【直近ニュース】Zon ASIN Hunter Ver.3.0がリリース

Amazon輸出はどの程度の英語力が必要か?英語が具体的に必要になる場面は?

ぴーたろです^^

Amazon輸出をこれから始める人にとって、このビジネスの大きな参入障壁のひとつが”言葉の壁“です。

「輸出ビジネスを始めてみたいけど、お客さんはもちろん外国人。英語ができなくても大丈夫なのだろうか・・・」そんな不安を持つ方も多いと思います。

ぴーたろ

実際によく質問受けます(=゚ω゚;

今回は、実際にAmazon輸出を行っているぴーたろが、どのよな場面で英語が必要になるのかどうかについて解説をしてきます^^

Amazon輸出では英語が必要か?

まず、結論から申し上げましょう。

Amazon輸出で英語は必要・・・・・・・・

 

・・・・・

 

・・・

 

・・

 

ぴーたろ

あります!!笑

巷では、このビジネスの魅力を伝えたり、出版している本の売上を伸ばそうとするあまり「Amazon輸出には英語は必要ない」なんて情報を見かけることもありますが、実際にAmazon輸出セラーの私の経験から言わせると、Amazon輸出に英語は必ず必要です

ただ、これを聞いて「やっぱりね!Amazon輸出は諦めよう。。。」と思った方、少し待ってください!

これから、実際にAmazon輸出で英語が必要になるケースを具体的にお伝えしていきますが、あくまで英語が必要なだけで、高い英語力が求められるケースは殆どありません。

また、近年Amazon米国は日本語化対応が進んでおり、どんどん英語が必要なくなっている環境が整えられているのも事実です!

まずは具体的にAmazon輸出のどのような場面で英語が必要になるのか見ていきましょう^^

Amazon輸出で英語が必要になる場面

実際にAmazon輸出を体験したことがない方もイメージできるように、少し詳しめに説明していきます^^

Amazon輸出の管理画面等はすべて英語表記

まず、当然ではありますが、Amazon輸出はアメリカやその他の国々のAmazonを利用して販売を行っていきますので、管理画面(セラーセントラルと呼ばれる。以下「セラセン」)はすべて英語表記です。

こんな感じに・・・
Amazon輸出 英語 必要

しかしながら、これは初心者の方でもすぐに慣れ、問題なく操作できるようになります!書いてある英語も難解なものはありませんので、Google翻訳などを使えば簡単に意味が理解できるはずです。

また、AmazonはUIが優れていることでも有名ですが、日本のAmazonで販売を行ったことがある方であれば、ボタンの配置なども殆ど同じなので、抵抗が少ないかもしれません^^

これは英語が苦手な方でも、必ず克服できる程度の壁かと思います。

※2016年12月追記
Amazonでのセラーセントラル画面が日本語切り替え可能となりました!!切り替えの仕方はこちらを参照ください!
>>Amazon輸出で英語が必要なくなったって本当!?最新のAmazon輸出英語事情

お客さんからの連絡対応に英語が必要

Amazon輸出ではお客さんからの連絡はすべてセラセンを経由して送受信します。

このお客さんの連絡ですが、Amazonセラーとしての販売パフォーマンスを図られる「Account Health」という指標を健全に維持するため、24時間以内の返信が求められています。

ぴーたろ

お客さんからのすべてのメールは受信後Amazon側で時間が測られ、24時間以内に返信ができないとAccount Healthが悪化する仕組みになっています。

お客さんからの連絡はもちろん英語ベース。回答も英語ベースです。

どのくらいの件数のメールが届くのかについては、販売ボリュームによって大きく異なりますし、FBA販売を採用していれば顧客クレーム対応もAmazon側が無料で代行しれくれます♪
(参考)
Amazon輸出の「無在庫販売」と「FBA販売」は結局どっちがオススメなのか?

ぴーたろも今では、お客さんから毎日何かしらのメールが届いている状態になっています。
外注スタッフさんが毎日対応してくれてます^^)

お客さんからの連絡というのは例えば以下のようなものです。

  • 商品が届かない・壊れているというクレーム
  • 商品やサービスに満足したというサンクスメール
  • 返品や返金をしてほしいという連絡
  • 出品している商品の仕様に関する質問

などなど・・・

挙げだすときりがないのですが、Amazon輸出を始めるとお客さんからの連絡は24時間以内に返信ができる状態にしておく必要があることを覚えておきましょう^^

Amazonからの連絡の対応に英語が必要

Amazon輸出で英語を使ったコミュニケーションを図る機会は、何もお客さんとの連絡だけではありません。

Amazonからの連絡に対応するケースが存在するのです。

なお、Amazonから連絡を受けて返事が必要なケースの多くは”非常事態”になります。
例えば以下のようなケースです。

特定ASINについて出品が取り消され、必要書類の提出を求められる
アカウント停止を受けて、必要な対応が求められる
Amazon側の提供するプログラムやツールに招待される

ぴーたろ

一番下のケースはいいとして、上2つのケースは最悪ですね。

ぴーたろ自身、Amazon側から連絡を受けて英語で返信をするときは気が重くなる内容の事が多いですね 笑

この有事の英語対応については、先ほど述べたお客さんへの連絡よりも重要性が高いです。

もし的を得ない返信をしてしまうと、アカウントの存続自体が危ぶまれるリスクがあるため、きちんと指示に従った対応をする必要があります。

Amazonに質問をしたいときに英語で質問

これは、「Amazonに質問なんてしないよ」という方にとっては関係がないのですが、普通にAmazon輸出を行っていればAmazonに質問したくなる場面はたくさんあります。
(参考)
Amazon輸出でAmazonに質問をする方法と質問の担当の違いを理解する

ぴーたろ

ぴーたろも未だにほぼ毎日のようにAmazonに連絡をしてますね 笑

本やインターネットに載っている情報はあくまでAmazon輸出ビジネスの一部の情報でしかありません。

インターネットで情報を探すよりも、自分のアカウントに個別的な内容であればAmazonに直接質問をしてしまったほうが解決スピートが早いケースも多いはずです。

また、Amazon輸出で売上アップを図るためのカテゴリー申請の際にも英語で文章を書くことが求められます。これもAmazonに質問をしたいケースと同様、自分から能動的に英語で連絡をする場面になるでしょう。
(参考)
Amazon輸出 販売カテゴリーの申請方法と承認をとるためのテクニック

副業でもAmazon輸出を本格的に行いたい方は、自分で聞きたいことをAmazonに質問できるレベルの英語力は必要になるのが現実です。

2016年12月追記
Amazonへの質問も日本語対応可能となりました!詳細はこちらで!
>>Amazon輸出で英語が必要なくなったって本当!?最新のAmazon輸出英語事情

Amazon輸出で英語の話す能力は求められる?

「読み書きはできても、電話となるとちょっと・・・」という方も多いと思います。

実際に日本人は英語のリーディングやライティングはできても、スピーキング能力が低いことはよく言われますよね^^;

実際にAmazon輸出で英語の電話がかかってくることはあるのでしょうか?

ぴーたろ

答えとしては「なくはない・・・」です。。笑

先ほど述べたAmazonからの連絡に対応するケースとして、現地から直接電話がかかってくることが稀にあります。

初めて携帯に「米国 カリフォルニア州」と表示された着信が来たときはギョッとしたのを覚えています 笑

ぴーたろは最初、つたない英語で対応をしていたのですが、ある日仕事中でどうしても電話に出れないケースがありました。

その体験から気づいたのですが、電話がかかってきても、電話にでることがなければ、優しいAmazonはメールで連絡をくれますのでご安心ください。

そのため、英語を話す能力は、電話に出ないと決め込めば現状では不要と考えて頂いてもいいと思います 笑

英語がどうしても苦手な方の対策

以上がAmazon輸出で英語が必要になるケースです。

ぴーたろ

慣れればなんてことはないのですが、最初は気になりますよね|д゚)

実際これ以外に英語が必要となるケースもなくはないのですが、大きなところではAmazonセラーの登録の際に英語を読む場面くらいです。

Amazonの始め方については、実際の操作画面も入れて説明をしているので、そちらを見て頂ければクリアできるかと思います^^
(参考)
Amazon輸出の始め方STEP1~海外口座を作ろう~

それでは、Amazon輸出では英語が必要になることは理解できたら、どのような対応策があるか考えていきましょう。

Google翻訳を使い倒す

Google翻訳はGoogleが無料で提供している翻訳ツールですが、これを使えばある程度の英語は日本語で理解することができます。

100%バッチリな翻訳でないこともあるので日本語を英語に翻訳するツールとしてこれだけに頼るのは少し危ないですが、お客さんとの日常の連絡くらいであれば、少しつたない英語でも理解してます(クレームの時の返信には使わないでくださいね^^;)。

また、Amazon輸出の最強の事前準備でも解説した通り、Google Chromeを使えば拡張機能を利用することで、マウスオーバーするだけで英語を日本語に翻訳してくれるツールなども存在します^^
例)Weblioポップアップ英和辞典

英語が苦手だけれども、自力でなんとかしたいという方は、このようなアイデアでAmazon輸出に取り組むことも可能かと思います。

※個人的には、高校生くらいまで英語能力があれば、この方法でほとんどのケースは対応可能かと思います^^

英語専門の外注を雇う

英語がさっぱりという方に個人的にお勧めなのが、外注を雇う方法です。

「雇う」という言い方をすると仰々しく聞こえるかもしれませんが、有能な外注スタッフさんとつながっておくことはAmazon輸出ビジネスを有利に進めるうえで大切です。

特に、毎日作業が発生するわけではなく、かつ日中もタイムリーに返信がほしい作業内容になりますので、主婦などの英語が得意な方などに手伝ってもうのがいいでしょう^^

ぴーたろ

ぴーたろも外注さんに手伝ってもらうことあります^^

外注さんの探し方はこちらの記事で紹介していますが、世の中には空いた時間で少しのお小遣い稼ぎができればいいという方もたくさんいらっしゃいますので、まずはどのような方がお仕事を探しているか見てみるのもいいでしょう!
(参考)
Amazon輸出成功の鍵 外注化の方法STEP1(外注スタッフを採用する)

まとめ

以上、Amazon輸出での英語の必要性と、その具体的ケース、実際の対応策でした!

もちろん、英語は自分でできたほうがストレスもなく有利であることには間違いありません。

しかしながら、今回ご紹介した外注を雇うというテクニックを応用すれば、英語圏以外の市場でビジネスをすることも可能です。

Amazonは現在、英語圏以外の国として以下の市場に進出しています。

  • ブラジル
  • メキシコ
  • ドイツ
  • フランス
  • イタリア
  • スペイン
  • オランダ
  • 中国
  • トルコ

もし外注さんを使って、自分が得意でない言語の市場に進出することができれば、まだまだブルーオーシャンの市場でビジネスをするチャンスが広がっていることに気付くのではないでしょうか^^

ちなみに、英語圏という意味で、アメリカを制したら次は難易度の低いカナダ市場をオススメします♪
>>Amazon輸出カナダ市場への進出方法と注意点

今回は初心者向けの内容となりましたが、既にAmazon輸出に取り組まれている方にとってのヒントにもなれば幸いです。

それではー♪

4 Comments

yudai

英語がどの程度必要なのかずっと気になっていたので参考になりました。
ありがとうございます^^

返信する
ぴーたろ pitaro

yudaiさん

いつもサイトに訪問頂きありがとうございます^^
書き忘れたのですが、翻訳にはコニャックという翻訳専門サイトも有効です。
個人的には外注化が一番安上がりでストレスがないと思いますが、単発の翻訳であれば利用してみてください^^

返信する
かずゆき

ここ最近サイトを拝見しております。 今、7月まで勤めていた会社を退職し、縛られない働き方をと思い、以前から興味のあった個人輸出を始めようと思っております。
 英語力は皆無で、スペイン語が多少話せるので、ラテン語圏でやって行こうかなと考えております。

まったくのゼロからのスタートになりますが、ぴーたろさんのページなどを参考にし勉強している最中です。
今後もたくさん質問してしまうかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

返信する
ぴーたろ pitaro

かずゆきさん

はじめまして^^
お仕事を退職されたのですね!!新たなスタートですが、頑張ってくださいね!
私も副業ですが、1年半以上本気で取り組んでそれなりに安定した売上と利益を上げれるようになりました。
私のレベルでよければ、Amazon輸出・ebay輸出分かる範囲で回答させていただきます^^
いつでもサイト内コメントでご連絡くださいね^^

こちらこそ、よろしくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください