【Amazon輸出News】Zon ASIN Hunter Ver.3.0がリリース

Amazon輸出クリスマス事前準備~2019年ホリデーシーズン完全攻略~

Amazon輸出 クリスマス

ぴーたろです^^

夏も終わりが見えてきて気温も下がりつつある今日この頃。。。

個人輸出セラーの皆様、クリスマスの準備はいかがでしょうか?

これから私たちにとっては、追い風が吹き荒れて笑いが止まらない季節がやってきます。

ぴーたろ

そう、ホリデーシーズンです(*´▽`*)

「え?ちょっと早すぎない?」という声も聞こえてきそうですが、過去にクリスマスをまたいだ販売を経験されている方にとっては、その突っ込みも野暮に聞こえるのではないでしょうか。

しっかり準備をすれば、通常月の2倍以上の売上をあげることも全然可能です!

ぴーたろ

ぴーたろも2016年が初めてのクリスマス参戦だったのですが、この期間は大幅に売上UPを図ることができました!

このタイミングで、売上規模アカウントの評価も大きく伸ばせました^^
>>Amazon輸出 2016年12月成果報告
>>Amazon輸出 2017年11月成果報告
>>Amazon輸出 2018年11月成果報告

年末にかけて、アメリカではクリスマス以外にも注意すべき祝日が存在します。

今回はAmazonから発表されている2018年のクリスマスカレンダーを参考に、クリスマスに向けた販売戦略を考えていきましょう!

プライムデーも抑えておこう!
Amazon輸出において、もうひとつ外すことができない特大ビックセールにプライムデー(Prime day)の存在があります。

プライムデーの概要と準備方法についてはこちらにまとめています。
(参考)
Amazon輸出 商品売れまくるPrime Day(プライムデー)とは?その準備方法

絶対に見逃せない!アメリカで物が売れまくる日!

アメリカでものが売れまくる日として絶対押さえておきたいのが以下です!

2018年11月23日(金) ブラックフライデー(Black Friday)

アメリカでは、感謝祭と呼ばれる祝日があり、この日は家族や友人と集まってみんなでご飯を食べる習慣があります。

ぴーたろ

なんだか楽しそうでいいですね♪

ぴーたろも昔、英語の勉強にフレンズという海外ドラマをよく利用していたのですが、そのドラマでも出てきていたため、なんとなくなじみがあります^^

この感謝祭の翌日が、このブラックフライデーです。

アメリカではこの日からクリスマスプレゼントに向けた買い物のセールが始まり、クリスマス商戦が始まる開会日みたいなイメージです。

ぴーたろ

感謝祭と合わせて、お休みになる会社が多いみたいです!

ブラックと言うと怪しそうですが、これは人混みがお店に集まって、遠目ではお店一面が真っ黒に見えるくらいすごいという様子を表したもので、決してネガティブな意味合いではありません 笑

最近は日本でもAmazonや楽天でブラックフライデーという広告をするようになっているので、なじみのある方も増えてきているように思います。

2018年11月26日(月) サイバーマンデー(Cyber Monday)

サイバーマンデー

続けてやってくるのが、サイバーマンデーです!

感謝祭・ブラックフライデー・土日と4連休となる方が多い中、次に出社をするのは翌月曜日です。

これはアメリカ独特というか、日本ではありえないことだと思うのですが、アメリカの人は、会社のネット回線を使ってインターネットショッピングも普通にしちゃいます。

ぴーたろ

実際Amazonのお客さんからの連絡でも、会社メールから不在を知らせる自動返信を受け取った経験がある人も多いはず。

クリスマス商戦が始まって最初の出社日でみなさんテンションが高めなのでしょうか、この月曜日はみなさん(会社の)ネットを使って買い物をしまくるのです。

我々のようなネット上での販売をする身からすると、サイバーマンデーはブラックフライデー以上に重要とも言えるかもしれません!

2018年12月25日(火) クリスマス(Christmas)

Amazon輸出 クリスマス

最後は、皆さんご存知クリスマスです。

もちろん、この日を意識した販売が非常に重要になるのは言うまでもありません。

ぴーたろ

ち・な・み・に!

Amazon米国の公式情報では、クリスマスに向けた売上のピークはあくまでクリスマス直前のタイミング!

Amazon輸出 クリスマス

12月17日~22日が売上のピークになります!!

FBAセラーのホリデーシーズン攻略のポイントは「在庫の量」と「在庫の納品期限」

FBAセラーがクリスマス商戦で大成功を収めるために、ポイントとなるのはズバリ「在庫の量」「在庫の納品期限」です。

ココを意識していないと、このホリデーのビックチャンスに利益を最大化することはできませんので必ずおさえておきたいポイントです。

ぴーたろ

ぴーたろも毎年、トライ&エラーを繰り返しています!

在庫の量

まずは、なんといっても十分な在庫量を確保しておかなければなりません。

クリスマス商戦で新しく取り扱いを始める商品では難しいですが、クリスマス商戦前までに取扱がある商品であれば、販売実績のデータがあるはずです。

ぴーたろ

そのデータを有効に活用して、最低でも通常在庫量の1.5倍~2倍は在庫を保有しきたいところです。

FBAセラーであれば、在庫を保有するとは、その在庫をFBA倉庫に投入しておくことを意味します。

在庫量が十分でなくあっという間に売り切れてしまうと、年に一度の大量販売チャンスをみすみす逃すことになりますので、これは最低限意識が必要なポイントです。

注意

ホリデーシーズンで初めて取り扱いを始める商品は要注意。

この期間は確かに通常よりも売上があがりますが、売れるかもわからない在庫を強気に抱えるのはやめましょう。

少なくとも、新規取扱いの商材であれば、過去のデータをしっかり分析して精緻な売上予測を立てる必要があります。
(参考)
Amazon輸出 売れない商品と売れる商品を見分ける3つの方法

ぴーたろも実際の販売実績に基づいて仕入判断をしています。

在庫の納品期限

もう一つの重要ポイントが在庫の納品期限を意識することです。

ぴーたろ

ここをミスすると元も子もない。

AmazonFBA倉庫にはクリスマス商戦の間、世界中のセラーからおびただしいほどの荷物が届きます。

そのためホリデーシーズンだけは、Amazonから「いつまでに荷物を納品しておいてください」という事前告知が行われています。

またこの繁忙期の期間は、通常FBA倉庫に荷物が届いて数日ほどで出品が開始されるものが、出品反映までに1週間以上かかってしまう事態も毎年発生しているようなので注意が必要です。

では、2018年のAmazonのホリデーシーズン攻略のため納品期限を確認しましょう!

バッチリ答えが書かれていますね^^

2018年11月5日

2018年12月5日

がXデーです。

11月5日までに荷物を入れなければ、ブラックフライデーとサイバーマンデーまでにFBA在庫が確実に出品状態になる保証はありません。

そして、12月5日までに荷物を入れなければ、クリスマスまでにFBA在庫が確実に出品状態になる保証はないということです。

つまり、これらの在庫の納品期限日付を意識してFBA納品を行うことが、ホリデーシーズン攻略の重要ポイントになります。

ぴーたろ

FBA納品の手順をおさらいしたい方はこちらに詳しくまとめています。
(参考)Amazon輸出 FBA販売の出品方法の基本

ちなみに、過去のホリデーシーズンの納品期限と比較してみましょう^^
ぴーたろがAmazon輸出を初めた2016年からデータをとってます。

2016年

 日付納品期限日納品余裕期間
ブラックフライデー2016/11/25(金)2016/11/9(水)17日前
サイバーマンデー2016/11/28(月)2016/11/9(水)  20日前
クリスマス2016/12/25(日)2016/12/2(金)  24日前

2017年

 日付納品期限日納品余裕期間  
ブラックフライデー2017/11/24(金)2017/11/7(金)18日前
サイバーマンデー2017/11/27(月)2017/11/7(金)21日前
クリスマス2017/12/25(月)2017/12/1(金)25日前

2018年

 日付納品期限日納品余裕期間  
ブラックフライデー2018/11/23(金)2018/11/5(金)18日前
サイバーマンデー2018/11/26(月)2018/11/5(金)21日前
クリスマス2018/12/25(月)2018/12/1(金)26日前

2018年も納品期限の厳しさには平年並みのようですね^^!!

昨年ベースの納品の感覚で頑張りましょう♪

無在庫セラーのホリデーシーズン攻略のポイントは「ハンドリングタイム」

一方、無在庫セラーにとってホリデーシーズンに特に注意しなければならないのは、ハンドリングタイム(Handling time / Fulfillment Latency)の設定です。

ぴーたろ

設定方法はこちらで確認してください!
(参考)
Amazon輸出のFulfillment Latency ( Handling time )の設定方法

クリスマスプレゼントとして商品をネットで買うお客様を想像してください。

荷物が12月25日(クリスマス当日)に届くのと12月26日(クリスマス翌日)に届くのでは、意味合いがまったく異なってきますね!

このような特別な日だからこそ、お客さんは荷物がいつまでに届くのかを非常に重視して注文を行います。

ぴーたろ

当然と言えば当然。

例えば、12月1日時点の注文について、荷物が26日以降にしか届かないような設定をしている場合、12月1日~25日(クリスマス当日)までの期間は売上が思うより伸びない現象になる可能性は大いにあります。

お客さんも、そのような場合は別のストアから商品を購入するでしょう。

ぴーたろ

また、この時期は到着期限が肝が故に・・・

到着が遅れると「クリスマスまでに荷物が届かなかった」というクレームが入りやすい点も要注意です。
(参考)

Amazon輸出悪いセラー評価を受けた時の対処法~Negative Feedbackを消す方法~

無在庫セラーさんは特にこのような点に注意してホリデーシーズンの販売を行う必要があります。

クリスマスシーズンに爆発的に売れる「Toys & Games」カテゴリーの販売条件

さらにホリデーシーズンに注意しておくべき点は、毎年この時期にだけ設けられるToy&Gamesカテゴリーでの販売制限のです。

子供のクリスマスプレゼントとして爆発的に売上がUPするカテゴリーであるため、Amazon側もこの時期だけは誰でも販売OKとはしていません。

ぴーたろ

子供たちの夢を壊さないようにしましょう 笑

この時期に玩具やゲーム等を販売できるのは、一定の要件を満たしたストアに限定されます。

2018年度の販売要件は以下の通りです。

  • Amazon.comでの売り上げが8月18日までに1度でも上がっていること(Toy & Gamesカテゴリーの商品でなくても可)
  • 8月1日~10月1日までに最低でも25個の注文を受けて発送していること(Toy & Gamesカテゴリーの商品でなくても可)
  • 10月1日時点で、Short term(短い期間)のODRが1%未満であること
  • 9月1日~9月30日までのpre-fulfillment cancel rate が1.75%未満であること
  • 9月1日~9月30日までのlate shipment rate が4%未満であること

ODR等の指標について詳しくない方はこちらの記事を参考にしてみてください^^
(参考)
Amazon輸出 アカウントヘルスを維持するための必須知識(アカウント停止を未然に防ぐ)

ちなみに、参考までに2017年度、2016年度の要件は以下。

  • Amazon.comでの売り上げが9月19日までに1度でも上がっていること(Toy & Gamesカテゴリーの商品でなくても可)
  • 9月1日~10月31日までに最低でも25個の注文を受けて発送していること(Toy & Gamesカテゴリーの商品でなくても可)
  • 9月1日~10月31日までに最低でも25個の注文を受けて発送していること(Toy & Gamesカテゴリーの商品でなくても可)
  • 11月1日時点で、Short term(短い期間)のODRが1%未満であること
  • 10月1日~10月31日までのpre-fulfillment cancel rate が1.75%未満であること
  • 10月1日~10月31日までのlate shipment rate が4%未満であること

2018年は販売条件の期間が前倒しになっている分、新規セラーへの販売条件が厳しくなっている印象を受けます。

FBAセラーは安心

上記要件はFBAセラーには適用されません^^

もし上記基準を満たしていなくても、FBA出の販売であれば心置きなくホリデーのお祭りに参加できます♪

おわりに

以上、ホリデーシーズン完全攻略のための最重要事項でした!

販売者側に立つと、クリスマスに大きく利益を出せるという普通の人とは一味違った喜びがあるのが面白いですね^^

ぴーたろもクリスマスの成果報告はすごいものを見せられるように皆さんと一緒にガンバリマス^^

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください