【Amazon輸出News】Zon ASIN Hunter Ver.3.0がリリース

Amazon輸出 FBA納品情報の入力方法(FBA販売の始め方の手順2)

Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

ぴーたろです^^

今回は、Amazon輸出でFBA販売をするために必要となるFBA納品情報の入力の仕方を解説します。

ぴーたろ

アメリカAmazon倉庫へ「この商品を送りますよー!」という内容連絡です。

手入力CSVのアップロードがありますが、慣れて来たらCSVアップロードもオススメです。

それでは早速確認していきましょう。

正確な納品情報の入力を!

詳細は後述しますが、ここで間違った情報を入れて出荷をしてしまうと後々面倒なことになります。

特に初めての出荷作業の方は丁寧に読み進めてみてください。

FBA販売を始めるための4ステップ

まずは全体像のおさらいです。

FBA販売をスタートさせるのに必要な手順は4つのステップに分かれます。


STEP.1
FBA販売を行うためにFBA販売用のSKUとして商品を事前に登録します。
STEP.2
登録したFBA販売用のSKUの中から、実際にAmazonの倉庫に納品する商品と商品数を登録します。
※出荷先を取りまとめるのがコツ!
STEP.3
実際に通関用の書類等を作成し、商品をFBA倉庫に出荷します。
※FBA代行業者の選び方がポイント!
STEP.4
出荷した商品が無事にFBA倉庫に到着したかを確認します。

ぴーたろ

今回はこのうちSTEP2を解説します♪

納品情報(FBA Shipment)を作成する

事前にFBA販売用に登録しておいた商品は、「Manage FBA Inventory」画面で商品が一覧化されています。

Amazon輸出 FBAの出品について(②出荷方法)

まずは、今回納品をしたい任意の商品をひとつ選択し右側の「Send/replenish inventory」を選択します。

Amazon輸出 FBA やり方

すると、AmazonのFBA倉庫に納品するための納品情報入力画面に移動します。

出荷元住所の入力をする

納品情報入力画面では、通常以下の通り選択をします。

  1. Create a new shipping plan
  2. Ship from(出荷元住所を選択)
  3. Indivisual products

Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

Ship from(発送元住所)

「Ship from」の箇所は、デフォルトではAmazonのアカウント作成時に登録した住所が載っています。

FBA納品代行会社外注スタッフなどを使っていて、自宅住所から発送しない場合は適宜発送元住所を変更をします。

納品する商品と数量を入力する(Set Quantity)

次に「Set Quantity」というページに移ります。

ぴーたろ

ここでは、納品する商品とその個数を入れていきます。

Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

右上の「Add products」ボタンを押すと、以下のような検索画面が表示されます。

ASIN情報や商品タイトルを入力して該当商品を選択して追加していきます。
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

ぴーたろ

10種類の商品をまとめて納品するなら、ここで10種類すべてを選択します。

すべての商品を追加できたら、最後にそれぞれの納品数量を入力して「Continue」を押して次に進みましょう♪
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

CSVアップロードも可能!
ここまでの作業は、Web上の手入力以外にもCSVでアップロードして納品情報を取り込む方法もあります。

納品するSKUの種類が多くなってきたらCSVアップロードが便利なので、その方法も理解しておきましょう。
(参考)
Amazon輸出 FBA納品情報を効率的にCSVでアップロードする方法

梱包方法の確認(Prepared Products)

次に進むと、先ほどの商品に対して特別な梱包の要否が表示されます。

何も表示がされなければ何も考えずに納品をしてOKですが、指示があれば注意が必要です。

Amazon輸出 FBA

ぴーたろ

危険物などをFBA納品する場合は、指示された梱包をして段ボールに詰めてください!
(参考)
Amazon輸出の危険物商品とは?出品できない危険物商品の種類を知る!

Amazonの梱包指示としてよくある例は以下のようなものです。

  • Bubblewrap(プチプチで梱包が必要)
  • Polybagging(ポリ袋で包んでテープ止めが必要)

プチプチの緩衝材は大型のものをまとめて購入したほうがお得です。

Amazonに委託も可能だが・・・
自分で梱包要件を満たさなくても、上図の「who prep?」でAmazonを選択すれば、Amazonに梱包対応をお願いすることもできます。

 

しかしながら、Amazonに委託をする場合は梱包種類によって0.2~2.2ドル/商品の手数料がかかるのと、FBA倉庫に商品が到着した後に実際に商品が出品されるまでのタイムラグが長くなるのでオススメはしません。

商品ラベルの印刷・貼り付け(Label Products)

次に「Label Products」のページに移ります。

FBA倉庫に納品する商品は、バーコードの上からAmazon納品用のラベルを張り付ける必要があります。

ラベルを張り付ける方法は2通り。

  1. 自分でラベルを印刷して各商品に貼り付ける
  2. Amazonに委託をする

ぴーたろ

ご自身や外注スタッフさんの作業負担を考えて選択しましょう!
Amazonに委託した場合
前述の梱包の委託とまったく同じで、Amazonにラベル貼りを依頼すると同じデメリットが発生します。

Amazonに委託をする場合は0.2ドル/商品の手数料がかかるのと、FBA倉庫に商品が到着した後に実際に商品が出品されるまでのタイムラグが長くなります

ぴーたろ

ぴーたろは外注スタッフさんに貼ってもらっています!

自分で貼る場合は「Merchant」を選択します。 Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

参考までに、ラベル印刷をする専用のシール用紙には、ぴーたろは以下のものを使っています!

安くてきれいに貼れるのでオススメです^^

ぴーたろ

ラベル印刷時に44面ラベルを添付するには、「44-up labels 48.5mm×25.4mm on A4」を選択しましょう!
そもそもラベルを貼らないことも可能!
Amazonでは条件さえ揃えば、FBA納品時にラベル貼りをしないこともできます!
(参考)
Amazon輸出Manufacturer barcode FBAの商品ラベル貼りが不要になりました!

ただし、他のセラーと在庫が混ざってしまう混合在庫というデメリットもあるので、一概にはオススメできません。

納品先倉庫の確認(View Shipments)

ラベルの貼り方の選択までが完了すると、今回納品する商品の納品先倉庫が表示されます。

以下の例で言うと「AVP1」というのが倉庫のNoです。

Amazon輸出 FBA 納品

ぴーたろ

納品先の海外のFBA倉庫はAmazonから指定されます!

納品先に問題がなければ、今回の納品プランに任意の名前をつけて「Work on shipment」で次に進みましょう!

納品先を集約するのがポイント!
国際送料を抑えるには、できる限り商品をまとめて送ることが重要になります。

ここで、FBA商品の納品先倉庫を可能な限り1箇所に集約してくれる設定が可能なため、これを活用するのも有効な手段です。
(参考)
Amazon輸出 納品先FBA倉庫を一つにまとめる方法

手数料はかかりますが、納品作業や国際送料の面を考えるとメリットが大きいです。

出荷情報の入力(Prepare Shipment)

 

続いて、最終的な出荷情報の入力画面に進みます。

最終の納品データの確認(Review shipment contents)

まず、ここまでに入力してきた納品する商品のデータを再確認します。

Amazon輸出 FBA 納品

この最終段階では、ごく少量(全体数量の5%か6個の少ないほうの数量)の数量だけ変更が可能です。

ぴーたろ

もしそれ以上の修正が必要であれば、イチから納品を作り直す必要があります。

最終の中身を再確認したい場合は「Review and modify units」を押して確認しましょう。

出荷手段(Shipping service)

次に「Shipping service」です。

Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

「Shipping method」は基本的に「SPD」を選択します。

ぴーたろ

フォークリフトやパレットなどを使って運ぶような大きい荷物の場合は「LTL」を選択しますが、通常は使うことは少ないはずです。

「Shipping carrier」は運送会社を選択します。

ぴーたろ

FBA納品代行業者を使っている方は、代行業者がどのクーリエを使っているか確認してください。
(参考)
Amazon輸出 FBA納品代行業者はTNK Logisticsがオススメ

DHL、Fedex、UPS等の大手クーリエなどが選択できますが、それ以外を使うのであればotherを選択しておけばOKです。

一言メモ
ちなみにAmazon.comはUPSFedexと業務提携をしているため、これらの業者を利用している方はFBAの荷物が倉庫に届いて出品開始されるまでの期間が短いと言われています。

梱包情報(Shipping packing)

次に「Shipping packing」です。

How will this shipment be packed? とは、どのように梱包をしているかという質問です。

Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

ぴーたろ

複数の商品を一つの箱に梱包している場合は「Everything in one box」を選択します。

自分の梱包方法にあったものを選択してください。

これに回答すると、箱のサイズと重量の記入欄が表示されます。

  • 長さ⇒インチ(inch)
  • 重さ⇒ポンド(lb)

上記に変換して記入し「Confirm」を押しましょう^^

出荷ラベル(Shipping labels)

最後に「Shipping labels」です。

これは、梱包した段ボール箱に貼るものになります。

ぴーたろ

商品ラベルと混同しないでね!

印刷タイプは「Plain Paper」を選択してダウンロードしましょう!

これを普通紙でプリントアウトすればOKです^^

全て終了後は、「Complete Shipment」を押します!
Amazon輸出 FBAの出品について(②納品方法

ぴーたろ

これにてShipment作成は終わりです!(•̀ᴗ•́)و ̑̑

出荷結果をAmazonへ通知

納品データの作成が終わったら、実際に段ボールを出荷していきます。

ぴーたろ

実際の出荷の詳細はSTEP3で解説しますが、ここはそのあとのお話!

出荷後に忘れてはならないのが以下の2つの作業です。

  1. 出荷事実のAmazonへの通知
  2. 追跡番号のAmazonへの通知

出荷を行ったら、出荷した荷物に追跡番号(Tracking number)が付与されます。

出荷後は、Amazonに対して出荷をしたという通知に加えてこの追跡番号を連絡する必要があります。

ぴーたろ

ここまでしないと、Amazon側も荷受けの準備をしてくれませんよー!

Shipmentの作成が終わると、セラセン>Inventory>Manage FBA Shipmentsに、作成した納品プランが表示されます。

この中から、出荷をしたShipmentの「Track Shipment」を選択してください。
Amazon輸出 FBA出荷

ぴーたろ

出荷前であれば、上図の上から4つ目のように、Statusの欄が「READY TO SHIP」(出荷準備中)となっているはずです。

該当のShipmentを選択すると、このような画面が表示されます。
Amazon輸出 FBA納品

そこで、まず画面右上の「Mark as Shipped」をクリックしてください。

これにより、Amazonに対して実際にFBA出荷を行ったという通知ができます。

また、画面左下の「Enter tracking number」に、出荷した荷物の追跡番号(Tracking Number)を入力してください。

ぴーたろ

この入力により、この画面から荷物の追跡状況が逐一反映されます^^

FBAの荷物を送ったものの、Amazon側に出荷をした旨を伝えていなければ荷受けがされなかったり、荷受けをされても自分の在庫に反映されるまでに時間がかかったりします。

出荷後はこの作業を忘れずに行うようにしましょう!

正確な納品情報の入力はFBA販売の重要ポイント!

お疲れ様でしたー!!

以上、FBA納品の際の納品情報の入力のやり方でした!

ぴーたろ

丁寧に解説しましたが、慣れれば短時間で作業は終わります♪

今回解説した内容はFBAセラーであれば必ず覚えなければならない流れなので、必ずマスターしてください。

それでは、次のステップでは実際にFBAの段ボールを出荷する際の通関書類の作成方法を解説します!

次に出荷の際に欠かせない、Invoice作成について説明をします!
Amazon輸出 通関書類の作成方法(FBA販売の始め方の手順3)

11 COMMENTS

おおはた

こんにちは。ぴーたろーさん。
お忙しいところすいません。
FBA直送でFEDEXを使います。
インボイス納品合計金額 57万では
出荷しないほうがいいですか?
20万以下で、数回に分けて納品するほうがいいでしょうか?
それとも もっと低い金額で数回に分けて納品するほうがいいでしょうか。
よろしくお願いします。

返信する
ぴーたろ pitaro

おおはたさん

こんにちは!
インボイス金額については、極力20万円以下に抑えたほうが無難かと思います!実際に私もそのように気を付けています。
価格が高くなると、通関時に検査に引っかかる可能性が高まると言われている事に加え、20万円を越えた輸出を行う場合は税関へ事前に輸出入申告を行い承認を得る必要があるためです。

ただ、個人的な感想としては、金額はどうであれ、関税はかかるときはかかりますし、かからないときはかかりません。こればかりは運の要素が強いですが、大事なのは自分の出荷情報をきちんとデータとして蓄積しておくことです^^
データが増えてくると、実際に自分の取り扱い商材の商品ではどのようなものが関税がかかりやすく、通関時に止まりやすいかなどの情報が見えてきますよ!

返信する
ゆず

コメント失礼します。
FBM出品の場合、Amazonの倉庫に商品を納品する必要はないということでしょうか?あと商品ラベルは貼る必要はないということでしょうか?

返信する
みの

はじめまして!いつもブログで勉強させていただいています。
今までFBMで販売していて、FBAにチャレンジしようとしています。
その中でリチウム電池等の危険物の取り扱いに悩んでいます。

日本郵便で送る時には「リチウムは必ず埋め込む」「1つの荷物の中に埋め込みリチウムは2個まで」といったルールを守っていれば、単電池や組電池、容量やワット数を考えなくても特に問題はありませんでした。今回UPSでのFBA納品を考えているのですが、同じようなルールの認識で問題ないものでしょうか?
仮にリチウム内蔵商品の3個以上の同梱が不可とすると、PSPや3DS等を扱っているセラーさんはどのように納品しているのでしょうか?
もし個数制限が厳しかったり、都度MSDS等が必要になるのであれば商材としてリチウム内蔵商品は厳しい印象があります。。。

ぴーたろさんの経験談や対応方法を教えていただけると嬉しいです!

返信する
ぴーたろ pitaro

みのさん

はじめまして^^

クーリエは、各社思いのほか輸送ルールが異なります!
法律上はOKなものでも、内部的なルールを優先して輸出の取り扱いができないケースも実際にありますよー!
(参考)個人輸出(Amazon輸出・eBay輸出) 2017年7月 月収報告

そのため、まずは直接UPSに確認をしてみてくださいませ。代行業者を利用されている場合は、業者に問い合わせてもクリアになるはずです^^

返信する
みの

ありがとうございます!
参考にさせて頂きます。
お忙しいところ貴重な情報ありがとうございます!

返信する
ぴーたろ pitaro

みのさん

障壁が高い商材ほど大きな利益率になる傾向があるので、頑張ってください♪
またいつでも遊びに来てくださいませ^^

返信する
みの

こんにちは!
いつも勉強させて頂いています。

納品プラン作成時に、amazon.com上ではEANコードが表示されると思います。
ただ実際には納品する商品は、amazon.com表示のEANコードと違うJANコードが記載されていることが多いです。
amazon上でどちらのコードで検索しても同じASINが表示されているので、システム上で紐付けられてるとは思うのですが。。。

こういった商品を製造者バーコード(納品プランには表示されていないJANコード)で納品しても大丈夫でしょうか?
今までも同様のパターンで無事納品されていはいるようですが、最近そのことに気がつきまして。。。

お忙しいところすみませんが、アドバイスを頂けると嬉しいですm(_ _)m

返信する
ぴーたろ pitaro

みのさん

こんにちは!

FBA納品時に、商品ラベルは添付されていますか?
添付をされている場合は、商品自体に間違いがなければ納品しても受領してもらえます。
Amazon輸出Manufacturer barcode FBAの商品ラベル貼りが不要になりました!でも書いている通り、メーカーのJANを使う場合は、荷受けに問題が発生する可能性が高いので、事前にAmazonに問い合わせて登録されているJANを正確なものに直してもらう必要がありますね^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください