【Amazon輸出News】Payoneer為替手数料0.8%に引下げ!

Amazon最強キーワードSEOツールSeller Sprite(セラースプライト)の使い方

セラースプライト 使い方

ぴーたろです^^

Amazonで自社商品OEM商品を育てるにあたっては、商品タイトルのキーワードや検索キーワードの選定が肝になります。

実際にキーワードの工夫ひとつで売上が大きく変わることも珍しくありません。

ぴーたろ

ぴーたろ自身も何度も経験あります。

このキーワードですが、自分の頭で考えて選定するのと実際のデータに基づいて選定するのでは売上に大きく差がつきます。

そこで今回は、Amazonの検索キーワードを丸裸にする最強ツールSeller Sprite(セラースプライト)の使い方をご紹介します。

ぴーたろ

正直に言って、今回ご紹介するツールは最強(最凶)レベルのツールです。

チートと取られてもおかしくない。笑

このツールを使うと、世界中のAmazonで中国人セラーが何故あれほどまで売上を上げているのかが分かると思います。

物販で利益が出てきたら、是非導入を検討してみてください。

初心者セラーさんは無理に使わなくてOKです
今回ご紹介するセラースプライトは物販中上級者向けのツールになります。

内容を読んでみて実際に使えるアイデアが頭に浮かばない場合は、まだ使わなくて良い段階だと思います。

導入を検討している方は、後ほどご紹介する特別割引クーポンも上手く活用してみてください。

Seller Sprite(セラースプライト)の特徴と機能

セラースプライト 使い方

Seller Sprite(セラースプライト)の最大の特徴は中国製のツールであることです。

実際に多数の中華圏トップセラーから支持されているツールです。

ぴーたろ

ぴーたろ自身、Amazon輸出をやっている関係上、海外製のツールはたくさん使っています。

中国製のツールで使い続けているのは、現状このSeller Sprite(セラースプライト)だけ。

欧米製のツールはたくさん使いこなしてます。

一方、中国製ツールでありながら、現在は日本語対応されたため誰でも難なく使いこなせます。

Seller Sprite(セラースプライト)の機能を列挙すると以下の通りです。

  1. キーワードマイニング(オススメ)
  2. キーワードリサーチ
  3. キーワード逆引きリサーチ(オススメ)
  4. キーワード順位チェッカー
  5. ライバル商品リサーチ(オススメ)
  6. 市場リサーチ
  7. 商品リサーチ
  8. 商品モニタリング(オススメ)
  9. 店舗新商品モニタリング(オススメ)

これらの機能が、世界中のAmazon市場向けに使用できます。

ぴーたろ

日本市場向けならAmazon.co.jp、米国向けならAmazon.comの情報が取得できます。
セラースプライト 使い方

どのような使い方ができるのか見ていきましょう。

Seller Sprite(セラースプライト)の使い方

たくさんの機能が搭載されているので、機能別に何ができるのかを解説します。

キーワードマイニング(Amazonのキーワードの市場規模が分かる)

キーワードマイニングとは、特定のキーワードを入力すると「関連キーワード」「検索トレンド(季節性)」「検索ボリューム」「月間販売数」等の情報が取得できます。

セラースプライト 使い方

Amazonで広告を出稿する場合に目安となるPPCの入札額も把握できます。

例えば以下のような使い方ができます。

  • 検索ボリュームを見る⇒キーワードがどのくらいの市場規模か確認
  • 検索トレンドを見る⇒キーワードに季節性があるか確認
  • PPC入札額を見る⇒どのくらいレッドオーシャン化しているか確認

ぴーたろ

狙うキーワードを比較検討する時に役立ちますよー♪

キーワードリサーチ(Amazonの市場規模に応じたキーワードが分かる)

キーワードリサーチは、自分が狙いたい市場規模や成長率に応じてキーワードを逆引きできる機能です。

ぴーたろ

先ほどの機能とは逆というイメージです。

カテゴリー、検索ボリューム、月間販売数、成長率などを指定することで、それに合わせたお宝キーワードを発掘できます。
セラースプライト 使い方もちろんキーワード絞りながらの市場調査も可能です。

完全に市場ありきのリサーチ方法ですが、ゴロゴロとキーワードが発掘されます。
セラースプライト 使い方マーケットインでどんな製品でも作れる中国人セラーが喜びそうな機能です。

キーワード逆引きリサーチ(特定の商品の流入キーワードが分かる)

キーワード逆引きリサーチは、特定のASINの商品がどのようなキーワードで検索流入を得ているかを確認できるツールです。
ライバルの商材がどのようなキーワードで流入しているか一目で分かります。

よくよく見てみると、自分が想像もしなかったキーワードが見つかります。

ぴーたろ

例えば、アメリカのAmazonでドラゴンボールZの商品を売るなら、現地では「dbz」(Dragon Ball Z)というキーワードで検索されてたりします。

頭では思いつかないけれど需要があるキーワードは山ほど存在します。

経験上、新規商品の場合、ビックキーワードではなく中規模・小規模のニッチな検索キーワードに特化してお客さんを集めるのも有効です。

また、「注目キーワード」という欄では検索キーワード(Search Terms)に入力するキーワードごとにダウンロードも可能です。

セラースプライトの情報をそのまま使わない
ここで表示されるキーワードを考えもなしに商品ページや検索キーワードに盛り込むのは危険です。

特に他ブランドの商標名などを商品ページに組み込む行為はAmazonの規約違反にもなりますので、ぴーたろも最低限のスクリーニングは行っています。

キーワード順位チェッカー(Amazon上の検索順位が分かる)

キーワード順位チェッカーは、特定のASINの特定キーワードについてAmazon上の検索順位が分かります。
セラースプライト 使い方

最大30語句を一括検索可能です。
セラースプライト 使い方

ぴーたろ

後述する商品モニタリングを使えば、毎日定期的に検索順位を追跡することも可能ですよー♪

ライバル商品リサーチ(特定商品の売上個数等の情報が見れる)

ライバル商品リサーチは、特定商品の売上個数や成長率等の情報を確認することができます。
セラースプライト 使い方

また、過去の販売状況もグラフ化可能なため、どのくらいの利益が見込めるのかも一目瞭然。

1点の注意としては、ここで表示されている月間販売数はあくまで見込数量という事です。

ぴーたろも自社商品を確認しましたが、売れ行きが良い商品は実際のデータとは乖離が大きくなっていました。

大きなトレンドはつかめますが、あくまで数量は目安として考えておくほうがベターです。

ぴーたろ

ランキング上位商品はKeepaのようなランキング追跡ツールでも数字の把握が難しいところ、このツールでは概算値がわかるので安心です。

市場リサーチ(Amazonの市場規模に応じた市場が分かる)

市場リサーチは任意に設定した市場規模に応じたサブカテゴリーごとの情報を一括取得できます。
セラースプライト 使い方実際にマーケットインさせる商品が決まったときは、この市場リサーチ機能で参入する市場の詳細情報を確認することができます。
セラースプライト 使い方

商品リサーチ(Amazonの市場規模に応じた商品が分かる)

商品リサーチは、既に説明したキーワードリサーチの商品版です。

自分が狙いたい市場規模や成長率に応じて該当する商品を逆引きできる機能です。

カテゴリー、検索ボリューム、月間販売数、成長率などを指定することで、それに合わせたお宝商品を発掘できます。
セラースプライト 使い方

手動でリサーチすると大変な作業がクリック一つで完了してしまいます。
セラースプライト 使い方

商品モニタリング(Amazon上の検索順位を追跡できる)

商品モニタリングは、自社の商品やライバルの商品の情報を毎日自動取得するためのツールです。

すでに説明した「キーワード順位チェッカー」も毎日自動で走らせることができます。

セラースプライト 使い方

特にキーワードモニタリングごとの検索順位は、毎日の変動状況を把握することで以下のような施策の効果も計測できます。

  • 自分が商品ページや検索キーワード(Search terms)に設定した施策
  • Amazon内の広告(スポンサープロダクト・スポンサーブランド)の施策
  • Amazon外の広告やインフルエンサーマーケティング

ぴーたろ

実際、ぴーたろもキーワードを狙って商品を販売開始するときに必ず設定しています。

自社商品がどのキーワードで何位に位置しているかはとても重要です。

店舗新商品モニタリング(ライバルセラーを監視できる)

店舗新商品モニタリングとは、事前にライバルセラーを登録しておくことで、ライバルセラーが新規に出品した商品が日次で通知される機能です。
セラースプライト 使い方

他セラーが直近7日、15日、30日、60日で新しく出品した商品をボタン一つで確認できてしまいます。
セラースプライト 使い方

ぴーたろ

上級者は自社商品を上手く市場にローンチしているトップセラーがどんな商品を市場に出しているか参考にできます。

商品の芽が出る前からの動きが分かるため、正直売れている商品を見るよりも勉強になることが多いです。

また、この機能を悪用・・・ではなく駆使すれば、相乗り転売のリサーチも自動化できちゃいますよね。笑

Seller Sprite(セラースプライト)の費用・料金

ここまで説明した高機能なセラースプライトですが、ツールの費用は以下の通りです。

  1. 無料会員:無料
  2. スタンダード会員:$98 / 月
  3. アドバンス会員:$188 / 月
  4. VIP会員:$238 / 月

無料会員は全機能に制限がつく(リサーチ結果が5件しか見れない等)ので実際には使いものになりません。

スタンダード、アドバンス、VIPの違いは「商品モニタリング」機能の上限件数の違いです。

その他の機能はすべて制限なく使い倒せます。

スタンダード会員アドバンス会員VIP会員
商品モニタリング100件300件500件
キャンセルモニタリング500件1,000件2,000件

基本的には自社OEM商品など100SKU未満の方や、そもそも自社商品でなく転売用としても活用したい場合はスタンダード会員で十分だと思います。

Seller Sprite(セラースプライト)永久割引クーポンの使い方【使わないと損】

通常価格だと98ドルがかかりますが、実際に使ってみて判断をしたい方も多いと思います。

初めて使う方に限り、以下のクーポンコードを使えば30%OFF(スタンダード会員なら30ドル割引)で利用ができるようなので、ツール代を抑えたい方はご活用ください。

特別永久割引クーポンコード:GIFT77

ぴーたろ

こちらの特別クーポンは初回だけでなく永久に毎月割引が適用されます。

知ってるか知らないかで3000円以上のコスト削減できるので活用しましょう。ぴーたろももちろん使ってます。

クーポンは登録時に限り有効なので少し注意が必要です。

まず、セラースプライト公式HPから無料会員のアカウントを作成します。
セラースプライト 登録

必要情報を入力しアカウントを作成したら、そのアカウントでログインしましょう。
セラースプライト 登録

ぴーたろ

ログインすると、初回クーポンが貰える場合がありますが、これよりも先ほどの特別割引クーポンGIFT77の方がお得になってます。

マーケットプレイス画面を開きます。
セラースプライト 登録ご自身の会員ランクを選択します。
セラースプライト 登録すると、ここでやっとクーポンコードの入力欄が表示されます。

忘れずに先ほどのクーポンを活用してお得にツールを使いましょう。
セラースプライト 割引クーポン 使い方

ぴーたろ

これは使わないと損なので、きちんと割引が適用されていることを確認して決済しましょう。

AmazonのSEO攻略のためにはキーワード選定は必須です

以上、Amazon最強キーワードツールSeller Sprite(セラースプライト)の使い方でしたー♪

ぴーたろ

Amazon関連のツールは正直海外製のツールの方がレベルが高い場合が多いです。

このツールを使って、Amazon上のキーワード選定やリサーチ作業に役立ててみてください。

なお、文中でも少し触れましたが、「店舗新商品モニタリング」機能を上手く使うと、転売用にリサーチ作業を自動化することも可能です。

ぴーたろ

その場合は、Zon ASIN Hunterを組み合せると効率が良いので、こちらも確認したい方はこちらもどうぞ。
(参考)
セラースプライトとZon ASIN Hunterを組み合わせて使う方法

また、自社商品セラーさんの場合は、売上を上げるのに「キーワード」と並んで「商品画像」も非常に重要なファクターになります。

Amazonの商品画像の最適化についてもまとめていますので合わせてマスターしてみてください。
(参考)
Amazonの商品画像の規約と売れる商品画像の撮り方のコツ

それではー♪

2 COMMENTS

みーこ

ぴーたろさんこんにちは。何年も昔、何度かこちらでやり取りをしました、みーこです。最初、ヤフー知恵袋でアメリカへの送料を質問したさいに、ぴーたろさんからそちらに返事いただき、このブログへ誘導していただきました。その後、輸出から離れて最近は中国輸入、簡易OEMを一生懸命取り組んでいました。最近また、アメリカへの輸出を再開しはじめ、ぴーたろさんのブログで勉強しています。
これからは、あまり実践しているプレイヤーがいないと一部で言われている、アリババなどの商品を中国から直接米国FBAへ直納する販売を行うつもりです。これについては、中国で検品、ラベル張りをしてくれる業者はすでにいるので、アメリカで荷受人、インポーターになってくれる(FBAへ発送してくれる)業者なりを探す必要があります。この辺、ビジネスの肝かと思いますが、ぴーたろさんのお持ちの情報的にはいかかでしょうか? あと、アマゾン.com内での、中国人セラーの数、日本人セラーで中国商品を扱っているセラーの数、ライバルについて、およそどのようにお感じでしょうか。 少しアマゾン.comをリサーチした感じでは、少ないは少ないかな、と感じました。見つかってないだけとも思いますが。日本アマゾンでの中国商品の多さに比べるとだいぶ少ないのかな、とも思いますが、 突然の長文にて、大変失礼いたしました。ぴーたろさんの知見をお聞かせいただけたらと思っております。

返信する
ぴーたろ ぴーたろ

みーこさん
こんにちは^^
ヤフー知恵袋ですか、、もう覚えてないですね。笑

中国輸入のOEMが慣れている場合(現地での検品や品質管理ができる場合)は、中国から米国の直送がオススメですね。中級者以上のレベルになるとここまでやっているセラーもでてきます。
※現在は米中貿易戦争の影響もあり、通関等厳しめにはなってます。
日本と米国の単純比較は難しいですが、地理的にも近くパートナーと作業がしやすい点、米国よりも日本をターゲットに考える中国人セラーは多いと思います。
とはいえ、市場的には米国の方が圧倒的に大きいので、中国人セラーの中でもレベルの高い人が米国でも幅をきかせている印象はあります(米国にも中国人セラーはわんさかいますよー)。
おそらくOEMや自社商品で勝負されると思いますので、自社商品が市場でどのくらいに食い込めそうか、日米どちらで売るほうがメリットが大きいか、ライバルも大事ですがこのポイントの方が売上利益に直結すると思います^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください