Amazon輸出初心者の始め方(2018年版) 月収100万への最短コース

投稿日: by pitaro
更新日:
2018年9月25日

このページでは、これからAmazon輸出を始められる個人輸出初心者の方を対象に、Amazon輸出のはじめ方から出品の仕方、販売テクニック、税金の基本知識至るまで幅広く情報をまとめています!

ぴーたろが初心者セラーだった頃から現在に至るまで書き溜めている実体験に基づいた販売ノウハウです。

初心者を脱却し、一人前のセラーになるためヒントが詰まっていると思いますので、みなさまのお役に少しでも立つことができれば幸いです^^



スポンサーリンク

もくじ

なぜ今、Amazon輸出を始めるのか?

輸出入といった貿易ビジネスは、私たちの小学校の教科書に載っていた織田信長による鉄砲伝来・・・なんかよりも太古の昔から行われているビジネスの形態です。

グローバル化なんて言葉が当たり前となった昨今、海外との取引を一切行っていない企業が珍しいくらいの状況になっています。

世界の市場に目を向けると、それだけ山のようにチャンスが転がっています

一方で、ほんの数十年前まではインターネットや海外向けの安定した物流環境は存在していませんでした。

輸出入といったビジネスを実践するためには、自分の足で海外に渡って、自分のお店で商品を並べて販売する方法しかなかったのです。

その後、目覚ましい技術革新が進み、時は平成。

インターネットは個人輸出までも可能にする時代に突入しています!!

実際に挑戦をしてみると分かりますが、パソコン一つあれば、個人の力でも世界中の市場にアクセスできる時代になりました

当サイト管理人であるぴーたろも、2016年1月から副業でAmazon輸出をスタートさせた後発参入者です。

しかし、これまで七転び八起きを繰り返しながらも、なんとか個人輸出(Amazon輸出・eBay輸出)をビジネスの形にすることができました

これまでのぴーたろの実体験と実績は、以下のページで赤裸々に公開していますので興味のある方は参考にしてみてください^^

少しでも個人輸出の売上のイメージがつけば幸いです^^

CPAエクスポーター│ぴーたろ 個人輸出月別収入報告ページ

Amazon輸出でどれだけ稼げるかはもちろんご自身の頑張り次第です。

しかし、このサイトを見つけて頂いたあなたは、個人輸出に少なからず魅力を感じているのではないでしょうか?

個人輸出を行うための環境はすでに整っています。

あとはあなたが実際に行動をして、自分の収入の柱となる輸出ビジネスを育てるだけです^^

個人輸出をきっかけに、是非ご自分の力でお金を稼ぐことの楽しさを味わってみてください^^

ぴーたろもまだまだAmazon輸出ひよっこセラーですが、いつか自分の目標を達成できるように皆さんと頑張っていきますのでよろしくお願いします^^

※当サイトは各記事の下部からコメントも可能な形式となっています。もしぴーたろに直接質問をしたい方は、お気軽にコメントをください^^またTwitterもやっていますので、自由に絡んでください^^  Amazon輸出の最新情報や記事の更新内容はTwitterでも告知していますよー♪

また、Amazon輸出初心者の方向けに無料のメールマガジンも配信していますので、興味をお持ちの方は是非こちらも活用してみてください^^
Amazon輸出 メルマガ講座

Amazon輸出無料メルマガ~初心者が毎月10万円の安定収入を得るため方法~

そもそもAmazon輸出とは?どんなビジネス?

Amazon輸出ビジネスとは、Amazonというネットショッピングのサイトを利用して、日本の商品を海外に輸出するビジネスです。

相手になるのは世界中のお客様。

市場が大きいだけに、自分の工夫次第でたくさんのお客さんに対して売上を上げることが可能です。

「Amazon輸出には興味があるけれど、始めるのにはどのくらいお金がかかるの?」という方向けに、まずはAmazon輸出で発生する費用について先に解説しておこうと思います^^

Amazon輸出ビジネスでかかる費用・経費・手数料のまとめ

また、輸出ビジネスは海外のお客様を相手にするビジネスです。そのため、使う言語は日本語ではありません。

英語力に自信がない方にとっては、自分の英語力で輸出に取り組めるのか不安がある方もいらっしゃると思います。

そこで、Amazon輸出を行うにあたっては英語力が必要になるのかについてもまとめてみました^^ 気になる方は是非一度読んでみてください。

Amazon輸出は英語が必要か?



スポンサーリンク

Amazon輸出の始め方 たった2ステップで海外販売開始!

では早速、Amazon輸出を始めるための準備を整えましょう^^

POINT!!

Amazon輸出を始めるにあたって、後々後悔しないための番外編のアドバイスを書いてみましたので、まずはこちらで事前準備を整えましょう^^
Amazon輸出の最強の事前準備~後で後悔をしないための7つのポイント~


Amazon輸出を始めるための必要なのはたったの2ステップ

まずはこのステップに沿って登録作業を進めて、個人輸出の準備を整えてみてください^^ 

ステップ1.海外銀行口座を開設する

Amazon輸出では、アメリカ・カナダ・ヨーロッパ・中国などなど、世界中のお客様に商品を販売することが可能です。

当然、それぞれの市場でお客様から入金を受けるのは現地通貨(外貨)ベースになります。

アメリカなら米ドル、ヨーロッパならユーロといった具合です。

まずはそれらの外貨ベースの売上を受け取るために、海外銀行口座を用意していきます。

海外口座のレンタルサービスはPayoneerとWorld Firstがありますが、現状は手数料面でPayoneerが断然お得です。

当サイト限定のキャンペーンもありますので、活用してみてください^^
Amazon輸出の始め方STEP1~海外口座を作ろう~

ステップ2.米国Amazonにストアを開設する

Amazonで商品を販売するには、セラーとしての登録(ストア開設)が必要です。

ここでは、大口と小口と呼ばれる2種類のセラーの違いを理解し、ご自身にあったセラー登録を済ませていきましょう。
Amazon輸出の始め方STEP2~Amazonのセラー登録をしよう~

初めての作業で慣れない分少し時間はかかったかもしれませんが、この3ステップさえクリアできればあなたも海外のお客さん向けにお店を出店できちゃいます!

英語も多いですが、ここは何とか頑張って出店準備を完了させてください^^

為替手数料を下げよう!-Payoneerのクローズドキャンペーンを活用する-

Amazon輸出 為替手数料

海外のAmazonの売上代金を受け取るためには海外口座が必要ですが、今回、Payoneer社のご好意により、当サイト限定で、為替手数料を引き下げるキャンペーンの案内を頂いています。

為替手数料は海外輸出セラーにとっては経費でしかないため、安くなるに越したことはありません。

これからAmazon輸出を始める方でも為替手数料の特別優遇を受けるための裏技をご案内していますので、是非活用してみて下さい^^

Amazon輸出Payoneerの為替手数料を1%以上安くする方法

追記

特に初心者向けとなりますが、Amazon輸出ビジネスを書籍で体系的に学びたいという人は本を読んでみるのもオススメです^^

情報が古いのが難点ですが、役に立つ情報もたくさん見つかると思います♪
(参考)Amazon輸出の本おすすめランキング!現役セラー辛口レビュー。

スポンサーリンク

無在庫・有在庫自社出荷・FBAの3つの販売方法を知ろう!

Amazon輸出 FBA  無在庫

Amazon輸出で売上を上げる方法としては、以下の3つの販売方法が存在します。

●無在庫販売
●有在庫自社出荷販売
●FBA販売

セラーさんによって、これらの販売方法のスタイルが異なるため面白いところです。

まずはAmazon輸出を理解する上で必須知識となる3種類の販売方法について理解を深めましょう。

Amazon輸出の「無在庫販売」と「FBA販売」は結局どっちがオススメなのか?

それぞれの特徴やメリット・デメリットを勘案し、自分に合った販売スタイルを見つけてください^^

正確な利益計算の方法を抑えよう!

Amazon輸出 利益計算

Amazon輸出では、無在庫販売(有在庫自社出荷も含む)とFBA販売とで利益計算式が異なります

利益がいくら出ているのかは自分で計算をしなければなりません(赤字販売を繰り返していても誰も教えてくれません)。

そのため、利益計算方法を正確に理解し、間違えて赤字で販売を続けることだけはないように注意してください!

Amazon輸出の利益計算方法(無在庫販売をする人向け

Amazon輸出の利益計算方法(FBA販売をする人向け)

副業で得た毎月の利益をきちんと把握する観点からも、利益計算の方法もきちんと理解をしておきましょう^^

スポンサーリンク

リサーチの方法をマスターして売れ筋の商品を見つけよう!

Amazon輸出 リサーチ

さて、これからAmazon輸出を始める方にとっては「一体何を売れば儲かるの?」という疑問からスタートすると思います。

儲かる商品を探す作業をリサーチ作業と言い、Amazon輸出で安定的に収益を上げるための最も核となる作業のひとつです。

中級者以上になると、毎日リサーチをしなくても利益を上げられるような状態になってきますが、特に最初のうちは利益が出る商品を自分の力で見つけなければなりません。

そこでここでは、ぴーたろがこれまでに使ってきたリサーチ方法を「手動」「自動」の大きな2区分に分けて惜しみなくご紹介します。

ぴーたろのように副業でAmazon輸出に取り組まれる方は、リサーチ作業はツールを使って効率化を図ることも非常に重要ですので、どのようなリサーチ方法があるのか参考にしてみてください^^

Amazon輸出にリサーチツールは本当に必要なのか?儲かる商品の見つけ方の極意

また、儲かる商品が見つかったとしても、「実際にそれが売れるのかどうか?」は別問題です。

リサーチの結果見つけた商品が、売れる商品なのか売れない商品なのかを見分ける力も非常に重要となってきます。

特にFBAセラーであれば、売れない商品を大量に購入する行為は、不良在庫が発生してしまうため死活問題となりかねません

ここでは、Amazon輸出で実際に売れる商品と売れない商品を見分ける3つのポイントをご紹介します。

Amazon輸出 売れない商品と売れる商品を見分ける3つの方法

さらに、リサーチ作業の過程でライバルセラーの在庫数に目を向ける重要性と実際に効率的に在庫数を確認する方法もご紹介していますので、余裕がある人は読んでみてください^^

Amazon輸出セラーの在庫数を確認する最強ツールAmzpectyの使い方

セラーアカウント保護の重要性について理解しよう

Amazon輸出 アカウント停止

儲かる商品が見つかったら早く販売をしてみたい気持ちがはやりますが、ここで一息。

Amazon輸出においては、自分のお店(つまりはアカウント)を守ることは非常に重要なビジネススキルになります。

そこで販売を開始する前に、まずはアカウント保護のために初心者セラーが最低限守るべきポイントを解説しますので理解しておきましょう♪

Amazon輸出ビジネス成功のために最も重要なのはアカウントの保護!

また、アカウント保護の最重要ポイント「Account Health(アカウントヘルス)」に関する必須知識は、こちらの記事で詳細に解説しています。

こちらも販売開始前に一度は目を通していただきたい内容です。

Amazon輸出 アカウントヘルスを維持するための必須知識(アカウント停止を未然に防ぐ)

※2017年には世界中のAmazonのセラーアカウントが不正に乗っ取られてしまう事件が多発し、ニュースにもなりました。

自分のアカウントを守るためにも、不正なアカウント乗っ取り対策のために、2段階認証を必ず導入しておきましょう!ここでは、2段階認証の導入方法と、導入時の注意点を解説しています。
※2018年からは新規アカウントを開設するタイミングで2段階認証の設定が義務化されていますので、こちらは過去からAmazon輸出をしている方への参考情報になります。

Amazon輸出 2段階認証でアカウント乗っ取りを防止する方法

Amazon輸出 アカウント乗っ取り防止の2段階認証を導入する際の3つの注意点

【注意】
2段階認証を導入していてもアカウントハッキングに遭う被害は現在も続いています。2段階認証に+αして認識しておきたいアカウントを守るためのポイントも追記していますので参考にどうぞ^^

2段階認証だけでは不十分!?Amazon輸出のアカウント乗っ取りを防ぐための予防対策

スポンサーリンク

出品方法と出荷方法をマスターしよう!

お待たせしました!

ストア開設と販売する商品が決まったら、早速出品をしてみましょう^^

初心者さんの場合は実際にコツコツと出品をしてみて、まずは品作業に慣れることを目標にします。

出品に慣れて来たら、自己流でアレンジしてみてください^^

無在庫販売・有在庫自社出荷の販売方法の基本

Amazon輸出 ぴーたろ

まずは無在庫販売有在庫自社出荷販売のケースです。

つまり、自分で商品を出荷するスタイルをとる方が対象になります^^

Amazon輸出の出品方法には手動出品とCSVファイルを利用した一括出品がありますので、まずはそれぞれの方法をご紹介します。

Amazon輸出 無在庫出品の方法(手動)

Amazon輸出 無在庫出品の方法(CSV)

また、商品を出品するにあたっては、お客さんに商品を届けるまでの日数を設定する必要があります。

デフォルトでは2日以内に出荷をしないといけないことになっていますので、売れてから焦る前に正確に出荷情報の設定をしておきましょう^^

Amazon輸出 Fulfillment Latency ( Handling time ) の設定方法

Amazon輸出 配送方法(Shipping Setting)の設定方法

カラーバリエーションや商品サイズのバリエーションを1つの商品ページで表示させたいときには、Variation登録という方法もあります^^

Amazon輸出 ASINの読み方と探し方(通常登録とvariation登録)

無在庫販売と有在庫自社出荷販売の場合、実際に商品が売れてから出荷作業が伴います。

売れてから焦ることがないように、商品が売れた後の出荷方法も事前に確認しておくことをオススメします!

Amazon輸出 売れてから焦らない自己発送の手順

自分で出荷をする場合は郵便局のサービスを使う人が多いと思いますが、ぴーたろも良く使うEMS小型包装物(SAL便・航空便)の出荷方法も書き残しています。

Amazon輸出 EMSの無在庫発送方法~ラベルとインボイスの書き方~

Amazon輸出 小形包装物(SAL便と航空便)の無在庫発送方法~税関告知書の書き方~

FBA販売の販売方法の基本

Amazon輸出 FBA やり方

FBA販売を検討されている方は、出品方法や出荷作業のフローは上記と大きく異なります。

主な手順は以下の4ステップです。

①FBA商品の出品登録
②FBA商品の納品準備
③FBA商品の納品(インボイス作成・出荷)
④納品後の荷受け状況のチェック

FBA販売独特の納品ルールを確認しましょう。
※無在庫販売や有在庫自社出荷販売オンリーのセラーさんであれば、こちらは確認不要です。

Amazon輸出 FBAの出品について(①商品登録方法)

Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法)

Amazon輸出 FBAの出品について(③インボイスの作成)

Amazon輸出 FBAの出品について(④商品発送後の作業)

また、FBA販売ではAmazonの指定倉庫納品後の在庫ステータスが4種類に分かれます

自分の在庫が海外の倉庫で一体どういう状況なのかを把握するため、4つのステータスの見方を理解しておきましょう^^

Amazon輸出 Manage FBA Inventory(Inbound・Fulfillable・Unfulfillable・Reserved)画面の見方

最後に、FBA販売を開始するためには海外のFBA倉庫に商品を納品する必要があります。

この点、Amazon輸出でバリバリに稼いでいるセラーさんの多くは郵便局のサービスを利用していないケースが多いです。
(通関の都合上、郵便でしか送れない商品だけは郵便を使ったりしている人もいらっしゃいます。)

そこで、郵便局のサービスに頼らずにより安く海外に荷物を送るため、オススメのFBA代行業者をご紹介します。

Amazon輸出FBA直送代行業者 厳選4社

現状最もオススメできるFBA代行業者

【現状ぴーたろが一番オススメできるFBA代行業者】
現状では国際送料や月額手数料のコスト面に加えて、食品の輸出で必要となるFDAやインク類の輸出で必要になるTSCAの許認可なども一括でお願いできるTNK Logisticsが最もお勧めできます(個人的には募集締切前の申込みをオススメします)。

セラー評価を貯めて売上UPを図ろう!

Amazon輸出 評価

Amazon輸出では、商品が売れた後にお客様がセラーを評価するシステムが採用されています。

これを「セラー評価」と言いますが、Amazon輸出ではこのセラー評価を蓄積することで、Amazonのアルゴリズム上有利に販売ができるようになったり、これから商品を購入するお客様にも安心感を与えることができるため、結果的に売上UPに直結してくる重要な要素になります。

せっかく売上が上がっても、このセラー評価の取りこぼしが発生すると効率的に売上UPを図ることができません。

ただでさえ、セラー評価をしてくれるお客さんは少ないものなのです。
Amazon輸出でセラー評価のフィードバックが貰える確率は何%!?

ぴーたろは評価依頼を確実に行うために、評価依頼のツールFeedbackFiveを活用しています。
Amazon輸出自動評価依頼ツールFeedbackFiveの使い方と設定方法

また長く販売をしていれば、時に悪いセラー評価を付けられてしまうケースもあるでしょう。

この場合、自分に責任がない場合には必ず評価削除の対応を取りましょう!
Amazon輸出悪いセラー評価を受けた時の対処法~Negative Feedbackを消す方法~

注意!!

2017年3月から、Amazon.comではOpt Out(オプトアウト)という機能が導入されています。

お客さんはAmazonからのメールについて、重要なもの以外は届かない設定をすることができるようになりました。

そのような設定をしているお客さんに確実にメールを届ける方法も解説しています。

Amazon輸出でお客さんにメールが届かない時の対処法

Amazon輸出のツールを導入しよう!

Amazon輸出 ツール

Amazon輸出で成功しているセラーは、必ず何かしらのツールを導入しているといっても過言ではありません。

ぴーたろもAmazon輸出を有利に進めるために、いろいろなツールを試してきました。

一言にツールと言っても、それは無料のツールから有料のツール、はたまた攻めのツールから守りのツールとたくさんの種類が存在します。

ここではあなたのAmazon輸出をサポートするツールを徹底的にご紹介します。

Amazon輸出ツール紹介

また、Amazon輸出のツールにはAPIを使うために「MWS(Amazon Marketplace Web service)」への接続が必要になるものがあります。これは、ツールに必要なストア情報にアクセスさせる機能になります。

MWSの設定方法や接続時の注意点などもまとめていますので必要な方は参考にしてみてください^^

Amazon輸出のツール導入のためのセラーIDやMWSの設定方法

また、ツールの利用を終了した時のために以下の記事も見ておくことをオススメします!

Amazon輸出ツール解約時の注意点(MWSアクセス権限の解除を忘れずに)

※2016年中旬からAmazon公式の価格改定ツール「Automate Pricing」がリリースされました。
これにより巷にある有料の価格改定ツールは利用価値が殆どなくなっています。
上記のツール紹介ページでも記載をしていますが、このツールは使い倒さないと損なので必ず使い方をマスターしましょう!

え!まだ有料のAmazon輸出価格改定ツール使ってるの?(Automate Pricingの使い方)

カテゴリー申請をしよう!-ライバルの少ない市場で販売を拡大-

Amazon輸出 カテゴリー申請

Amazonでは全ての商品はいずれかの商品カテゴリーに紐づけられており、デフォルトでは特定の商品カテゴリーでは出品を行う事ができません。

Amazon輸出を成功させるポイントの一つに、この販売カテゴリーの承認を取ることが挙げられます!

この承認を受けることで、通常のセラーが販売をできない商品の販売が可能となり、Amazon輸出を有利に展開することが可能になるためです^^

といっても、カテゴリー申請は何も考えずに行うとAmazonからの承認を受けることはできません(年々Amazon側の審査は厳しくなる一方です)。

そこでここでは、ネットショップを活用したAmazon輸出の販売カテゴリーの承認を得るための実践テクニックを公開したいと思います。

Amazon輸出でBeautyカテゴリー申請の承認を得る方法(保存版)

Amazon輸出 販売カテゴリーの申請方法と承認をとるためのテクニック

是非Amazonのカテゴリー承認をGETして、売上UPにつなげてください!

年に一度のホリデーシーズンに爆発的に儲けよう!

Amazon輸出 ホリデーシーズン

Amazon輸出セラーにとって年に一度のお祭り・・・

それはクリスマス前のホリデーシーズンの売上です^^

アメリカでは以下の3つの爆買いシーズンが立て続けにやってきます。

●ブラックフライデー
●サイバーマンデー
●クリスマス

この時期の売上は例月の売上をはるかに上回ることになりますので、その分だけ周到な準備が必要になります。

毎年ホリデーシーズンが近づいてきたら日程を確認し、この時期にAmazonが設ける特別なルールをしっかりと頭に入れましょう!

Amazon輸出ホリデーシーズン完全攻略

この時期、Amazon輸出をしないのは絶対に損ですよ♪

輸出の税金の関係を理解しよう!-所得税の確定申告、消費税還付-

Amazon輸出 税金

実際の売上とは直結しないのですが、Amazon輸出を始めるにあたって理解をしておくと役に立つ税金のいろはを解説していきます。

公認会計士という職業柄、税金についても知識はありますので、「所得税」「消費税」「住民税」の税目に分けてそれぞれ簡単に気になる項目をまとめておきました^^

Amazon輸出と税金~所得税入門講座~

Amazon輸出と税金~消費税入門講座~(特に重要!)

Amazon輸出と税金~住民税入門講座~

Amazon輸出やeBay輸出といった個人輸出は事業に関連して支払った消費税が国から返ってくるので、特に消費税は非常に重要です!

また、Amazon輸出やebay輸出の利益は確定申告が必要です。

そして確定申告をするためには、日々の記帳が大切。

記帳については無料のツールも含め、輸出ビジネスに特化した観点からお勧めのものをご紹介しています。

Amazon輸出やebay輸出で帳簿記帳するためのオススメツール

さらに、Amazon輸出セラーにとっては特に重要性のある消費税還付について、より詳細な内容をまとめていますので、余力のある人は是非読んでみてください。

Amazon輸出の消費税還付で損をしないテクニック

さらにさらに、リクエストが多かったのでAmazon輸出で税理士を活用する場面についてもケース別にまとめています^^

副業のAmazon輸出ビジネスでは税理士は必要なのか?

TOPIC!!

2018年6月21日には、米国最高裁にてAmazonのようなインターネット販売についても米国の売上税(Sales Tax)を課税することが決定されました!

アメリカのネット通販業界に激震が走ったニュースでしたが、私たちAmazon輸出セラーへの影響についてもまとめています。

ネット販売の売上税は課税されます!Amazon輸出への影響と注意点

作業を外注化しよう!-自動化収入・不労所得のススメ-

Amazon輸出 外注

Amazon輸出を始めて、自分の販売の型ができてくると、毎日の作業がルーティン作業であることに気付くと思います^^

そこで、このルーティン作業の部分を外注し、より新たなことに頭を働かせる時間を確保するための方法が外注化です。

特に、ぴーたろと同じく副業でAmazon輸出に取り組まれている方は、限られた時間で成果を出す必要があります。

そのような人こそ少しずつでも外注化を進めてみてください。ぴーたろも外注化によってAmazon輸出とeBay輸出のビジネス規模を拡大できました♪

ぴーたろの実体験も交えながら、外注化の方法をまとめてみましたので、参考になれば幸いです^^

Amazon輸出成功の鍵 外注化の方法STEP1(外注スタッフを採用する)

Amazon輸出成功の鍵 外注化の方法STEP2(外注を募集する-クラウドワークス編-)

Amazon輸出成功の鍵 外注化の方法STEP3(外注化のテクニック編)

優秀な外注さんを見つけることができたら、後はAmazonアカウントへのアクセス権の付与外注費支払いの請求書の準備をすれば準備万端です^^

Amazon輸出で外注さんにアクセス権限を付与する方法(User Permissions)

外注さんから請求書を発行してもらうための無料オススメツール

Amazon輸出のビジネスリスクを正確に理解しよう

Amazon輸出 リスク

Amazon輸出を実践していくと、このビジネスにどのようなリスクが存在しているのかに気付くタイミングがやってくると思います。

ここでは、Amazon輸出ビジネスにどのようなリスクが存在しているのかを自分のAmazon輸出ビジネスの体験を踏まえまとめてみました。

Amazon輸出ビジネスのリスクを理解しておく

Amazon輸出で売上が入金されない入金保留・資金拘束が起こるケース

Amazon輸出でアカウント停止(サスペンド)を受けた時の対処方法

ぴーたろのAmazon輸出の経験の中で一番テンションが下がった事件がアカウントサスペンド(アカウント停止)です。

ここでは、同じ状況で困ったときに備えて、ぴーたろのアカウント停止の実体験を載せておきます。

実録!Amazon輸出でアカウント停止を受けた時の対処方法

また、アカウントが停止された場合、迅速かつ確実にアカウントを復活させるためにはプロの力を使うのも有効です。

緊急の方向けに、ぴーたろにご相談頂いた方が実際に利用してアカウント復活を成し遂げたサービスも書き残しておきます。

Amazon輸出のアカウント復活・再開を早く確実に実現する方法

海外での商標権・知的財産権・特許権の侵害問題に注意しよう!

海外で商品を販売する際に知っておかなければならないポイントのひとつに、商標権等の侵害問題があります。

Amazon輸出の知的財産権・著作権・商標権の問題と対処方法

メーカーやブランドによっては商標権の保護に力を入れてる場合もありますし、海外に正規代理店がある場合には、製品保証等の関係から代理店とのトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

これはアカウントの停止に限らず、法的な問題も含めて知らなかったでは済まされない問題に発展する可能性もあります。

Amazon輸出やeBay輸出を始める場合には事前に正しい理解と対処方法をしておくことがベターです!

出品を一時的に止める方法を知っておこう!

Amazon輸出ビジネスを始めると、長期休暇をとったとき等に一時的に商品の出品を止めたい場面(Amazon上に自分の商品が表示されなくしたい場面)に出くわすかもしれません。

そのような時には、ボタン一つで出品を一時的にストップできますので、この方法を事前にマスターしておきましょう。

このような緊急措置が必要になる状況は突然やってくることもあります。事前に知っておくことで、問題が起こったときに即座に出品を一時中止できるので知っておくことをオススメします。

Amazon輸出の休暇設定の方法~旅行に行くときや緊急で出品を止める方法~

Amazon輸出失敗談

Amazon輸出 失敗談

個人輸出はお客さんと直接接する機会の多いビジネス。

ぴーたろもたくさんの試行錯誤を繰り返して少しずつ成長をしてきたつもりです。

ここでは、ぴーたろがAmazon輸出でやらかしてしまった大失敗をご紹介しますので、Amazon輸出セラーの皆さまは同じミスを繰り返さないようにしてください><。

Amazon輸出で大失敗!痛恨の価格改定ミス。5分で108個の大量注文を受けた対応方法の備忘録

Amazon輸出のコンサルティングや塾の実態

Amazon輸出 コンサル

Amazon輸出には、有料でコンサルティングを運営しているサービスが存在します。

ぴーたろ自身、そのようなサービスを利用したことがないので一概には言えませんが、実際に高額なコンサルに申し込んで成果が得られない方もいらっしゃるようです。

ここでは、Amazon輸出のコンサルや塾を選ぶときのポイントや、そもそもそのようなサービスに加入する必要性があるのかについて解説します。

Amazon輸出のコンサルティングや塾に本当に入る必要はあるの?選び方の最低限の知識

新規商品登録をしてみよう!

Amazon輸出 新規商品登録

Amazon輸出の販売になれてきたら、次はAmazon上で新規の商品ページを作成してみましょう。

新規商品登録をする場合、販売セラーは1名ですし(他のセラーが相乗り販売をしてきた場合を除く)、販売価格も自分で設定できるため、うまく需要のある商品を出品できれば非常に利益率の高い商品の販売につなげることができます。

凄腕のセラーはこの商品登録だけで大きな利益を上げている方もいらっしゃいます。

新規商品登録は外注化との相性も良いです。

作業になれて来たら外注さんに働いてもらって、時間にレバレッジをかけることも可能ですので、是非挑戦してみてください!!

Amazon輸出 新規商品の登録方法

Amazon輸出 無在庫出品Variation登録方法

Amazon輸出で自社ブランドを公式に登録する方法~Amazon Brand Registry~

広告を出稿しよう!

Amazon輸出 広告

Amazon輸出で新規商品登録の方法をマスターしたら、次はその商品の売上UPを手助けするために、広告を出稿してみましょう!

Amazonでの検索結果はA9と呼ばれる複雑なアルゴリズムに基づいて表示されており、お客さんの検索内容にベストマッチした商品が上から順に並ぶようになっています。

新しく出品をした商品は、既に売れた実績が高い商品に比べて上位表示がなかなか難しい所です。

ここで、セラー広告のSponsored Products(スポンサープロダクト)を利用すれば、新しく出品をした商品でもAmazonの検索結果の上位に表示させることが可能です!

広告を出稿するのはあくまで有料になりますので、Amazon輸出で利益が確保できるようになってから取り組めばOKだと思います^^

Amazon輸出セラー広告のSponsored Products(スポンサープロダクト)出稿方法

実際に広告出稿をしたら、その出稿の結果を分析することが重要です。

無駄な広告費を抑え、最大の費用対効果で売上アップを図るための糸口が見つけていきましょう!

ここでは、ぴーたろが実践している、データの分析手順をご紹介します。

Amazon輸出の広告で最大の効果を得るための最新戦略

また、無用な広告費をかけずに、効率的に売り上げにつながる出稿をするために、AmazonのSponsored Productsの2つの出稿方法の違いを理解することは必須です。

2つの出稿方法の違いはこちらにまとめています!

Automatic targetingとManual targetingの違いと正しい使い分けの方法

実際にぴーたろが広告を出稿する際に使っているキーワードの探し方のテクニックはこちらでまとめています。

Amazon輸出で売れるお宝キーワードの見つけ方

独自商品のレビューを獲得しよう!

Amazon輸出では、ストア自体の評価である「セラー評価」とは別に、販売されている商品自体の評価である「商品レビュー」という概念があります。

この商品レビュー、お客さんにとっては既に商品を購入した第三者の率直な意見として、とても重要な位置づけとなります。

実際に、商品レビューの多寡がAmazon内での検索結果のSEOにも大きく影響していることは言うまでもありません。

自分で商品登録をした商品のレビューを効率的に獲得するプログラムの内容についても知見を深めておきましょう♪

Amazon商品レビュー1件の価値は?Early Reviewer Programの使い方

お客さんからのキャンセルには焦らず対応しよう

Amazon輸出 注文キャンセル

販売をしていくと必ずぶつかる壁が、お客様からの注文のキャンセルや返品対応です。

このキャンセルの対応については、Amazonのシステムを理解した上で的確な対応を取らなければ、自分のアカウントヘルスを悪化させてしまう原因にもなりかねません

ここでは、ぴーたろのこれまでのAmazonでの販売経験をもとに、最も効果的かつ効率的なキャンセル対応法をフローチャートでまとめましたので、参考にしてみてください!

Amazon輸出 注文キャンセルを受けた時はこれだけ!4つの対処法

また、長く販売を続けていると、こちらが在庫を用意できずにお客様に注文キャンセルをお願いしなければならない場面に出くわすことがあります。

※無在庫セラーならなおさらこのリスクが高いです。

Amazonのルール上、セラー側からの注文キャンセルはアカウントヘルスの悪化要因ですが、こちらも対応次第ではアカウントヘルスの悪化を回避できるチャンスも残されていますので、在庫切れの場合には以下のテクニックも必ず実践するようにしてください。

Amazon輸出で在庫切れを起こした場合のキャンセル対応の方法

商品が返送されてきた時の対応方法を知ろう

出荷した商品が自宅に返送されてくるケースも多々あります。

この場合、お客さんから返品の連絡などはなく、単純に受取人不在という理由で商品が日本に戻ってくることも珍しくありません

商品が返送されてくる理由はいくつかのパターンに分かれますので、この場合にもアカウントヘルスの悪化を避けながら正しい対処法を身につけてください。

Amazon輸出 発送した商品が返送されてきた場合の3つの対応方法

一流セラーになるために、在庫管理にも目を向けよう!

セラーとしてのレベルが上がってくれば、それなりの在庫量を保有するようになってきます。

特にFBAセラーの場合は、在庫をFBA倉庫に置いておくだけで在庫の保管料が毎日発生します。

自分の在庫がどのような状況にあるのかを調べる術を知っておくことは大切です。

売れ行きが悪く滞留しているような在庫は目をそむけたくなりますが、最初から完璧な販売ができる人なんて1人もいません。

セラーとしての経験値を積むためにも、在庫の管理方法はマスターしておくことをオススメします。

Amazon輸出FBA商品の滞留在庫の確認方法(Inventory Ageの利用)

Amazon輸出 FBA在庫のReservedの謎に迫る

また、特にAmazon輸出を始めた初期段階においては、リサーチ作業の精度が完ぺきではないことから、不良在庫を抱えてしまうリスクも高めです。

Amazonでは長期滞留品に関しては別途FBAにて長期滞留在庫保管料が発生しますし、強制廃棄の対象ともなります。

その概要と具体的な防止策についても理解をしておきましょう^^

Amazon輸出の不良品等は強制処分されるようになりました

Amazon輸出で売れない商品を抱えてしまう原因とその末路

最終的な不良品をFBA在庫を日本に返送する場合など、FBAに納品した後の在庫を移動させるための手順と事前に知っておくべき注意点についてもこちらで解説しています。

Amazon輸出のFBA在庫を返送処理する方法・手順と注意点

Amazon輸出は複数アカウントを保有して売上UPも可能

Amazon輸出 複数アカウント

これは中級者以上の方だけが実践していただきたい内容なのですが、Amazon輸出ではセラーアカウントを複数保有して販売を行うことも可能です。

複数アカウントを保有することができれば、アカウント停止時のリスクヘッジにつながることに加え、全体のカート獲得率を上げることで売上UPにも役立てることができます。

メリットがたくさんある複数アカウントですが、これ自体はAmazonの規約違反となる行動ですので、リスクを背負ってでも売上をUPさせたい方だけが読んでみてください^^;
(とはいえ、ご紹介するからにはリスクを最低限まで抑えるための方法もご紹介しています。)

Amazon輸出で複数アカウントを保有する方法とその注意点

Amazon輸出で複数アカウントを保有する具体的な9つの手法

また、複数アカウント運営に際して必須の知識となるグローバルIPアドレス固定化という論点もこっそり書いておきますね^^

Amazon輸出 複数アカウントの固定IPアドレスを使えるポケットWiFi

Amazon輸出で法人化をして、次のステージに進もう!

Amazon輸出 法人化

個人輸出の売上が安定的に立ってくると「法人化」という選択肢が現実味を帯びてきます。

法人化は節税の面でメリットがあるだけではなく、個人輸出ビジネスを非常に有利に進めることができる隠されたメリットがあります。

副業個人輸出から法人化を行ったぴーたろの経験をもとに、法人化のメリット・デメリットを整理してみました。

興味がある方は是非^^

Amazon輸出で法人化し独立をする手順とメリット・デメリット

アメリカ以外の国にも進出しよう!-カナダ・欧州・中国 etc.-

Amazon輸出 ヨーロッパ

アメリカで販売実績を積み、販売のシステム化・仕組化がうまく整ってくると、だいぶ余裕が出てくるかと思います^^

その段階までたどり着いたら、アメリカでの売り上げを伸ばしながら、アメリカ以外の国での販売にも挑戦してみましょう!

まずは、アメリカに近くハードルがそれほど高くないカナダ市場がオススメです。

Amazon輸出カナダ市場への進出方法と注意点

Amazon輸出カナダでFBA販売を行う際の注意点

北南米に続き大きな市場があるのが、ズバリ欧州です!Amazon欧州はイギリス・ドイツ・フランス・スペイン・イタリアの5か国からなり、これらのビッグ市場にも一括販売が可能です!

欧州への販売を検討されている方は、欧州独自のルールや商慣行も理解しながらの販売が求められます。

特にVAT(付加価値税)に関する正確な知識は必須です!

Amazon輸出欧州(イギリス・ドイツ・フランス等)市場への進出方法と注意点

Amazon輸出欧州の最新VAT登録情報をすべて大公開!

また、現状では個人副業セラーの参入は難しいですが、世界人口ランキング1位中国市場への参入の扉も開かれています!

Amazon輸出で中国に出品・出店する方法

事前に知っておきたいAmazon中国の出品ルール

さらに、Amazon輸出業界で話題となっている、Amazonオーストラリアでの市場開放に関する情報もこちらでご紹介しています。

Amazon輸出オーストラリアで出店する方法と注意点~アマゾン豪州出品~

安定した収入に加え、爆発的な利益を得るために、このようなブルーオーシャン市場で戦ってみることも非常にオススメです^^

Amazon輸出ビジネスのおすすめの本から知識を深める

Amazon輸出は実ビジネスのひとつですので、自分が蓄積してきた経験やノウハウが一番役に立つことは間違いないです。

しかしながら、すでにAmazon輸出を実践している先輩方は書籍でもそのテクニックやノウハウをまとめてくれていますので、参考にしたい人は是非読んでみてください^^

Amazon輸出の本おすすめランキング!現役セラー辛口レビュー。

Amazon輸出をやめるなら、アカウントを譲渡しよう!

最後に、何かしらの理由でAmazon輸出ビジネスから撤退することになった場合の出口戦略を解説しておきます。

実は、Amazon輸出のセラーアカウントは高値で売買されています。

これからAmazon輸出を始める方にとっては、少しでもセラー評価や販売実績があるアカウントで販売をスタートしたいというニーズがあります^^

そのため、Amazon輸出をやめる場合には、単純にアカウントを閉鎖してしまうのではなく、アカウントを譲渡することも検討してみてください!

Amazon輸出をやめる前に!アカウント譲渡で売るのがオススメ!

また、アカウントの譲渡にはセラーアカウントの名義変更が必要ですが、この名義変更には注意点がいくつもありますので、アカウント譲渡の際には合わせてチェックしてみてください^^

Amazonのセラーアカウント名義を変更する手順と注意点

Amazon輸出以外の個人輸出の方法

最後に、番外編として、Amazon輸出以外のマーケットプレイスでの販売方法をご紹介します。

eBay輸出

まず何といっても、有名なのがeBay輸出です。ebayは日本でいうとヤフオクのようなCtoCサイトで、Amazonほどではないですが、多くのユーザーが利用しているサイトです。

eBay輸出では、Amazonが進出していない国にも出品できますので、同時並行でeBay輸出に取り組むのも一つの有効な手段です^^4ステップでebay輸出をスタートできますので、興味のある方は是非!

eBay輸出の始め方STEP1~Paypalに登録しよう~

eBay輸出の始め方STEP2~eBayに登録しよう~

eBay輸出の始め方STEP3~eBayアカウントとPayPalアカウントを紐づけよう~

eBay輸出の始め方STEP4~Paypalの本人確認を完了させよう~

また、ebay輸出セラー必見の、Payoneerを利用した為替手数料節約の裏技もご紹介します。

eBay輸出 PayoneerとWorld Firstを活用してPaypalの為替手数料を抑える裏技

Lazada輸出

東南アジアのEC市場で急速な成長を見せているのが、Lazadaというサイトです。

マレーシア・インドネシアインドネシア・タイ・ベトナム・フィリピンの5か国でのECサイトを運営しており、Lazadaは東南アジアのAmazonと呼ばれているだけあり、現地では非常に信頼性が高いECサイトになっています。

2017年からは、日本人セラーもLazada輸出を始める扉が開かれつつありますので、ブルーオーシャンで先行者利益を得たいかは是非参考にしてみてください^^

Lazada輸出の始め方 東南アジア市場に進出する方法

プラットフォームでの販売に慣れて来たら・・・自社ネットショップ運営

Amazon輸出やeBay輸出といった販売プラットフォームを利用した輸出ビジネスに慣れて来たら、さらに利益率を上げた販売にシフトしていくために「ネットショップ」の運営を行うという方法があります。

プラットフォームからの脱却というステージです。

ここでは、Amazon輸出やeBay輸出で獲得したお客さんを、自分のネットショップの見込み客にする方法の一例をご紹介します。

Amazon輸出でリピート客を獲得する独自ネットショップ運営方法