Amazon輸出 FBA納品代行業者はTNK Logisticsがオススメ


ぴーたろです^^

Amazon輸出のFBAセラーであれば「国際送料」は死活問題にもなりうる重要なファクターですよね。

同じように商品を仕入れて同じように発送をしていても、安い国際送料契約を持っている人であれば、そうでない人の数倍の利益を出していることも珍しくありません。

「あのセラーはなんでこんな安値で商品を出品できるのだろう・・・(;・∀・)」

一度はこんな疑問を持ったことがある方も多いのではないでしょうか。

ぴーたろの経験上、商品の仕入ルートが同じであれば、他のセラーと比べて価格競争力があるセラーは「①利益計算を間違って赤字を垂れ流している(もしくは在庫処分のための意図的な赤字販売)」「②実際に安い国際送料契約を持っている」の2種類に大別されます。

※信じられないかもしれませんが①のケースも多々あります。ぴーたろがこれまでに会ったセラーさんでも利益計算間違えている人は結構多いです。笑

実際にしっかりと情報収集をしていると見えてくるのですが、Amazonで大きな利益を上げている人ほど、FBA納品のためにクーリエ業者(DHL・Fedex・UPS等の国際輸送業者)と直接契約をしています。

この直接契約、もちろん誰でも契約できるわけではありません。

クーリエ業者は外資系企業、血も涙もありませんので、安い契約を結ぶためには当然にそれ相応の発送量が必要です(最低でも月に数百キロ発送する力は必要です)。

さらに物量が減れば簡単に価格が上げられたり、契約が切られたりするリスクもあります。

そうなると、現実的には私たち一般セラーはFBA代行業者を利用する必要があります。

実際にぴーたろもこれまでに何度となく「オススメのFBA代行業者はありますか?」という質問を受けてきましたが、実はこれについては絶対的に信頼できる業者はなかったので明言を避けてきました。

しかし今回、ぴーたろが現状自信を持ってオススメできるFBA代行サービスについて、当サイトでの公開にOKを頂けましたので特別に展開をさせてもらいます^^

>>TNK Logistics

実際に現役バリバリのFBAセラー目線で、他の代行業者と一線を画していると判断していますので是非ご自身の目で確認してみてください^^

※これまで優良なFBA代行業者を利用されてきた方はご存知の通り、代行業者は倉庫のキャパシティの問題等から、定員まで達すると一時的に新規募集を締め切るケースが散見されます。この点についてはぴーたろも責任を持てませんので、興味がある方はひとまず早めに申込んでおいた方が安心です(後述のとおりTNKは月額手数料もかからないため、発送をしなければ請求も来ません(^^♪)。

※【ご質問が多いので追記】仕入先からTNKに在庫を直送してラベル貼り等までしてもらう「FBAお預かり転送サービス」は早速募集終了をしたようです。通常のFBA納品のサービスは継続募集中です。



スポンサーリンク

FBA代行業者TNK Logisticsをオススメするポイント

ぴーたろが他のFBA代行業者に比べてTNK Logisiticsをオススメする理由も参考までに書いておきます^^

圧倒的に安い国際送料

まず、TNK Logisticsの国際送料表を確認してみてください(リンク先が最新の国際送料表になっています)。

このTNK Logisiticsの運営元は現役商社さんですので、相当競争力の高いクーリエ契約をお持ちです。

他のFBA納品代行と比べても国際送料が安く、荷物をまとめれば@500/kgも切るレベルです^^

月額手数料が無料

実は、ぴーたろがこれまで特定のFBA代行業者をオススメしてこなかったのには、その業者が倉庫業を本業にしているのか不明確なパターンが多かったからです。

当然ながら、倉庫業を本業としてFBA代行業をしている場合、ユーザーからは月額手数料の徴収や高めの国際送料価格の提示で利ザヤを抜いて利益をあげる必要があります

しかし、TNK Logisiticsは現役の商社が運営しているため、FBA代行業として利益を上げる必要が殆どありません。

むしろ発送の物量が増えることで、商社としてより安いクーリエ契約が可能になる点を目指されていると思います(そうなればユーザーにも還元されるという相乗効果もありますね^^)。

そのため、多くの代行業者で当然のように請求される固定の月額手数料がタダです。

実際に発送をしないと請求が来ることがない点で、中上級者に限らず初心者の方にもオススメができます

さらに凄いことに、海外のAmazonでFBA納品するために必要となるインポーターの名義貸しも無料で対応いただけるとのことです( ゚Д゚; 

プロ商社ならではの食品輸送・危険物輸送も可能

Amazon輸出をしっかりと勉強されている方ならご存知の通り、例えば食品を米国で販売するにはFDAの申請が必要です。

インク類であればTSCAの認可もとっておかなければ大きなトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

その点、TNK Logisiticsは貿易経験の豊富な商社が提供しているサービスですので、それらの他セラーが扱いにくい商品の販売もサポートしてもらえます。

会員へのサポート体制も、多くの代行業者が利用しているメール対応だけでなく(これ、返事遅いと結構ストレスなんですよね><。)、チャットや電話対応もしてもらえる点でも非常に安心です。

米国以外のAmazonにも利用可能

さらにオススメできるポイントが、米国以外の国でも利用ができる点です。

現状FBA倉庫への納品サービスであれば、米国・カナダ・メキシコ・イギリス・フランス・イタリア・スペインのAmazon販売に利用できます。

セラーさんによっては、米国は代行業者A社・欧州は代行業者B社という使い分けをしている方もいらっしゃると思いますが、TNK Logisiticsであればワンストップサービスで複数の市場の発送にも対応可能(しかも月額手数料無料)なので、固定費を相当抑えられるはずです。

FBA代行業者TNK Logisticsのデメリット

ぴーたろが感じている唯一のデメリットは、自宅からFBA倉庫への直送ができない点です。

正直、ここまで国際送料が安いと、リスクをとって自社でクーリエ契約を結ぶよりTNK Logisiticsを利用したほうがメリットがある気もしているのですが、直接契約のメリットとしては自宅から直接FBA倉庫に納品ができる点が挙げられます。

そのためTNK Logisiticsを利用する場合、TNKの指定国内倉庫までの国内送料は負担する必要があります

とはいえ、現状日本でサービス展開しているFBA納品の代行業者は、ほとんどのケースで自宅からの直送ができませんので、他の業者との比較という点ではデメリットとは言えないかもしれません。

ただし、自分でインポーターを手配できる(TNKのインポーターを使わない)場合には無料集荷も対応ができるようなので、興味がある人は会員登録後に直接問い合わせをしてみるといいと思います^^



スポンサーリンク

FBA代行業者選びはAmazon輸出ビジネスの肝

以上、ぴーたろオススメのFBA代行業者TNK Logisiticsのご紹介でした^^

現状このサービスはまだローンチされたばかりなので、まだ申込キャパがある段階で当サイトを読んだ頂いている方に展開をさせて頂きました!

実際のローンチは2018年4月初旬(リリース直前)とのことですが、先行申込は可能です^^

※これまで優良なFBA代行業者を利用されてきた方はご存知の通り、代行業者は倉庫のキャパシティの問題等から、定員まで達すると一時的に新規募集を締め切るケースが散見されます。この点についてはぴーたろも責任を持てませんので、興味がある方はひとまず早めに申込んでおいた方が安心です。

今までFBA販売に足踏みをしてきた無在庫セラーさんも、是非この機会にFBA販売を開始してみてはいかがでしょうか^^

>>圧倒的なFBA納品代行サービス TNK Logistics

この情報が皆さんのお役に立てば幸いです。

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)


“Amazon輸出 FBA納品代行業者はTNK Logisticsがオススメ” への16件の返信

  1. ぴーたろさん

    いつも大変参考にさせてもらっています。

    質問なのですが、以下の条件でぴーたろさんが適していると思われるFBA納品の仕方(直送、間接、インポーターのみ等)は何でしょうか。

    ・ラベル貼り付けやインボイス作成などの作業は自分で行い、少しでも経費を浮かせたい
    ・なるべく早くFBA倉庫に届いてほしい
    ・1回あたりの輸出量は20kg前後未満で月に2回を考えているが、未定である。
    ・まずは一度輸出を行い、流れを経験してみたい。

    また、上記の条件ならどういった事項に注意して代行業者を選定すればよろしいでしょうか。

    かなりアバウトな質問になってしまいましたが、ご返信お待ちしております。

    • たかしさん

      こんにちは!

      当然ではありますが、国内送料や納品のリードタイムなどを加味すれば直送モデルが一番いいです。
      (ここで言う直送とは、代行業者の国内倉庫経由が必要なく自宅や事務所から直接海外に荷物を送る形です。)
      インポーターのみ利用の場合であれば、通常は国際輸送の契約は別途必要です。

      直送は代行業者側にもリスクが伴うこと(ユーザーが危険物などを許可なく輸送すれば代行業者も責任が問われます)、一度の出荷荷物をまとめるマネジメントなどの関係から、多くの代行業者では国内倉庫を経由させるのが実情ですね(/・ω・)/

      ご記載の内容だと、出荷量がまだまだ少ない段階かと思いますので、個人的には月額手数料等が掛からない業者をオススメします。
      月間数百トン~数トン程度送る力があれば1出荷に対する月額手数料も無視できるようになってきますが、そうでない限りでは固定費がない方法をとるのが賢明です。
      現役セラーだから分かりますが、現状では今回ご紹介したTNKは相当条件が良いので、間に合うようであれば登録してみて損はないかと思いますよー^^

      • ぴーたろさん

        ご返信ありがとうございます!

        出荷から納品までの細かいプロセスがよく分かっておらず、コスト試算において困っていましたが、TNKの運営元にも質問させてもらってすっきりしました!

        まだ全くの未経験ですが、準備を進めていこうと思います(9`・ω・)9

        • たかしさん

          問題解決できてよかったです^^
          TNKさんは細かい質問にもしっかり回答してくれると評判ですのでオススメですね!
          誰でも最初は初心者からのスタートなので、色々と壁にぶつかることもあると思いますが頑張って乗り越えてください^^
          ブログは質問含めいつでも遊びに来てくださいねー♪

  2. ぴーたろ様
    参考になるWEBサイトの運営、本当にありがとうございます。
    現在、内容を拝見しながら準備を進めているところなのですが、TNKを利用したFBA納品を始めるにあたり、お時間がございましたらアドバイスをいただけませんでしょうか。

    1.TNKに登録し、手数料シート等を確認していたところ、「65cm×65cm×65cmを超えたもの」及び「31kgを超えたもの」について手数料が別途必要と理解いたしました。故に、1箱30kg程度の詰め合わせでTNKへ納品するのが一番輸送コストが下げられる認識でおりますが、合っておりますでしょうか。

    2.初めてamazon輸出(FBA納品)を始めるので、まずは薄利でも数を売ってセラー評価を稼ぐ必要があると考えております。その際、「少量在庫で多種商品を納品する」と、「大量在庫で特定商品を納入する」のどちらが良いか迷っているのですが、経験からはどちらがおすすめでしょうか?

    お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。

    • そこらさん

      こんにちは^^

      1.まとめて送ったほうがkgあたりの送料は安く抑えられますので、「追加手数料」VS「まとめて送ったときの割安性」でご自身が最も納得できる方法で送られるのがベストかと思います^^
      ただし、Standard Sizeの商品であれば、重量を50lb(約22.68kg)までに抑えないといけないAmazonのルールもありますのでご留意ください。

      2.私の意見ですが、初心者の方であれば「少量在庫で多種商品を納品する」がリスクヘッジが効いていいと思います(その分手間がかかります)。大量在庫を持つのは売れると分かってからでも遅くないので、売れない商品を大量に抱えて身動きがとれなくなるのだけは避けてください^^

      TNKに関する質問は、直接TNKにお問い合わせ頂くほうが確実かと思いますのでお願いします^^

      • ぴーたろ様
        ご丁寧にありがとうございました。
        Standard Sizeについて把握できておりませんでした。配送に関する細かい確認はTNKへいたします。
        また、リスクヘッジのアドバイスありがとうございました。
        切りよく5月からと思っておりますので、今のうちにリサーチして頑張りたいと思います。
        WEBを今後も参考にさせていただきます!
        ありがとうございました。

        • そこらさん

          とんでもないです^^
          最後に自分の糧になるのは自分の経験や知識だと思っていますので、自分なりの答えが出せるようにお互いに頑張っていきましょうね(・∀・)/
          またいつでも遊びに来てくださいませ♪

  3. ぴーたろ様
    こんばんは(^^)

    TNK Logisiticsはインクなどの危険物輸送が可能なのですね。
    間違えてインクやZippoなど売ってしまい、キャンセルをお願いしたことがあります(^^;)

    危険物はFBA納品ができないのですが、オーダーがあれば個々に発送するということですか?
    そうなると送料がすごく高くつきますが・・・。

    • mamehanaさん

      こんにちは^^
      TNKは原則FBA納品を前提にしたサービスなので、ご記載のFBM販売については別の代行業者や外注さんを雇って出荷していくのがいいと思いますよー!

  4. こんにちは!
    TNKを使って、第二便を発送し納品待ちなのですが、追跡ではかれこれ10日くらいClearance delayのまま通関で止まっておりまして…
    問合せても、原因不明でわからない。ただ、必要なアクションはないみたいなのでしばらくお待ち下さい。という旨の内容でして。
    待つしかないとは思うのですが、ぴーたろさんはこの様な経験はありますか?

    • ゆきさん

      こんにちは^^
      通関での差し止めはぴーたろも何度も経験ありますよー 笑
      商材によっては追加書類が必要になるケースがあるので、きちんと勉強と経験・ノウハウを貯めこんでいく事をオススメします。
      ぴーたろは最大1ヵ月ほど待ったこともあります。こうならないための方策を、都度クーリエや代行業者と解決していってください!

      • 1ヶ月ですか!それは怖いですね。笑
        その時は何かアクションが必要なときだったんでしょうか?

        かれこれ2週間ですので、どうしても不安になってしまいますし、納品できない焦りがあります。笑
        理由もなく長い間差し止めされるような時っていうのはどのような時なのかわかりますか?

        • ゆきさん

          基本的に、インポーター側も税関から書類提出を求められたり追加対応に迫られないと対応ができない場合もありますよー!
          とはいえ、ご不安な気持ちも分かりますし、最悪のケースですと差し戻しになったりもするので、TNKにフォローをお願いするしかないですね。
          ちなみに、ぴーたろは2週間以上待って問題なく通関をした経験は何度もありますよー!

  5. ぴーたろさんのブログを最近知り参考にさせてもらってます!
    今回ぴーたろさんの記事を見てTNK logisticsさんを使おうか検討中です。
    今現在は、スピアネットさんを使っております。重量の軽いものばかり扱っているので問題なく利益出せてるんですが、今後重量のある商品も扱って行こうと思いTNK logisticsさんに移行しようかなと思ったのですが、手数料等などを見るとかなり費用がかかるのかなと、思いました。幅広いジャンルで送ろうと思っているのですが、関税などはどのくらいかかってくるでしょうか?1箱50個〜80個くらいの商品をいろんなジャンルで送る予定です。
    ぴーたろさんは、大体どのくらいの費用がかかっていたでしょうか?

    • コムさん

      こんにちは♪
      Twitterでは時間がなくて回答できずでごめんなさい>< 。 まず、TNKの送料は正直相当安いですよー。ここまでの水準は他サービスでは現状ないと思います。 スピアネット経由ということはEMS等の郵便で送られてますか?軽い商品特化だと色々と戦略が違いそうですね^^ 関税については、こちらの記事を参考にしてくださいませ! Amazon輸出で関税って発生するの?一体どのくらいかかる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*