個人輸出(Amazon輸出・eBay輸出) 2017年5月 月収報告


ぴーたろです^^

5月も終わりましたー♪
連日北朝鮮のニュースが続きますね!

ミサイルを発射されまくっていますが、日本を含め国際社会からの経済的な制裁はより強くなりそうです。

北朝鮮にはAmazonはありませんが、Amazonがなくても北朝鮮に向けて商品を輸出している企業は世の中にたくさんあります。北朝鮮自体、最大の貿易取引国は中国ですが、例えば中国の北朝鮮向けの輸出を専門に行っていた会社(または個人)は、今回の経済制裁の波によって輸出が完全に規制されてしまうようなことも起こりえまよね。

貿易をビジネスにしていると、どうしても諸外国の国際情勢によってビジネスが左右されてしまうカントリーリスクが付きまといます。

Amazon輸出ビジネスのリスクを理解しておくでもご紹介しましたが、Amazonに限らず輸出ビジネスを行う際には、他国情勢にも少し興味を持って毎日を過ごしたいですね^^

それでは、前月(2017年4月)に設定した5月目標の振り返りです!

<売上>
Amazon輸出(アメリカ):USD 35,000
Amazon輸出(カナダ):CAD 7,000
eBay輸出:USD 150

今月は何があったかなー、振り返ってみます^^



スポンサーリンク

Payoneerの越境セミナーの参加募集が開始されています!

前回の成果報告のタイミングでは告知にとどまったのですが、Payoneer社の越境ECセミナーの参加フォームが開かれましたのでリンクを載せておきます^^

Payoneer【参加無料】Payoneer Forum Tokyo & Osaka 2017- 越境ECセミナー
Payoneer セミナー

当日はAmazonやeBayに加え、中国EC最大手のアリババも講演を行うようで、その他にも日本郵政やDHLといった物流業者、個人輸出を得意とする会計事務所の方も個別相談会に参加されるようなので、これから個人輸出を始めてみたい方に加え、すでにAmazon輸出を始められている方にとっても非常に価値のあるセミナーになるでしょう!

何より、自分と同じく輸出に興味がある・精通している人に出会えるチャンスはそこまで多くないので、まずは足を運んでみることをオススメします^^

ぴーたろ含め副業の方にとっては平日なのがつらいのですが、定員に限りがありますので、悩んでいる方は是非参加をしてみてください!

Payoneer【参加無料】Payoneer Forum Tokyo & Osaka 2017- 越境ECセミナー

ASIN Approvalを気合で解除成功

先月の成果報告でも少し触れた個別ASINに対する出品規制ですが、無事に解除に至りました

これについては何度かの経験を踏まえ色々と実体験を書けるのですが、最も大切なこと・・・

それは気合と根性です(真顔)!

嘘じゃないですよ、本気で言ってます。笑

Amazon輸出でAmazonに質問をする方法と質問の担当の違いを理解するでご説明済みの通り、Amazonのセラーパフォーマンスチームは、セラーサポートチームと違い非常に威圧的かつ頑固な態度で我々セラーに襲い掛かってくる存在ですが、このASIN規制関連の連絡の相手は、このセラーパフォーマンスチームです^^;

ここで、ぴーたろの経験ベースでのお話となりますが、何度もめげずに連絡をしていると、ごくまれに非常に良心にあふれた神様のようなセラーパフォーマンスチームの担当者に巡り合うことができます。

そう、この神様のようなセラーパフォーマンスチーム担当者からの返事を受けたら、チャンス!!即時にこちらも返事を行い、承認完了までなんとしてもこぎつけてください。

ポイントは、神様セラーパフォーマンスチーム担当者からの返事であることをすぐに察知する事です。これは、何十回(さもすると何百回)も彼らと連絡を取り合っている経験がものを言いますが、一例をご紹介します。

ぴーたろはAmazonから求められた情報がすべて記載された書類を、仕入先の協力のもと作成し、Amazonに提出しました。不備があれば具体的にどこが問題なのかも返答してほしいと伝えています、

まず、一般的なセラーパフォーマンスチームの回答

謎に追加で3つ書類をそろえろと書いてあります。マニュアル上そうなっているのかもしれませんが、そもそもどこが悪かったのか教えてくれていない時点で、自動返信に近い返答になっていると察しがつきます。

一方、きちんとした担当者の回答はこれです。

具体的に何が悪かったのか、ぴーたろの提出したドキュメントに基づいて問題点を指摘してくれていますね^^

はっきり言っておきます。この場合、一般的なセラーパフォーマンスチームの連絡に返事をしても、十中八九承認はおりません(ぴーたろが規制が厳しい商材を扱っているからかもしれませんが・・・)。

そのため、限られた時間で作業をするためにも、このような返事が来たらすぐに申請をクローズして、別の申請として承認をお願いする方が早いです。そして、きちんとしたセラーパフォーマンスチームの方に巡り合うのを待ちましょう。

ぴーたろもこのASIN承認プロセスに関しては、外注さんを入れていません。おそらく英語堪能な外注さんを使って、メールでなく電話でAmazonに質問をするのが最も効果的かつ効率的だと思いますので、このような有事に対応できる外注さんを1人確保しておくこともオススメデス^^

例えば、承認取れたら1万円という成果報酬でも、余裕で回収できますよね♪



スポンサーリンク

Amazon輸出は今後どうなるのか?

ぴーたろは日経新聞は電子版、朝の電車で読むのですが、個人的に衝撃的な記事を発見しました。

日通とアマゾン、貨物集約で安く輸出 中小企業向け
(2017/5/24 日本経済新聞 電子版)

全文が読めない方は、無料会員登録ですぐに読めますので、一度目を通すことをオススメします!

大手メーカー品をメインに扱っている方は大きな影響はないかもしれませんが、中小企業の製品を輸出している人は近い未来、大きな影響を受けるかもしれません。

Amazonはこの先、どのような未来を描いているのでしょうか?

世界の歴史上、特に物品の販売において、これほど多くの一般消費者の集客を実現した企業はAmazonを除いてありませんので、今後どのようなことが起こるのかは誰にも予知できませんよね。

ぴーたろ個人的には、AmazonはAmazonサイトで獲得した大量のビックデータをマーケティングに活用しながら、最終的にメーカー色をどんどん強めていくのかと思っていますが(既にAmazonブランドの商品はたくさん存在しています)、その流れと並行して、メーカーと最終消費者をつないでいる中抜きの業者(卸・代理店・小売店等)をどんどん減らしていく方向にあるのは間違いありません。

こうなると、すごく長い目で見た場合、われわれAmazon輸出セラーはどのよう方向性を決めればいいのか・・・

オリジナルの商品開発や、先に仕入先を抑えてしまうのが賢い選択になるでしょう^^

とはいえ、急に明日から販売している商品が取り扱えなくなる(もしくは、メーカー自体が販売して価格負けしてしまう)訳ではありませんので、このように先を見据えて少しずつ準備をしておけば十分対応可能と思います♪

逆に、今だけ副収入が得られればOK!という方は、転売を突き詰めて効率化を進めていくのも非常にアリな戦略だと思います^^

個人輸出 2017年5月成果報告

それでは今月も収入報告いってみましょー♪

<売上>
Amazon輸出(アメリカ):USD 37,277.76
Amazon輸出(カナダ):CAD 5,863.99
eBay輸出:USD 221.25

<利益>
Amazon輸出(アメリカ):422,988円
Amazon輸出(カナダ):72,453円
eBay輸出:8,210円

今月はがっちり50万円利益出せました^^

米国売上しっかり持ち直しましたー^^♪4月の苦難を乗り越え、しっかり継続的に在庫を補充した結果です!あとは、独自で育てている高利益率商品が地味にインパクトあります(売上は大きくないので、あくまで利益影響が殆どですが)♪

カナダについては、5月中旬に仕入先から値上げ交渉を受けてしまい、メイン商材のひとつを取り扱わなくなったことが売上減少の要因です。こればかりは薄利商品ですのでいつか手を引こうと考えていたので、来るべき時が来たという感じですかね^^;

とはいえ、出品できる商品はまだまだ無数にありますので、これからもアメリカの傍ら、時間があればカナダもリサーチかけていきたいと思います!

eBay輸出に関しては、地味に上がってますよー!Amazonとは別のプラットフォームなので、全く同じ商品であってもAmazonよりも高値で売れることもあります^^コツコツ売り上げを伸ばしていきたいです♪

Twitterは、記念すべき節目を迎えることとなりました・・・

100フォロワー突破!!!ありがとうございます!

100人を超えましたので、前回のご報告通り、何か企画を・・・と考えていたのですが、これからAmazon輸出を始める方向けのメールマガジンを作ることにします(ぱちぱち)!

実はこれ、年初の計画でもあった目標の一つだったので、この企画に便乗して

重い腰を上げる事にします 笑

すでにAmazon輸出やeBay輸出で稼がれている方というよりは、「これから個人輸出を始めてみたい!」という方が読者の大半ですので、そのような方々に少しでもノウハウやモチベーションを還元できるものを作れたら嬉しく思います^^

とはいえ、基本的にはぴーたろの知識や経験はこのサイト内に余すことなく書き綴っていますので、お伝えできることは大きくは変わりませんが・・・サイトには書けないようなよりより具体的なノウハウのお届けもしていきますね♪

とりあえずメルマガの作り方からチンプンカンプンですので製作に取り掛かります(/・ω・)/

6月はお仕事がだいぶ落ち着く時期ですので、目安として7月頃のリリース目標で、いいものを作りたいです(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク

個人輸出2017年6月の目標

6月はメルマガ作成に加えて、もちろんAmazon輸出・ebay輸出も攻めます!というか、6月が1年の中で最も時間があるので、さらにあとひとふんばり外注化を進めて、さらに自動化収入の道を切り開いていきますよー!みなさんもどんどん単純作業は手離れさせていきましょうね^^

それでは、6月の目標はこちらです!

<売上>
Amazon輸出(アメリカ):USD 38,000
Amazon輸出(カナダ):CAD 6,000
eBay輸出:USD 300

アメリカ目標が40,000ドルを超える日も近そうですね!今月も楽しく輸出しますよー♪

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)


“個人輸出(Amazon輸出・eBay輸出) 2017年5月 月収報告” への6件の返信

  1. こんにちは。ぴーたろーさん。輸送会社ですが、FEDEXとDHLに送料交渉していくのですが、
    恐縮ではございますが、
    ぴーたろーさんの、
    2kg の送料と20kgの送料がいくらかおしえていただけますでしょうか。
    よろしくお願いします。

    • おおはたさん

      こんにちは^^
      国際送料の契約内容については、このビジネスの核となる情報ですので、ここで記載をするのは難しいです。
      とはいえご自身で交渉をされる場合は、まずは既存のFBA代行業者の運送コストと比較して、それよりも安ければ自社契約、そうでなければ代行業者を利用するほうがお得かと思います。
      2017年最新Amazon輸出FBA直送代行業者 厳選4社で、国際送料の安いFBA代行業者をご紹介していますので、参考にしてみてください^^

  2. 核となるんですか。。。なんも知らん自分ですいません。
    どうしてもFDAなどが絡むので、自分で契約することにします。
    目標は、とりあえず、全て込みこみで@500以下を目指します。
    おおきにです。

    • おおはたさん
      とんでもないです。実際価格で勝負となると、仕入価格と国際送料の勝負になってきますからね^^;
      FDAに関しては、確かに代行業者で手数料なしで輸出OKとしている業者は稀ですよね。逆に言うとそれさえクリアできればブルーオーシャンで戦えると思います♪
      @500以下であれば十分安いと思います!Amazonが優遇しているクーリエはUPSですので、納品スピードを考えるとUPSも非常にオススメではありますよ^^

  3. ぴーたろさん、割り込み失礼します。
    こちらのサイトを最近見つけて、信頼できそうと確信しています。つきましてはAmazon輸出を始めるのですが、私は出品の手前で、DHLから発送するのですが、そこから関税通過、トラブルがあった場合の対応?皆さんどうやってFBA倉庫に送るのでしょうか?ぴーたろさんはどうやっているのですか?またその辺を書かれた記事があれば教えてください。

    • さとうさん

      こんばんは!
      サイトの訪問ありがとうございます^^
      Amazon輸出を始められたばかりであれば、まずこちらに必要な情報を取りまとめてきましたので、一度目を通してみてください!
      Amazon輸出初心者の始め方講座
      この中のFBA販売編でまとめている箇所を確認いただければ、無事FBA倉庫に荷物を届けられると思います^^
      DHLで発送される場合、注意点としては関税を元払いにすることです。この点だけはお間違えないように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*