Amazonのセラーアカウント名義を変更する手順と注意点


ぴーたろです^^

今回はAmazonのセラーアカウントの名義を変更する手順と、実際に変更するにあたって事前に知っておいてほしい注意点を書き残しておきます。

ご存知の方も多いように、Amazonではアカウントの乗っ取り事件が相次いでおり、2017年からは2段階認証の登録が必須となりました。

このような流れの中、Amazon側もアカウントの名義変更や振込先口座の変更などには目を光らせています。

実際に名義変更のやり方を間違えると、不正な変更であるとの疑いが掛かってアカウントが一時的にロックされてしまう事例もあるため注意が必要ですよー( ノД`)

なお、今回はAmazon輸出アカウント(米国Amazonの販売アカウント)の名義変更の手順を記載しておきますが、国内アカウントの名義変更の際にも通じる内容ですので参考にしてみてください^^



スポンサーリンク

Amazonの名義変更が必要なタイミング

Amazon 名義変更

そもそも、Amazon輸出で名義変更が必要になるケースはどのようなパターンなのでしょうか?

ひとつは、Amazonアカウントの担当者が変更するようなケースです。

例えば従業員の名義でAmazonアカウントを作成していた場合、その従業員が会社を辞めてしまえば、名義変更をしておかないと色々と不具合が起こりますよね。

もうひとつはAmazonのセラーアカウントを譲渡した時です。

Amazonのセラーアカウントは売買サイトを経由して第三者に売却することができますが、そのような事業譲渡の際には名義変更が必要になります。
(参考)Amazon輸出をやめる前に!アカウント譲渡で売るのがオススメ!

Amazonセラーアカウントの名義変更の手順

Amazon輸出のセラーアカウントの名義変更を行うための手順は以下の通りです。

1.Tax Reviewの再提出(同時にLegal Nameの変更が行われる)
2.Physical addressの変更(住所情報の変更)
3.Credit cardの変更(クレジットカード情報の変更)
4.Bank accountの変更(銀行口座情報の変更)

上記4情報を1~4の順番で変更をすればOKです。

過不足なく4項目の変更をする必要がある点に注意をしてください。

いずれもセラーセントラルのAccount Infoから変更できますので特に迷うことはありません。



スポンサーリンク

名義変更の際の注意点

Amazon 名義変更 アカウント停止

アカウント情報を変更すること自体はものの10分ほどで完了するのですが、変更によりセラーアカウントが停止になることがないよう、以下の点に気を付けてください。

事前に必ずセラーパフォーマンスチームの承認を得る

まず最も重要なポイントがこれ。必ずAmazonのセラーパフォーマンスチームの事前承認を得て、名義変更が不正な乗っ取りではないことを通知しておきます。

方法としては、まずアカウント名義変更を行う必要がある理由(ストア責任者が変更になった等)と変更方法をセラーサポートに質問します。

このとき、セラーサポートチームの担当者によってはそのまま変更してOKと言う人もいますが注意して下さい。

必ず「アカウント停止等のトラブルを避けたい」ことをきちんと明示し、セラーパフォーマンスチームへ引き継いでもらうほうが無難です。

あくまでアカウントのチェックをする部署であるセラーパフォーマンスチームに、名義変更の一報を入れてOKを貰っておくほうが、アカウント停止のトラブルになりにくいのは確実です。
(参考)Amazon輸出でAmazonに質問をする方法と質問の担当の違いを理解する

クレジットカード情報と銀行口座情報は変更後名義に合わせる

次に気を付けておきたいのが、クレジットカード名義や銀行口座名義です。

これは変更後の名義と一字一句一致させておく必要がります。

変更後名義のクレジットカードや銀行口座を持っていない場合には、セラーアカウントの名義変更を行う前に必ず事前に用意をしておきましょう。
(参考)個人輸出(Amazon輸出、ebay輸出)でお勧めのクレジットカード
(参考)Amazon輸出 Payoneerの手数料と口座開設方法($100キャッシュバック)

銀行口座情報の変更には、変更前の口座番号が必要

最後に知っておきたいのが、銀行口座情報を変更するときには、変更前の銀行口座番号が必要になるというポイントです。

これは不正ログインによる売上受取口座の変更を防止するセーフティーネットの役割を果たしています。

冒頭に述べたように従業員の名義変更などであれば問題はないのですが、アカウントの譲渡により名義変更を行う場合には必ず譲渡主から銀行口座の番号を事前に入手しておく必要がありますね^^

適切にアカウントの引き継ぎができるよう、お金を払っておしまいにしないように注意してください!

Amazon輸出用の銀行口座はPayoneerがオススメです。
(参考)Amazon輸出 Payoneerの手数料と口座開設方法($100キャッシュバック)

販売ロスを起こさないためにもアカウントの名義変更は細心の注意を払って!

以上、Amazon輸出のセラーアカウントの名義変更の手順と注意点でしたー!

実際にAmazonで商品を販売している身からすると1日たりとも販売ロスは起こしたくないところですので、このようなセンシティブな変更をするときには細心の注意を払って対応をするようにしてください。

なお、今回の内容はぴーたろがAmazon.comの担当者様から直接頂いたWordマニュアルも参考にしていますが、Amazonの規約やルールは日々変化していますので、実際の名義変更の時には必ずセラーサポートチームやセラーパフォーマンスチームに細心の変更方法を確認してくださいねー^^

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*