【Amazon輸出News】WorldFirst社 為替手数料0.5%に引下げ!

Amazonの偽造品防止 Transparency(トランスペアレンシー)と注意点

Amazon transparency

ぴーたろです^^

Amazonは世界最大級のオンラインEC市場。

市場が大きいだけに、偽造品・偽物・海賊版商品を販売して不正に利益を上げようとする販売業者も後を絶ちません。

今回は、Amazon Transparency(トランスペアレンシー)と呼ばれるAmazonの偽造品の出品を防止プログラムの概要と、出品者として気をつけておきたいポイントを書き残しておきます。

ぴーたろ

「偽物なんて販売してないから関係ないや♪」という発想は要注意。

自覚がなくてもアカウント停止のトラブルに巻き込まれかねない大事な内容ですよー!

商標権違反にも注意
偽造品自体の販売をしていなくても、メーカーが保有している知財権(商標権・特許権等)を侵害する可能性がある販売には注意が必要です。

アカウントを維持しながら販売を続ける力もAmazon輸出では重要になっています。
(参考)
Amazon輸出の知的財産権・著作権・商標権の問題と対処方法

Amazon Transparency(トランスペアレンシー)とは

Amazon transparency  トランスペアレンシー

Amazon Transparencyとは、Amazon市場での偽物販売を防止するために開発されたAmazonのプログラムです。

「Transparency=透明性」という意味の通り、市場での商品の透明性を高めてAmazonのお客さんが偽造品を買ってしまうリスクを下げます。

ぴーたろ

ブランド権利者側からすると、意図しない偽物の販売が横行によるブランド価値の毀損防止に役立つという訳です。

具体的には、このプログラムに参加したブランドの商品には、メーカー側でTransparency Codeと呼ばれる2Dバーコードが貼り付けられることになります。

これはAmazon側から提供される、1枚ごとに固有の英数字の番号が入った印です。

「Transparency Codeがない=正規品ではない=偽物」となるため、Amazonもお客さんも商品が本物かどうか簡単に判断可能となります。

Amazon側の偽造品の見分け方(FBM販売)

Amazon側では出荷形態に合わせて偽造品が流通するのを防ぎます。

セラーが自社で出荷するFBM販売の場合、Transparencyに参加しているブランド商品の出荷に際しては必ずTransparency Codeの番号の入力が必須となります。

ぴーたろ

出荷する商品ごとに入力が必要です。作業負担すごそう・・・(@_@;)

Amazon側の偽造品の見分け方(FBA販売)

FBA販売の場合は、商品がFBA倉庫に入庫されるタイミングで、Amazon側でTransparency Codeのスキャンが行われます。

ここでTransparency Codeがない商品の場合は販売が不可となるため注意が必要です。

お客さん側の偽造品の見分け方

一方、お客さん側ではAmazonのスマホアプリを使う事でTransparency Code自体が本物かどうか読み込める仕様になっています。

出荷と受領の両方で正規品が届けられることを担保するための仕組みです。

ぴーたろ

販売者側からの立場からすると、これを逆手に「偽物が届いた」みたいなクレームをする購入者が表現れれないことを祈りたい。笑

Amazon Transparencyの参加方法・設定方法

Amazon Transparencyに参加できるのは商標を持っていて、Amazon Brand Registry(Amazonブランド登録)に参加しているブランドに限られます。

また、Amazonが加入を促しているプログラムであるものの、このプログラム参加により発生するバーコード費用はメーカー側の負担になります。

ぴーたろ

現状は1コードにつき1セント~5セントです。

Amazon輸出セラーとして気をつけるべきポイントと対策

Amazon Transparencyの基本が理解できたところで、Amazon輸出セラーとして気をつけておきたいポイントも考えてみましょう。

個人的に気になっている注意点としては、ツールで大量販売をしている無在庫セラーさんです。

この場合、Amazon Transparencyの対象商品を販売するときには注意が必要なのはもちろん、販売を意図しない大量出品している商品がAmazon Transparency対象になった場合は注意が必要です。

ぴーたろ

正規のTransparency Codeがない商品を販売してしまうと、最悪一発退場も考えられます。
(参考)
実録!Amazon輸出でアカウント停止を受けた時の対処方法

既に米国ではこのプログラムへの参加ブランドがどんどん広がっていますが、新しくブランドがAmazon Transparencyに参加した場合、販売セラーには1ヶ月の猶予期間が与えられているようです。
Amazon transparency 偽造品対策

ぴーたろ

猶予期間、予想以上に短いですよね 笑

新しくブランドが追加されると、Amazonからメールが届きます。Amazon transparencyとは

この期間で、販売在庫をすべてTransparency Code付きのものに差し替えが必要です。

Amazonのルール変更・規約変更には常に敏感に

以上、Amazonの偽造品防止プログラムAmazon Transparency(トランスペアレンシー)の概要と注意点でしたー!

ご存知の通り、本家の米国Amazonでは世界中のAmazonに先んじて新しいルールやプログラムが発表されます。

今回のプログラムも、Amazon Project ZERO(プロジェクトゼロ)の大きな枠組みのひとつですが、新しい情報はしっかりとキャッチアップしてAmazon輸出に臨みましょう!

ぴーたろ

スピード重視の情報はTwitterで呟くことが多いのでお役に立てたら幸いです^^

それではー♪

8 COMMENTS

Coco

はじめまして。
これから先、日本の商品のますますの需要を確信し、amazonの転売ビジネスにとても興味を持ちました。
1つ質問があります。私は現在、永住権を持ちオーストラリアに在住です。その際、amazonで購入された商品を日本から送ることができないので、Amazonを通して、日本の商品をオーストラリアで販売するというビジネスを行うことは難しいのでしょうか?
日本の口座、クレジットカードは持っております。オーストラリアのABN、口座もあります。ただ、お話の内容はやはり日本在住の方向けなのかなと…こちらに住んでいては成り立たないビジネスになるのでしょうか。
是非教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

返信する
ぴーたろ ぴーたろ

Cocoさん

はじめまして!
とても有利な環境かと思います^^ 豪州在住でも成り立つビジネスです(豪州側から見ると、輸出というよりは輸入業というイメージになりますが)。
ご質問内容ですが、無在庫・有在庫自社出荷・FBAどの販売方法によるのかでアドバイスが変わります。
例えばFBAであれば、現実的には日本で購入した商品を一度日本でまとめて、豪州に送る形で国際送料を抑えることになります^^

返信する
Coco

ご返信ありがとうございます。FBAでまとめて発送するのが一番送料を抑えられそうですよね。
そうすると在庫を持つことが条件になるでしょうか?注文を受けてからまとめてこちらに発送するとなると注文者に届くのが遅くなってしまいますよね?
商品選びのサポートなどはやられていますでしょうか?
オーストラリアは日本の電化製品や、食品の需要がとても多いのですが、輸入制限がとても厳しく日本から送れないものばかりだと思います。アマゾン転売のサポートをしているかたで月々1万円ほどでサポートビジネスをしてる方がいましたが、やはり知識のたくさんあるかたにお願いして始めた方が、初期費用はかかれど収入につながるのかなあと。

返信する
ぴーたろ ぴーたろ

Cocoさん

FBA販売なら在庫を持ちます。
おそらくAmazon輸出の全体像をまだ理解されていない部分もあるかと思いますので、こちらの記事を読んで基本的な内容は把握してみてください^^
Amazon輸出初心者の始め方

記事に書いてないことは気軽に聞いてくださいね^^

私はコンサル等は行っていないです。すいません。自分の経験はすべてこちらのブログに備忘も兼ねてまとめています。
ズバリ言うと、きちんと利益を出せているセラーはサポートビジネス等は割に合わないので行わないはずです。コンサルなどは詐欺も多いので慎重に検討してみてください。
Amazon輸出 コンサル・塾の料金は?本当に入る必要があるの?

返信する
いわた

ぴーたろさん
いつもブログを拝見させていただいております(^^)

早速気になっておりました「Transparency Code」プログラムについての記事が掲載されておりましたので読ませていただきました。
「Transparency Code」は偽造品撲滅のためいよいよアマゾンが本格的に動きだしたんだなと、正規品を売るセラーにとっては、大歓迎であると思う反面、プログラムの要諦が商品1つ1つをシリアル化するということなので、逆に心配な面もあります。

例えば、米国アマゾンで販売する日本のセラーは、様々な日本(国内)向けの商品をアメリカに平行輸入しているパターンが多いかと思いますが、商品がシリアル化されて流通ルート追跡が可能となれば、商品によってはメーカーやアマゾンの販売規制が厳しくなる可能性があるのではないかという気がしております。

とはいえまだ出ている情報があまりなく、プログラムの詳細も見えておりませんので、今後もブログを見ながら情報の確認をしていきたいと思っています(^^)

返信する
ぴーたろ ぴーたろ

いわたさん

こんにちは^^

そうですね、心配なのはAmazon独自のルールに基づいて正規品・偽造品を判別する流れにあるということです。
現状は偽造品と疑われた商品はInvoiceの提出で正規品判定してもらえる形ですが、この段階すらなくAmazonから出品停止・アカウント停止のような判断をされると正直キツイですね^^;
大きな流れは意識しながら販売するのもAmazon輸出には必要な力になっているので、私も引き続き情報共有していきます^^
お互いレベルアップしながら頑張りましょう(/・ω・)/

返信する
いわた

ご返信ありがとうございます!!

ぴーたろーさんのおっしゃる通り知財関連で疑いがもたれた後の対処方法が厳しくなると
アカウント停止になるリスクはかなり高くなり、死活問題になってきますよね。

今回のアマゾンの措置は基本的には長年に渡る偽物販売業者との戦いの強力な一手だと思いますが、これによって米国アマゾンで海外(日本)正規品を売る私たちのような日本のセラーにどんな流れ玉が飛んでくるか見極めないとと思っています。

アメリカ向け流通品以外は偽物業者といっしょくたにされるプログラムだと、海外からのマケプレ出品者は大きなダメージを食らうことになってしまいます。
またそこまででなくても、何事にも一面的でオートマチックに対応を進めるアマゾンなので、来年に日本の商品にタグの貼り付けが始まると一時的そういった判定がされてしまうかもしれません。

これから年末商戦が始まりますのでいろいろ楽しみですが、来年は早々から気を引き締めてやって行きたいと思いますのでどうぞ情報共有をよろしくお願いいたします(^^)

返信する
ぴーたろ ぴーたろ

いわたさん

そうですね!
参考になるコメント頂きありがとうございます^^
情報収集は常に行いながら、お互いうまくEC市場の伸びに乗ってビジネス拡大していきましょー(=゚ω゚)ノ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください