めて数ヵ月目でこのツールに出会ったのですが、今でも重宝しているツールの一つになっています^^

また、他セラーの情報以外にも、Amazonで検索窓に語句を入れて表示される検索結果の情報も一括で取得することができます!

Zon ASIN Hunterの気になる料金は?

Zon ASIN Hunterは使い勝手のいい非常に優れたツールですが、一番気になるのコスト面でのメリットとして「格安の買い切りツール」と断言できます。

Amazon輸出のツールといえば月額料金制度を敷いているツールも多いですが、なんとこのツール、たったの37ドル(海外製のためドル価格)で購入することができます!^^

買い切りタイプのツールになるので、1度$37を払えば一生使えるツールが手に入るので、費用対効果が非常に良いですね♪

なお、購入の際はPaypalでの決済が可能です。



スポンサーリンク

Zon ASIN Hunterの購入方法

海外ツールのため英語が多いので、念のために購入方法から導入方法までご紹介しておきます^^

まず、Zon ASIN HunterのHPから、ツールを購入しましょう。

HPをスクロールすると、ページ下部に購入ボタンがありますので、そちらをクリックします。

Zon ASIN HunterはPayPal決済に対応しています。
※PayPalを利用したことがない方は、PayPalのHPから利用登録をしておきましょう。eBay輸出では定番のPayPalですので、登録の仕方はこちらのページが参考になります。なお、ツールを買うだけであればパーソナルアカウントでOKです。
(参考)eBay輸出の始め方STEP1~Paypalに登録しよう

STEP#1に、購入後に届くツール利用のためのパスワード情報などを受け取るためのメールアドレスを入力し、STEP#2にPayPalのメールアドレスを記入し、チェックボックスにチェックを入れて決済ボタン(Check out with PayPal)をクリックします。

購入すると、登録したメールアドレスに決算完了メールが届きます。

そこに、ログインIDとパスワード、マイページのURLが記載されています。

では、メールに書かれてあるマイページにログインしてみましょう!

Zon ASIN Hunterの導入方法

マイページログイン後、下記の「Download」をクリックします。
ZonASINHunter

ページに飛んだ後、少し下にスクロールをすると、ダウンロードボタンがあるので、押してください^^
ZonASINHunter

すると、デスクトップに、アイコンができます。

このアイコンを、ダブルクリックしましょう^^
ZonASINHunter

ダブルクリックすると、EmailアドレスとLicense Keyを入力する画面が現れます。

これらの情報は、先ほどのDownloadページに記載されていますので、そちらをコピペして使用してください╭( ・ㅂ・)و̑

※Emailは購入した際のアドレスです!
ZonASINHunter

ログインに完成すると、このようなツールが出てきます^^
ZonASINHunter

全て英語表記ですが、慣れれば使い方はとても簡単です♪

Amazon輸出を有利に進めるため、このツールの使い方はマスターしておきましょう^^

スポンサーリンク

Zon ASIN Hunterの使い方

抽出情報の設定を行う

まずは、このツールを使って抽出をするデータを選択していきましょう!これはご自身の考え方や工夫の仕方でどのような情報を抽出したいか考えて選択すればOKです^^一度設定をしても、後からいつでも変更可能なのでご安心ください。

まず、configボタンをクリックします。

クリックすると、こんな画面が出てきます!
ここでは、どんなデータを取得するかを決めていきます。

たくさんの情報が一度に取得できる事が分かると思います^^
※あまりたくさんの情報を出力しようとすると、それだけ出力に時間を要しますので、ご自身が必要な最低限の情報だけ選択をするのがベストです。

ぴーたろもよく使うのですが、手っ取り早くASIN情報だけを出力したい場合は、上の画像の左上のボタン「ASIN Only」だけクリックすればOKです♪

ASIN Onlyで設定すると、抽出速度もかなり早いです。

ここまで終わったら、画面右の「Dig Mode」にチェックを入れて、「Save」をクリックして設定を完了させましょう!
※「Dig Mode」をチェックすることで、通常よりも正確に多くのASINが取得されます。

実際にセラー情報を抽出する

設定を完了したら早速、抽出をしたいセラーさんやAmazonの検索結果をから情報を抽出していきましょう。

Enter URLの部分に必要なURLを貼り付けます。

ここに貼り付けるURLは、対象セラーのURLだったり、検索キーワードごとのURLだったり…抽出したい情報によりますよね^^

では、どのURLが必要なのか…上記の2点を参考に説明していきます!

1.他セラーの商品情報などを抽出したい時

セラーの商品情報を抽出したいときは、セラーのURLを貼り付ける必要があります。

セラーのURLは、どこにあるかご存知でしょうか?

商品のSeller一覧では、それぞれのセラー名をクリックすると、セラーのページに飛ぶことができます。
ZonASINHunter

次に、左上にあるstorefrontをクリックしましょう。ZonASINHunter

すると、そのセラーが売っている商品一覧が出てきます。

このページのURLを、先ほどのZon ASIN HunterのURL欄にコピペします!
ZonASINHunter

2.商品の検索結果を抽出したいとき

次はAmazonの商品検索の結果を一気に抽出するURLのご紹介です。

例えば、Amazonの検索窓に「Japan import」と入力してみましょう。

たくさん検索結果が表示されますね^^
これでもいいのですが、もう少し絞って出力をしたい場合は、このまま画面左からカテゴリーを選択しましょう!
今回は例として「Play Station 3 Games」でさらに絞ってみましょう!

すると、以下のように自分が情報がほしい商品群に絞り込むことができます!
ここで、表示されているURLをコピペして、Zon ASIN Hunterに張り付けましょう。

URLをZon ASIN Hunterに張り付けたら、右側の「Fetch」ボタンを押すと自動的に抽出が開始されます^^

※抽出するASINの数によって、抽出にかかる時間は大きく左右されます。とはいえ、抽出中もPCが固まるようなことはありませんので、バックグラウンドでZon ASIN Hunterに抽出させながら、ほかの作業を進めることができるのでご安心ください^^ちなみに、ぴーたろは夜寝る前にZon ASIN Hunterを回しておいて、朝起きたら抽出が完了している状態にしています♪

レビュー数やセールスランク情報などの抽出の仕方

前述した「Config」画面での設定ですが、「**」等のマークがついている項目があります。
ZonASINHunter 使い方

これらの項目の抽出については、より詳細な情報を取得するための「Grab Details button」を使う必要があります。

まず、これらの項目にチェックを付けた上で、前述のとおり「Fetch」でデータを抽出してください。

抽出をした後に、画面下のCheck Allにチェックを付けて、右の「Grab Details」と書かれたボタンをクリックしましょう♪
Zon ASIN Hunter 使い方

すると、詳細情報の再抽出作業が始まり、これらの詳細情報までワンクリックでGETできてしまいます^^

Zon ASIN Hunterを複数のPCで使うことはできるか?

Amazon輸出ビジネスに複数台のPCを使っていらっしゃる方も多いと思います。

Zon ASIN Hunterは、複数のPCにインストールすることが可能です。

ただし、1アカウントにつき同時ログインはできませんので、もし複数名で同時にこのツールを使いたい場合は、その人数分の購入が必要ですので注意してください。

※ぴーたろは外注さんの分も含めて複数契約しています^^買い切り型かつ価格がリーズナブルなので助かってます♪

抽出データの使い方

データの抽出が完了すると以下のような画面になります。
※この例ではASIN Onlyで抽出をした結果になります。

このままではデータが使いにくいので、画面下の「Check All」をクリックしましょう。すると、画面上部のExportボタンが押せるようになるので、出力して完了です。

スポンサーリンク

まとめ

ぴーたろも使っているAmazon輸出の最強ツールZon ASIN Hunterのご紹介でした^^

リリース当初は97ドルと値段が高かったようですが、現在は利用者も増えツール代金が割安になっていますので、この機会に是非導入を検討してみてください(個人的には97ドルでも購入していたと思いますが・・)!

特に初心者の方は、このツールをうまく使えば、日々のリサーチ作業の時間を大きく削減できるはずです!Amazon輸出のツールは国内製のものよりも海外製のもののほうが安くて優れたものが多い印象ですので、海外製のツールを使ってみるもの良い経験になると思います^^
>>Zon ASIN Hunter

また、Zon ASIN Hunter以外にもAmazon輸出用のリサーチツールはこちらで紹介していますので、参考にしてみてください^^
(参考)Amazon輸出有料・無料ツール紹介

それではー♪

Zon ASIN Hunterと相性がいいオススメAmazon輸出ツール【追記】

Amazon輸出 prima

ご質問を受け回数が相当数あるので、追記という形でまとめておきます。

上記の通り、Zon ASIN Hunterは利益が出るASIN情報とそれに紐づく必要な情報を一括で手に入れることができるとても便利なツールです^^

一方、Amazon輸出に慣れてくると、過去にZon ASIN Hunterで抜きとったASINに紐づく情報を更新したり、Zonで抜きとったASIN情報をより高度に利用したい中級セラー以上の方も出てくると思います。

その場合、個人的に現状最も最強だと思っているツールがPRIMAです。
※ぴーたろもこの2つのツールの組み合わせで無在庫販売を自動化させているセラーさんに先日お会いしたばかりです^^

PRIMAはASIN情報を取り込むことでASINに紐づく情報を一気に抽出できる汎用性の高いツールで、特に無在庫セラーで稼いでいる人は知らない人はいないと思います。

こちらは月額課金型のツールではありますが、最初の30日間の無料お試し期間もついているため、使ったことがない人は、一度試しに利用してみると良いと思います。

Zon ASIN Hunter × PRIMAの最強コンボで、リサーチ作業を高速化させてみてください^^

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*