“Amazon輸出 アカウントヘルスを維持するための必須知識(アカウント停止を未然に防ぐ)” への22件の返信

  1. はじめまして、いつも拝見しております。

    ひとつ質問ですが、ある記事にzonASINHunterについてこうありました。「取得方法は、WEBスクレイピングです。Amazonでの正規の取得方法であるPA-API、 MWS-APIでの取得ではない点には注意です。より安全に使うためには、VPSやリモート経由がよいでしょう。」
    今まで使用していて何か問題にはなっておりませんか?アカウントに影響出るのでしょうか。

    • ぴーたんさん

      こんにちは!お名前が似ており親近感湧きますね 笑
      スクレイピングについては、相当前から話が出ていますが今のところそれで何か問題が起こったという話は聞いたことがありません(もちろん私も経験はありません)。
      使用に関してはもちろん自己責任の範囲になるのですが、MWSを使っていると謳う他のツールを使ってもスクレイピングを一切使っていないことまでは分からないのかなーとも思います。
      実際、先日お話ししたパワーセラーさんも5年以上使っているとおっしゃられていました。
      どこまでいっても自己責任の判断になりますので、使用に不安が残るのであれば、使用はしないほうがいいでしょう^^
      導入される場合は、こちらに使い方をまとめていますので参考にしてください^^
      Amazon輸出オススメのリサーチツール Zon ASIN Hunter の使い方

      • こんばんは!
        ご丁寧に説明していただきありがとうございます。参考にさせていただきます!
        ぴーたんですが、Pitaroさんの名前を真似てみました。すみませんm(_ _)m

        また、お問い合わせや直接の連絡先などはありますか?
        よろしくお願いいたします!

        • ぴーたんさん

          真似されていたとは・・・笑 むしろ光栄です。笑
          基本的にご質問等はブログ内の関連記事で頂けると幸いです。可能な限り早く回答をさせて頂きます。
          Twitterもしておりますので、Twitter内で絡んで頂いても結構ですよ^^

          こちらこそよろしくお願いいたします。

        • ぴーたろさん、おはようございます!

          またまた質問なのですが、出品者様の中で1万、2万と出品している方がおります。その商品の大半は価格を高く設定し売れないようしている物もあります。その狙いは他のセラーに自分の売りたい商品を相乗りしにくくする。と聞いたことがあります。その他にはどういった効果があるのでしょうか?商品評価の良いものを出品しているとアカウント評価が良くなるですとか、自分の商品が検索されやすくなるといったような事があるのでしょうか?

          長くなってしましましたがよろしくお願いいたします!

          ぴーたん

          • ぴーたんさん

            とんでもないです、いつでもご連絡ください^^
            実際に一番大きなメリットは、ご記載の通りストアフロントから商品を見られないことです。
            他セラーのストアフロントのページを見ると、最大でも24商品×100P=2,400商品しか表示がされませんので、実際に自分が販売している商品をライバルに見られないようにできますよね!
            ※この場合Zon ASIN HUNTERを使えば全商品を確認はできます。
            (参考)Amazon輸出オススメのリサーチツール Zon ASIN Hunter の使い方

            その他のケースとしては、無在庫セラーが大量に出品しているケースです。セラーによっては、日本の仕入価格の数倍の価格で何も考えずに大量に販売し、運よく売れたものを出荷するセラーもいます。

            アカウントの評価やSEO上有利になるといったことはありませんので、無理に行う必要はありません^^無意味に販売したくない物(もしくはできない物)を出品して、キャンセルなどでアカウントヘルスを悪化させてしまうほうがよっぽど痛手だと思います!

        • ぴーたろさん、こんばんは

          ご回答大変感謝いたします。ありがとうございました!
          疑問に思っていた事が解決してすっきりいたしました。

          それではまた、ページ更新楽しみにしております。

          ぴーたん

          • ぴーたんさん

            良かったです^^
            私も輸出を初めて1年半経ちましたので、分かる範囲ではご回答させていただきます♪
            みんなで支えあって頑張っていきましょうね♪

            ではでは!

  2. ぴーたろさん、おはようございます。
    いつも丁寧かつ迅速な回答をありがとうございます。本当に助かっています。
    今日は、記事に関連してマーケットプレイス保証申請を受けたときの対応について、教えてください。
    安い金額の商品の場合、追跡をつけず郵送しており、配達期間までに届かず、購入者から「届かない」とのメール連絡をもらうことがあります。いつもはメールでのやりとりで、対応できているのですが、今回はマーケットプレイス保証申請を受けました。
    返金することを前提として、できれば申請を取り下げていただきたいのですが、保証申請を受けた場合、保証申請を通じた返金前にそのような依頼メールを送って取り下げ依頼をしていいものなのか、(下手に返金を延ばしたくないので)先に保証申請の処理の一環として返金処理をしたのち取り下げ依頼をできるものなのか、よく分かりません。
    返金してしまうと、いまさら取り下げはできないような気もするのですが・・・

    以上、アカウントヘルス保護の観点から、アドバイスをお願いします。

    • ぽんたさん

      こんにちは^^
      マーケットプレイス保証申請とはA-to-Z Claimのことをおっしゃられていますよね?
      この場合は、こちらに非がなければまず顧客に連絡をして取り下げの交渉をするのがベストです(悪質な場合はAmazonに抗弁をするのもOKです)。
      ご察しの通り、先に返金をしてしまうとなかなかお客さんから取り下げまでこぎつけられないのと、Amazonに抗弁をする際にも不利になる傾向が強いです。
      とはいえ、こちらに非がある場合は、クレームを受け入れずに返金を渋っていると、最悪の場合Amazonにその事態が確認され、アカウントヘルスの悪化では済まされない事態になりかねません(アカウント停止リスクがあります)。
      ぽんたさんの場合、追跡がない以上お客さんにもAmazonにも抗弁が難しい状況ですが、一度お客さんに連絡をしてみてもいいと思います。
      A-to-Z Claimはアカウントにとって大きなダメージになりますので、一番最適と考えられる対応を取ってみてください^^

      • ぴーたろさん、返信ありがとうございます。
        今回のお客様には、メールで2回ほど通関や郵便事情についてご説明をしたのですが、まったくそれらはスルーされ、いきなりA-to-Z Claimでした。このため、連絡をこれ以上しても無視されるだろうなと考え、返金対応をとりました。
        ぴーたろさんのアドバイスは次回以降の対応に生かしたいと思います。ところで、ぴーたろさんのようにアカウントヘルスの保護を常に念頭に置いた販売をしている場合でも、A-to-Z claimは受けてしまうと思いますが、どのぐらいの頻度で受けていますか??先輩販売者の状況は、結構励みになるので教えてもらえると嬉しいです・・・

        • ぽんたさん

          その手のお客さんは、どうしても一定の割合で存在していますよね・・・トラブルを最低限に抑えるために、取られた対処法は正解だと思います。
          (Amazon側もそのような顧客がいることを見越してODRを1%まではOKとしてくれているんでしょうね。。もうちょっと甘くしてほしいですがw)
          大事なのは、再発防止に努めることです。今回は追跡なしが原因であれば、それに対する対応策を何かしら考えてみてくださいね^^
          私の実績ではA-to-Z Claimはだいたい数か月に1度といったところでしょうか。過去には連続で受けたこともありました(懐かしい・・・)!笑
          個人輸出 2016年7月成果報告
          特にアカウントが育つまでは連続のクレームで命を落とす可能性もありますので、最新の注意を払って販売をしてみてください!

  3. こんにちは。ぴーたろーさん。
    近頃、zonasinhunter収集数量が減少したんでしょうか?
    大カテゴリーで収集しようとすれば、100万件の収集が
    10万点になっちゃいました。
    これって、なんででしょうか?そんな経験はありますか?
    よろしくお願いします。

    • おおはたさん

      こんばんは!
      Zon ASIN hunterは必ずしも網羅的にデータをとれない場合もありますよね!
      Max ASINの数が10万点になっていませんかー?私はセラーからのデータ抽出が圧倒的に多いです!

  4. 100万点してるんですけど。無理っぽいです。
    確かに自分もセラーがおおいんですが、たまには違うようにしてみようと。
    あと、ぴーたろーさん。オリジナル商品の出品方法のページつてありましたか?
    もしよろしければ、お願いします。

    • そうですか、私もやってみて解決策を見つけられそうであればまたご連絡しますね^^
      オリジナル商品の出品方法は、Amazon輸出初心者の始め方講座の「Amazon輸出で新規商品を登録してみよう」のコーナーに記載をしていますので少しでも参考になれば幸いです!
      結構どのページに何が載っているのか質問を頂くことが多いのですが、やはりサイト構成が見にくいですかね?笑 忌憚のない意見を頂けると嬉しいです^^

      • ありがとうございます。
        自分としては、虫眼鏡を付けてもらいたいですね。
        あと、メアド入力必須も面倒ですので
        アスタリスクなくしてほしいです。

        よろしくお願いします。

        • おおはたさん

          ありがとうございます!
          虫眼鏡というと、検索窓ですよね?それは対応できそうです^^
          コメント欄のメールアドレスの入力はスパム対策のために行っていますが、外しても問題ないか一度実験してみますね♪

          非常に参考になりました!

          ありがとうございました♪

  5. まいどです。ぴーたろーさん。無事にaonazin収集できてました。
    zonasinで収集しているときに出てくる文字画像。
    あれの、自動で入力してくれるアプリかツールは、何か利用されておられますか?
    いいのありましたらお願いします。

    • おおはたさん

      まいどです^^笑

      良かったです!何が原因だったんですかね。。
      とはいえ、ASINは無数にあるので、片っ端から抜いていくのがよさそうですね♪
      文字画像の自動入力ツールは、すいません知らないです><これが自動入力できたら、ロボット判別が無意味になるのでなかなかそのようなツールはないものかと勝手に思い込んでいました・・・笑 力になり切れずで申し訳ありません。。良い情報が入りましたら展開させていただきます!

  6. 最近知ったセラー追跡ツールでamzpectyを利用しています。
    おひまであれば見てください。

    • こ、これは・・・・素敵なツール情報、ありがとうございます><。 早速拡張機能入れてみましたが、とても良さそうです。早速仕入れ担当の外注さんにも導入してもらいました 笑 おおはたさんは先輩セラーなだけあって、本当にいつも勉強になるコメントを頂けて助かっています。おそらくこのサイトのおおはたさんのコメント欄を参考にしているセラーさんもいらっしゃるのではないでしょうかw 今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*