Amazon輸出おすすめリサーチツールPRIMA(プライマ)の使い方と特徴


ぴーたろです^^

今回は、Amazon輸出で有名な国産のリサーチツールPRIMA(プライマ)の特徴と具体的な使い方を解説します。

Amazon輸出を長く続けている人であればどこかで必ず耳にしたことがあると言っていいくらい有名なツールのひとつですが、特に初心者の方は具体的な活用方法まで落とし込めていない人も多いように思います。

無在庫セラーのツールとして非常に名高いですが、使い方次第ではFBAセラーさんにとっても大いに役に立ちます。

質問を受けることが何度もありますので、この機会にPRIMA(プライマ)の使い方を徹底的にまとめておきます^^

また、今なら30日間無料お試し期間がついているので、試しに使ってみるのもOKです^^



スポンサーリンク

PRIMAの特徴はASIN情報の収集ツールであること

PRIMA Amazon輸出

Amazon輸出のツールには「攻めのツール」「守りのツール」それぞれに色々なタイプのものあります。
(参考)Amazon輸出有料・無料ツールおすすめ比較

PRIMAは主に市場の情報を抜きとるための攻めのツールとなりますが(後述しますが守りのツールとしても使えます)、他のツールと大きく違うのはあくまでASINに紐づく情報を抽出するツールという点です。

この最大の特徴を理解しないとこのツールは上手く活用できません。

つまりは、情報を入手したいASIN情報が手元にない場合は宝の持ち腐れのツールになってしまうのです。

Amazon輸出ツールPRIMAでできること

Amazon輸出 PRIMA 特徴

PRIMAには大きく2つの機能があります。

どちらか片方の利用でもOKですが、いずれも非常に精度が高いツールになっているので、使い方をマスターして全ての機能をフル活用したいですね♪

ASINデータの取得モード(攻めのツール)

まず最初の機能は冒頭にも述べたASIN情報の取得機能です。

ASINの情報をPRIMAに取り込むことで、ASINに紐づく色々な情報を指定して抽出できます。

対象国ですが、以下の世界中のAmazon市場の情報を一気通貫で取得できます。

●日本
●アメリカ
●カナダ
●メキシコ
●イギリス
●フランス
●ドイツ
●スペイン
●イタリア
●オーストラリア
●中国

追加料金などは必要なく全市場の情報にアクセスできるのは大きな強みです。

特に最近市場が開放されたオーストラリアや中国市場に対応している国産ツールは少ないですよ^^

常にアップデートが行われている安心できるツールであると言えます。

また、ASINに紐づいている抽出可能な情報は以下の通り非常に多いです。もちろん、自分が必要な項目だけを設定しての抽出も可能です。

取得項目名詳細説明と対応国API
最安値最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づいた出品者最安値の商品価格 
MWS
最安値送料最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づいた出品者最安値の送料 
MWS
2番手最安値2番手最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づいた出品者の2番手最安値の商品価格 
MWS
2番手最安値送料最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づいた出品者の2番手最安値の送料 
MWS
3番手最安値3番手最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づいた出品者の3番手最安値の商品価格 
MWS
3番手最安値送料最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づいた出品者の3番手最安値の送料 
MWS
最安値[自社発送]最安値取得条件-自社発送出品者
の条件に基づいた自社発送出品者最安値の商品価格 
MWS
最安値[自社発送]送料最安値取得条件-自社発送出品者
の条件に基づいた自社発送出品者最安値の送料 
MWS
2番手最安値[自社発送]2番手最安値取得条件-自社発送出品者
の条件に基づいた自社発送出品者の2番手最安値の商品価格 
MWS
2番手最安値[自社発送]送料2番手最安値取得条件-自社発送出品者
の条件に基づいた自社発送出品者の2番手最安値の送料 
MWS
3番手最安値[自社発送]3番手最安値取得条件-自社発送出品者
の条件に基づいた自社発送出品者の3番手最安値の商品価格 
MWS
3番手最安値[自社発送]送料3番手最安値取得条件-自社発送出品者
の条件に基づいた自社発送出品者の3番手最安値の送料 
MWS
最安値[FBA]最安値取得条件-FBA出品者
の条件に基づいたFBA出品者最安値の商品価格 
MWS
2番手最安値[FBA]2番手最安値取得条件-FBA出品者
の条件に基づいたFBA出品者の2番手最安値の商品価格 
MWS
3番手最安値[FBA]3番手最安値取得条件-FBA出品者
の条件に基づいたFBA出品者の3番手最安値の商品価格 
MWS
最安値_APT考慮最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づき、amazonポイントを考慮した出品者最安値の商品価格 
MWS
最安値送料_APT考慮最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づき、amazonポイントを考慮した出品者最安値の送料 
MWS
最安値_APT考慮_内APT最安値取得条件-自社発送&FBA出品者
の両方の条件に基づき、amazonポイントを考慮した出品者最安値のamazonポイント実数 
MWS
最安値[自社発送]_APT考慮最安値取得条件-自社発送
の条件に基づき、amazonポイントを考慮した出品者最安値の商品価格 
MWS
最安値送料[自社発送]_APT考慮最安値取得条件-自社発送
の条件に基づき、amazonポイントを考慮した出品者最安値の送料 
MWS
最安値[自社発送]_APT考慮_内APT最安値取得条件-自社発送
の条件に基づき、amazonポイントを考慮した出品者最安値のamazonポイント実数 
MWS
最安値[FBA]_APT考慮最安値取得条件-FBA出品者
の条件に基づき、amazonポイントを考慮した出品者最安値の商品価格 
MWS
最安値[FBA]_APT考慮_内APT最安値取得条件-FBA出品者
の条件に基づき、amazonポイントを考慮した出品者最安値のamazonポイント実数 
MWS
カート価格カートボックスを獲得している出品者の商品価格 MWS
カート価格送料カートボックスを獲得している出品者の送料 MWS
Amazonカテゴリ手数料率(%)商品販売時にかかるAmazonカテゴリ手数料率(%)MWS
Amazonカテゴリ成約料メディア系カテゴリなど、商品販売時にカテゴリ手数料とは別にかかるAmazonカテゴリ成約料 ※中国は未対応MWS
AmazonFBA手数料FBA出荷時にかかるFBA手数料 MWS
出品者数データ取得モードのコンディション別での全体出品者数 MWS
出品者数[自社配送]新品(中古)コンディションでの自社発送出品者数 MWS (制限有)
出品者数[FBA配送]新品(中古)コンディションでの自社発送出品者数 MWS (制限有)
カート権利獲得出品者数[自社配送]新品コンディションでの自社発送のカート権利獲得出品者数 MWS (制限有)
カート権利獲得出品者数[FBA配送]新品コンディションでのFBA発送のカート権利獲得出品者数  MWS (制限有)
自身カート獲得フラグPRIMAに登録されているMerchant ID(出品者ID)
がカートボックスを獲得しているかどうかのフラグ(「TRUE」「FALSE」のいずれか) 
MWS
カート獲得出品者配送元カートボックスを獲得している出品者の配送元
(「自社発送」「FBA」いずれか) 
MWS (制限有)
価格[自社出品]PRIMAに登録されているMerchant ID(出品者ID) での出品価格 ※5MWS
設定送料[自社出品]PRIMAに登録されているMerchant ID(出品者ID) での設定送料 ※5MWS
配送方法[自社出品]PRIMAに登録されているMerchant ID(出品者ID) での配送元(「自社発送」「FBA」いずれか)MWS
商品コンディション[自社出品]PRIMAに登録されているMerchant ID(出品者ID) で出品している商品コンディション ※5MWS
商品サブコンディション[自社出品]PRIMAに登録されているMerchant ID(出品者ID) で出品している商品のサブコンディション MWS
最上位カテゴリID商品が属しているamazonのトップカテゴリIDMWS (制限有)
最上位カテゴリ名商品が属しているamazonのトップカテゴリ名MWS (制限有)
最上位カテゴリセールスランク商品が属しているamazonのトップカテゴリ内でのamazonセールスランキングMWS
最下位カテゴリID商品が属しているamazonのリーフカテゴリ(最下層カテゴリ)IDMWS (制限有)
最下位カテゴリ名商品が属しているamazonのリーフカテゴリ(最下層カテゴリ)カテゴリ名MWS (制限有)
最下位カテゴリセールスランク商品が属しているamazonのリーフカテゴリ(最下層カテゴリ)内でのamazonセールスランキングMWS
商品グループ商品が属しているamazonの商品グループ(旧: カテゴリ)MWS
商品名商品情報 – 商品タイトルMWS
メーカ名商品情報 – メーカー名称MWS
メーカ型番商品情報 – メーカで指定されている商品の型番MWS
ブランド名商品情報 – ブランド名MWS
プラットフォーム商品情報 – ゲーム機等のプラットフォーム名MWS
パッケージ個数商品情報 – 登録されている商品のパッケージ個数MWS
商品重量(kg)商品情報 – 商品の重量(kg)MWS
サイズ_高さ(cm)商品情報 – 商品の高さ(cm)MWS
サイズ_長さ(cm)商品情報 – 商品の長さ(cm)MWS
サイズ_幅(cm)商品情報 – 商品の幅(cm)MWS
発売日商品情報 – 発売日MWS
定価商品情報 – 定価MWS
リージョンコード商品情報 – メディア商品等のリージョンコードMWS
アダルトフラグ商品情報 – アダルト商品として登録されているかどうかのフラグ
(「TRUE」「FALSE」「空白」のいずれか)
MWS
画像1[メイン]メイン画像URLMWS
画像1[サムネイル]サムネイル画像URLMWS
リンク-モノレートモノレート(JP)への直接リンク ※日本のみ対応
BUY-N-SELL価格(送料別)卸サイトBUY-N-SELLでの仕入れ価格(送料別)※日本のみ対応BNS-API

※参考情報:PRIMA公式HP(https://prima-tool.com/)

※抽出項目は常に改良が進んでいますので、今後増える可能性はあります。使う前には公式HPで最新情報を確認してください。

Amazon輸出に慣れているセラーさんであれば、この情報を見ただけでも色々とアイデアが浮かぶと思います^^

例えば該当ASINの出品でカートが獲得できているのかどうかも一発で確認ができますし、出品制限がかかりやすいアダルトフラグの商品を判別することも可能です。

またFBAセラーであれば、日々見直しが行われているFBA手数料も常に最新なフレッシュ情報に更新もできますね^^

商品サイズや重量も、最終的には自分で計測してマスター化するのが一番ですが、最初に仕入れる段階では容積重量が大きくなりすぎないかの目安情報にもなります。

個人的には、中古出品の情報も手に入る点で、中古販売専門セラーにとっても活用可能性が広がっていると感じます。

PRIMAの最大の特徴は汎用ツールであるということ。

大量のデータを吐き出してくれるので、後はその使い方は各セラーのアイデア次第というところが面白いですね^^

PRIMAにはこれらの情報を毎日決まった時間間隔で自動抽出してくれる機能も備わっているので、朝起きたらフレッシュなASIN情報が用意できている作業環境を整えることもできます♪

価格改定モード(守りのツール)

PRIMAは攻めのツールであると言いましたが、実際は守りのツールの一面も持っています。

それは事前に登録をしておいたSKUに対しての価格改定機能も備わっているためです。

具体的な価格改定の条件は以下のように詳細な設定が可能です。

PRIMA 使い方

比較対象とするセラーをFBM or FBAに限定することはもちろん、評価がない新規セラーや評価が低いセラーの値段を参考にしないことも設定可能。

さらに、指定した金額だけ最安値よりも値段を高く(低く)価格改定することも可能です。

また参照価格を最安値ではなくカート獲得価格にしておけば、利益率を最大化しながら売上があがる金額での販売もできますね^^

実際、Amazon輸出ではAmazon公式の価格改定ツールがあるのも事実ですが、このような有料ツールを使う方が管理が楽なのは事実です。
(参考)え!まだ有料のAmazon輸出価格改定ツール使ってるの?(Automate Pricingの使い方)

もちろん、この価格改定も決まった時間間隔で回し続けることも可能です。「継続」モードにしておけば常にツールが働いて価格を改定してくれます^^

価格改定モードの設定可能時間間隔
●継続
●1時間スパン
●2時間スパン
●4時間スパン
●8時間スパン
●12時間スパン
●24時間スパン

セラーニーズに応えた機能が備わっていると思います。



スポンサーリンク

PRIMAの具体的な活用事例

PRIMA 使い方

PRIMAを使うにあたって一番のネックになる可能性が高いのが、そもそも情報を取得するASINのリストが手元にない場合です。

もちろん、既に自分が出品しているASINのレポートをセラーセントラルから吐き出してそのままPRIMAに投入することで最新のフレッシュ情報が手に入ります。

しかし、この使い方だけでは少し勿体ないですよね(*´Д`)

そのため、PRIMAを最大限に活用するためには、PRIMA単体ではなくてASIN自体を取得できる他のツールと組み合わせることがポイントです。

Amazon輸出有料・無料ツールおすすめ比較で紹介している「攻めのツール」で自分が出品するASIN情報を蓄積し、そのASINのフレッシュ情報はPRIMAで手に入れるという流れを作ってみるのもひとつの手です^^

ぴーたろ個人的には、初心者の方には買い切り型ツールのZon ASIN Hunterがオススメかと思います^^

こちらは海外ツールですので、使い方はこちらで解説しています。
(参考)Amazon輸出オススメのリサーチツール Zon ASIN Hunter の使い方

PRIMAを利用する際の注意点

ASIN情報の入手や価格改定に役立つPRIMAですが、使用にあたってはいくつか注意点があります。

サポート窓口も充実していますが、最低限の知識は持って使うようにしましょう。

MWSを使うため大口販売のアカウントが必要

まず、PRIMAはMWSのAPI情報を取得する仕様になっているため、実際に使うためにはAmazonの大口出品アカウントが必要です。

大口アカウントの設定が済んでいない方はこちらをどうぞ^^
(参考)Amazon輸出 大口出品と小口出品の違いと設定の変更方法

PRIMAはライセンス認証型ツール

PRIMAはライセンス認証が必要なツールになります。

そのため、PC複数台で利用したい場合には、別途追加ライセンスが必要となります。

Amazon輸出を外注化している人も多いと思いますが、外注さんにもPRIMAを使ってもらうには追加ライセンスが必要になる可能性もある点は理解をしておきましょう。
(参考)Amazon輸出成功の鍵 外注化の方法

スポンサーリンク

Amazon輸出ツールは相性がいいものを使い倒すのがコツ!

以上、Amazon輸出ツールPRIMAの使い方でした!

Amazon輸出ビジネスで成功するには、多かれ少なかれツールの利用は欠かせません。

ツールにはお試し期間がついているものも多いですが、PRIMAも30日間無料キャンペーンがついているので安心です^^
>>PRIMA(プライマ)30日間無料お試しキャンペーン

ぴーたろ個人的には、無料ツールはどんどん試してみて、自分に合ったツールが見つかったらそれを最大限使い倒せるように長く使う事が重要だと思っています。

トップセラーの人ほどツール選びは手を抜かずにこだわって行っていますので、ツール選びには本気で取り組んでみてください^^

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)


“Amazon輸出おすすめリサーチツールPRIMA(プライマ)の使い方と特徴” への2件の返信

  1. 情報を抽出するためには、大口出品アカウントが必要とのことですが…
    zonasinhunterでアメリカでの価格とASIN情報を抜き出す→取ったASIN情報に紐付けされた日本アマゾンの様々な情報を抜き出す、というコンボを決めるためには、日本の大口出品アカウントを取得する必要があるということでしょうか?

    • 超剛拳mさん

      どのような使い方をするかは工夫次第ですが、Zon×PRIMAでご記載の対応をしたければその必要はありますね^^
      それぞれのツールの詳細は各社に問い合わせるほうが確実ですよー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*