Amazon輸出 FBA販売のやり方・出品方法(②納品手続)


ぴ~たろです^^

皆さん前回のステップのFBA商品の登録は無事にできたでしょうか?

無在庫をしっかりマスターされている方にとっては、FBAも無在庫も操作方法はほぼ変わらず簡単にできましたよね♪

次はいよいよアメリカのAmazon倉庫へ商品を送る準備をしていきます。

FBAへ商品を納品するためには、以下のステップがあります!

・FBA Shipmentの作成
・Invoiceの作成
・梱包作業、ラベル添付作業
・出荷
・出荷後の出荷情報の入力

一度に書くとすごい量になりそうなので、今回はFBA Shipmentの作成について説明します!

作業が少し多いですが、慣れればスムーズにできていくので、一つ一つ丁寧に作業していきましょう^^



スポンサーリンク

FBA shipmentの作成画面

まず、Seller CentralにてFBA shipmentを作成していきます。

これは、Amazonに対して、「今からこういう中身のはいった箱をFBA納品しますよー!」と伝えるための工程です。

商品名・数量・運送会社などの情報を詳細に記載していきます。

まず、Inventory > Manage FBA Inventory を選択します。

※事前にFBA納品したい商品をFBA登録できていることを前提に説明をします。
FBAの商品登録についてはAmazon輸出 FBAの出品について(①商品登録方法)を参照ください。
Amazon輸出 FBAの出品について(②出荷方法)

ここから、今回納品したい商品を選択していきます。

納品する商品の選択

FBA登録商品が少ない場合

1つ目は、まだFBA登録した商品がすくない場合に最適な方法です。

商品一覧の先頭にチェックボックスがあるので、納品したい商品を選択します。
(複数ある場合は一気に選択しちゃいましょう!)

選択し終わったあとは、上部の「Send/replenish inventory(デフォルトはこれになってます)」で、「Go」ボタンを押します。
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法)

FBA登録商品が多くなった場合

2つ目は、FBA登録した商品が多くなってきた段階です。
(もちろん、少ない段階でこの方法を取っていただいても構いません^^)

具体的には、ASINやSKUで検索してShipmentに追加していく方法です。

Searchボックスに納品したい商品を1つ入力し、さきほどと同じように「Send/replenish inventory(デフォルトはこれになってます)」で、「Go」ボタンを押します。
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法)
この場合、1つずつしか選択できないですが登録商品が多い場合はこちらが最適です。

他に同梱したい商品がある場合は、あとからShipmentに追加できるので追って説明します。
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法



スポンサーリンク

出荷元住所・納品数量の入力

「Go」ボタンを押した後は、1つ目でも2つ目の方法でも以下のページに飛びます。

赤丸で示した方を選択して、「Continue to shipping plan」を押します。

※真ん中の「Ship from」の箇所は、デフォルトではAmazonのアカウント作成時に登録した住所が載っていますが、その住所から発送しない場合は、発送元住所に変更をします。

変更は、その下の「Ship from another address」をクリックすると変更画面になります。

FBA納品を外注していたり、業者に任せている場合は、この住所を発送元住所に変更しておきましょう。
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

次に「Set Quantity」というページに移ります。

ここでは、納品する商品の個数を入れていきます。

また先程の”FBA登録商品が多くなった段階”で記載したように、このページで商品の追加をすることができます。

下の画像に示した「Add Products」ボタンを押すと、登録されている商品が表示されます。
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

ここで、「ASIN,SKU」を検索して商品を探すのもありですし、すぐに見つかる場合は商品名横の「Add product」を押して追加するも良しです!^^

「Add product」を押すと、上の画面の納品する商品の一覧に指定した商品が追加されます。
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

追加完了して、納品する数量を入れたら「Continue」を押して次に進みましょう♪
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

商品ラベルの印刷

次に「Label Products」のページに移ります。

ここでは商品に貼るラベルを自分たちで貼るか、Amazonに貼ってもらうかを選択できます

この商品ラベルはAmazon倉庫に荷物が届いたときに、Amazon側がどの商品がどの数量届いたのか識別する為に必須なものとなります。

※貼り忘れなどがあると、FBA納品時にAmazonから警告を受けたり納品が遅延したりするので、しっかりラベルをはっていきましょう!

Amazonに貼ってもらう場合はお金がかかってしまうのでぴーたろは自分で貼ってます!自分で貼る場合は「Merchant」を選択します。

また、自分で貼る場合は専用のシール用紙にラベルを印刷する必要があるので、ラベルサイズを選択して「Print labels for this page」をクリックします。

するとPDFがダウンロードされるので専用のシートで印刷しましょう♪
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

なお参考までに、ラベル印刷をする専用のシール用紙には、ぴーたろは以下のものを使っています!

安くてきれいに貼れるのでオススメです^^

※ラベル印刷時に44枚ラベルを添付するには、「44-up labels 48.5mm×25.4mm on A4」を選択します╭( ・ㅂ・)و̑

※Amazon輸出の商品ラベル貼り付けについては、こちらの記事もご確認ください。
>>Amazon輸出Manufacturer barcode FBAの商品ラベル貼りが不要になりました!

スポンサーリンク

出荷情報の入力

次にshipmentの名前を決めます!

これは自己管理に使うものなので、なんでも大丈夫です^^
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

次のページに移り、情報を確認して「Work on shipment」を押します!
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

続いて、配送情報を記入していきます。

まず「2.Shipping service」について説明します!

Shipping methodは、「SPD」を選択します。

フォークリフトやパレットなどを使って運ぶような大きい荷物の場合は「LTL」を選択しますが、通常は使うことは少ないはずです。

Shipping carrierは、運送会社を選択します。ドロップダウンリストから選択します♪

DHL、Fedex、UPS等の大手クーリエなどが選択できますが、それ以外を使うのであればotherを選択しておけばOKです。

※ちなみに、Amazon.comはUPSと業務提携をしているため。UPSを利用することでFBAの荷物が倉庫に届いて出品開始されるまでの期間が短いと言われています。
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

次に、「3.Shipping packing」です。

How will this shipment be packed? とは、どのように梱包をしているかという質問です。

ぴーたろは、複数の商品を一つの箱に梱包しているので「Everything in one box」を選択します。

自分の梱包方法にあったものを選択してください。

これに回答すると、箱のサイズと重量の記入欄が表示されるのでinchとlb.に変換して記入し、「Confirm」を押しましょう^^
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

次に「4.Shipping labels」についてです。これは、梱包した箱に貼るものになります。

Amazon倉庫に届いた時、Amazon側で誰のどの発送分かを識別する為のラベルです。

印刷タイプは「Plain Paper」を選択してダウンロードしましょう!これは専用ラベルでなく、普通紙での印刷でOKです^^

全て終了後は、「Complete Shipment」を押します!
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

これにてShipment作成は終わりです!(•̀ᴗ•́)و ̑̑

出荷結果をAmazonへ通知

Shipmentの作成が終わったら、実際に出荷をしていきます。

郵便局のEMSを使われている方も、クーリエ業者を使われている方も、通常は集荷を呼んで自宅から発送をできるはずです。

(FBA納品代行業者を使われている方は、そちらの業者のルールに従ってください。)

出荷を行ったら、出荷した荷物に追跡番号(Tracking number)が付与されます。

出荷後は、Amazonに対して、出荷をしたという通知とこの追跡番号を連絡する必要があります。

Shipmentの作成が終わると、セラセン>Inventory>Manage FBA Shipmentsに、作成したShipmentが表示されます。

この中から、出荷をしたShipmentの「Track Shipment」を選択してください。
Amazon輸出 FBA出荷

※出荷前であれば、上図の上から4つ目のように、Statusの欄が「READY TO SHIP」(出荷準備中)となっているはずです。

該当のShipmentを選択すると、このような画面が表示されます。
Amazon輸出 FBA納品

そこで、まず画面右上の「Mark as Shipped」をクリックしてください。

これにより、Amazonに対して、FBA出荷を行ったという通知ができます。

※ここをクリックすると、ひとつ前の画面のStatusの欄が「SHIPPED」(発送済)に変わります。

また、画面左下の「Enter tracking number」に、出荷した荷物の追跡番号(Tracking Number)を入力してください。

※この入力により、この画面から荷物の追跡状況が逐一反映されます^^

FBAの荷物を送ったものの、Amazon側に出荷をした旨を伝えていなければ荷受けがされなかったり、荷受けをされても自分の在庫に反映されるまでに時間がかかったりします。

出荷後はこの作業を忘れずに行うようにしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

以上、FBA納品の際のセラーセントラル上での処理を説明しました^^

これはすべてのFBAセラーが覚えなければならない流れなので、必ずマスターしてください。

次に出荷の際に欠かせない、Invoice作成について説明をします!
Amazon輸出 FBA販売の出品について(③インボイスの作成)

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)


“Amazon輸出 FBA販売のやり方・出品方法(②納品手続)” への11件の返信

  1. こんにちは。ぴーたろーさん。
    お忙しいところすいません。
    FBA直送でFEDEXを使います。
    インボイス納品合計金額 57万では
    出荷しないほうがいいですか?
    20万以下で、数回に分けて納品するほうがいいでしょうか?
    それとも もっと低い金額で数回に分けて納品するほうがいいでしょうか。
    よろしくお願いします。

    • おおはたさん

      こんにちは!
      インボイス金額については、極力20万円以下に抑えたほうが無難かと思います!実際に私もそのように気を付けています。
      価格が高くなると、通関時に検査に引っかかる可能性が高まると言われている事に加え、20万円を越えた輸出を行う場合は税関へ事前に輸出入申告を行い承認を得る必要があるためです。

      ただ、個人的な感想としては、金額はどうであれ、関税はかかるときはかかりますし、かからないときはかかりません。こればかりは運の要素が強いですが、大事なのは自分の出荷情報をきちんとデータとして蓄積しておくことです^^
      データが増えてくると、実際に自分の取り扱い商材の商品ではどのようなものが関税がかかりやすく、通関時に止まりやすいかなどの情報が見えてきますよ!

  2. コメント失礼します。
    FBM出品の場合、Amazonの倉庫に商品を納品する必要はないということでしょうか?あと商品ラベルは貼る必要はないということでしょうか?

  3. はじめまして!いつもブログで勉強させていただいています。
    今までFBMで販売していて、FBAにチャレンジしようとしています。
    その中でリチウム電池等の危険物の取り扱いに悩んでいます。

    日本郵便で送る時には「リチウムは必ず埋め込む」「1つの荷物の中に埋め込みリチウムは2個まで」といったルールを守っていれば、単電池や組電池、容量やワット数を考えなくても特に問題はありませんでした。今回UPSでのFBA納品を考えているのですが、同じようなルールの認識で問題ないものでしょうか?
    仮にリチウム内蔵商品の3個以上の同梱が不可とすると、PSPや3DS等を扱っているセラーさんはどのように納品しているのでしょうか?
    もし個数制限が厳しかったり、都度MSDS等が必要になるのであれば商材としてリチウム内蔵商品は厳しい印象があります。。。

    ぴーたろさんの経験談や対応方法を教えていただけると嬉しいです!

    • みのさん

      はじめまして^^

      クーリエは、各社思いのほか輸送ルールが異なります!
      法律上はOKなものでも、内部的なルールを優先して輸出の取り扱いができないケースも実際にありますよー!
      (参考)個人輸出(Amazon輸出・eBay輸出) 2017年7月 月収報告

      そのため、まずは直接UPSに確認をしてみてくださいませ。代行業者を利用されている場合は、業者に問い合わせてもクリアになるはずです^^

  4. ありがとうございます!
    参考にさせて頂きます。
    お忙しいところ貴重な情報ありがとうございます!

    • みのさん

      障壁が高い商材ほど大きな利益率になる傾向があるので、頑張ってください♪
      またいつでも遊びに来てくださいませ^^

  5. こんにちは!
    いつも勉強させて頂いています。

    納品プラン作成時に、amazon.com上ではEANコードが表示されると思います。
    ただ実際には納品する商品は、amazon.com表示のEANコードと違うJANコードが記載されていることが多いです。
    amazon上でどちらのコードで検索しても同じASINが表示されているので、システム上で紐付けられてるとは思うのですが。。。

    こういった商品を製造者バーコード(納品プランには表示されていないJANコード)で納品しても大丈夫でしょうか?
    今までも同様のパターンで無事納品されていはいるようですが、最近そのことに気がつきまして。。。

    お忙しいところすみませんが、アドバイスを頂けると嬉しいですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*