【Amazon輸出News】Payoneer為替手数料0.8%に引下げ!

AmazonSEOを制する商品が売れるお宝キーワードの見つけ方

Amazon輸出 キーワード

ぴーたろです^^

Amazon輸出の相乗り販売に慣れて売上が安定してきたら、次のステップとして見えてくるのが自社商品やOEM商品の新規商品登録です。

転売と比べると比較にならないくらい利益率が高く資産性もあります。

そしてこの新規商品登録でAmazon輸出で売れるヒット商品を作り出していくためには、お客さんが検索をするようなキーワードを商品ページに織り込むことが重要になります。

ぴーたろ

自分の頭だけで闇雲に商品ページを作成しても、望むような結果を得られる可能性は低く時間と労力だけを無駄にしてしまいます。

そこで今回は、新規商品登録の場面や、新規商品に対してSponsored Products(スポンサープロダクト)で広告を掲載する際に利用できる、Amazon輸出で売れる商品を作るためのキーワードの見つけ方をご紹介します^^

効率的に売上と利益を伸ばしていくために参考にしてみてください。

無料でキーワードを見つける方法

AmazonのSEOで有利になるキーワードを見つけ出す方法は大きく「無料の方法」と「有料の方法」に分かれます。

まずは無料でできるキーワードの探し方をご紹介します。

Amazon輸出のサジェストキーワードを利用する

まずは、Amazonの検索エンジンを直接利用したキーワードの見つけ方です。

Amazonでは、検索窓に語句を入力すると、その語句に関連してよく調べられているキーワードが表示されます。

サジェストキーワードと呼ばれるものです。

これは実際に生のAmazonの顧客がよく検索をしている単語になります。

そのため、自分が売りたいと考えている商品に関連するキーワードがあれば必ず取り入れるようにしましょう。

 

ぴーたろ

これらのキーワードは、たくさんの人が調べている証拠。

キーワードとしては流入が大きい分、ライバル商品も多い傾向にあります。

 

Googleのキーワードプランナーを利用する

次はGoogleのGoogle Adwardsというサービスを利用する方法です。

Google Adwardsは、Googleで広告掲載をする広告主のために提供されているツールなのですが、この中のキーワードプランナーという機能を利用することで、実際にGoogleで調べられているキーワードと検索ボリュームが確認できるという優れものです。

ぴーたろ

広告主向けのツールですが、Googleアカウントがあれば無料で利用できます♪

まずは、Google Adwardsを開いて、運用ツール>キーワードプランナーと進みましょう。

すると、キーワードの検索画面が表示されます。

今回はAmazonアメリカでの販売を想定しますので、あくまで米国で調べられている単語を抽出する必要があります。

ぴーたろ

国や言語の設定を「アメリカ合衆国」や「英語」にすることを忘れないようにしましょう♪

この状態で、「宣伝する商品やサービス」の欄に、自分の商品に関連するキーワードを入力します。

ぴーたろ

今回は「Japanese pencil」と入力してみましょう。

すると以下のように関連キーワードの検索結果が表示されます。

これらのキーワードはCSV形式で一括出力も可能なので、色々なキーワードで検索をしてみて、データを収集してみてください。

なお、月間平均検索ボリュームを見れば、どのくらい検索されているか(裏を返せば、需要があるか)という情報を数値で見ることができますので、どのキーワードを使うかも判断がしやすいですね^^

購買につながらないキーワードには注意
このGoogle Adwardsは、実際にGoogleで検索されているキーワードが表示されています。

そのため、実際に”購買”というアクションに結びつかないキーワードも含まれている点に注意してください。

例えば「Japanese pencil manufacture」というキーワードの検索ボリュームが多くても、このキーワードは日本のペンのメーカーを知りたい人が検索している結果であることが想定されますよね。

そのため実際にAmazonの検索窓に入力してくる可能性は低いと想像ができます。

このようなキーワードは、実際に売れる商品を作るためのキーワードには関係しない点に留意が必要です。

無料のキーワードツールを利用する

最後にご紹介するのは、上記で紹介をした2つの方法を、より簡易的に実現する方法です。

それが、Keyword Toolという無料サービスを利用する方法になります。

Amazon内のサジェスト結果の情報がほしい場合は、Amazonタブから、市場と言語を米国に設定して、検索語句を入力すればOKです^^

一方、Googleのキーワードプランナーと同様の情報が知りたいときは、Googleタブから、Googleの国と言語を米国に設定して、検索語句を入力すれば同様に情報が取得できます。

検索ボリューム情報などは有料版を使わないととれないので、より詳細な情報がほしいという方は有料版を試すこともできます。

有料でキーワードを見つける方法

一方、有料でAmazon上のキーワードを見つける場合は、上記のKeywordToolよりも最強のツールが存在します。

ぴーたろ

ズバリ、Seller Sprite(セラースプライト)という海外製ツールです。

このツールは中上級者向けですが、ツールの使い方は別途まとめていますので参考にしてみてください。
(参考)
Amazon最強キーワードツールSeller Sprite(セラースプライト)の使い方

Amazon上の検索キーワードは時間をかける価値が高い!

以上、Amazon輸出で儲かるキーワードの見つけ方でした^^

ぴーたろ

初心者の方は無料の方法で、Amazon輸出で利益が出て来たら有料ツールを使ってみてください。

Amazon輸出で使う言語は英語になりますので、やはり現地で使われる単語やニュアンスなどを自分の想像だけで思い浮かべるのには限界がありますよね。

そんな問題を解決するためにぴーたろが利用しているのが上記の方法でした^^

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください