【Amazon輸出News】WorldFirst社 為替手数料0.5%に引下げ!

Amazon輸出 FBA納品情報を効率的にCSVでアップロードする方法

Amazon輸出 FBA CSVアップロード 方法

ぴーたろです^^

今回はFBAセラーさんなら知っておきたい、FBA納品情報を効率化させる方法のご紹介です。

ズバリCSVを使って納品情報の取り込みを行っていきます。

ぴーたろも過去から使っている方法ですが、お話をしていると知らない方もいらっしゃるみたいなので備忘録がてら書き残しておきます^^

ぴーたろ

数分の作業効率でも塵も積もれば山ですよー!

FBAの納品は手続きが煩雑なので、少しでも作業効率のヒントになれば幸いです。

FBA納品の手順のおさらい

amazon FBA おさらい

まず、全体像を把握するためにFBA販売の手順を復習です。

STEP.1
FBA販売を行うためにFBA販売用のSKUとして商品を事前に登録します。
STEP.2
登録したFBA販売用のSKUの中から、実際にAmazonの倉庫に納品する商品と商品数を登録します。
※出荷先を取りまとめるのがコツ!
STEP.3
実際に通関用の書類等を作成し、商品をFBA倉庫に出荷します。
※FBA代行業者の選び方がポイント!
STEP.4
出荷した商品が無事にFBA倉庫に到着したかを確認します。

ぴーたろ

今回解説するのはこのうちSTEP2を効率化させる内容です!

FBAの納品情報をCSVアップロードする方法

amazon FBA おさらい

それでは、早速見ていきましょう!

この方法を使うと具体的には以下の作業が効率化できます。

  • FBA納品する商品の選択
  • FBA納品する商品の数量の入力

ぴーたろ

セラセン画面をポチポチ押していくのって結構手間です。それが無くなります♪

Amazon公式のテンプレートをダウンロードする

まず、FBA納品のテンプレートをダウンロードします。

「Manage FBA Shipment>Upload Shipping Plan File」をクリックします。
Amazon輸出 FBA納品 CSV 手順

すると「Download Template」というボタンが表示されるので、それをダウンロードしておきましょう。

出荷元情報・納品情報を入力する

ダウンロードしたエクセルファイルを開いてみると、タブがいくつか用意されています。

そのうち「Create Plan Template」を選択し、入力項目を確認しましょう。
Amazon輸出 FBA納品 CSV 手順

入力が必要な内容は大きく分けると4つです。

  1. 納品プラン名(任意)
  2. 発送先
  3. 発送元住所
  4. FBA納品する商品情報

納品プラン名

今回作成する納品情報のタイトルです。

自分が管理しやすいように自由な名前をつけてあげてOKです^^

発送先

発送先の国名です。

米国は「US」と入力します。

発送元住所

発送元住所は、FBA納品の際の出荷元となる住所を入力しておきます。

ぴーたろ

FBA代行業者を使っていて、発送元が代行業者の住所になる方はその住所を入力しましょう♪
(参考)
Amazon輸出 FBA納品代行業者はTNK Logisticsがオススメ
住所情報は保存しておこう
通常、発送元住所は変更がない箇所かと思います。

テンプレートをダウンロードして発送元住所を都度入力する時間が勿体ないので、発送元住所だけ入力をした状態のテンプレートはパソコンに保存しておくと便利です。

FBA納品する商品情報

また、FBA納品する商品情報は「SKU」「数量」だけ記入します。

ぴーたろ

自社商材をエクセル等で管理している方は、納品したいSKUをコピペすればOKです♪

以上が入力できたらこのような形になると思います。

今回は例として「Test Plan」という名前にしてみました。
Amazon輸出 FBA納品 CSV 手順

テキスト形式でアップロードする

以上の納品情報の入力が完了したら「テキスト形式(タブ区切り)」で保存します。

保存したデータを「Upload Your Create Shipping Plan File」からアップロードしましょう。
Amazon輸出 FBA納品 CSV 手順

納品情報を確定させる

アップロードが完了したら、アップロードの処理ステータスが表示されます。Amazon輸出 FBA納品 CSV 手順

無事にアクティベートされていることを確認したら「Manage FBA Shipment>Shipping Plans」から先ほどアップロードしたプランを選んであげましょう。

先ほどの例では“Test Plan”という名前を使ったので、それが無事に表示されているが分かります。

後は「Work on shipping plan」をクリックして納品情報を確定していきましょう。
Amazon輸出 FBA納品 CSV 手順

すると、実際にFBA納品をする商品と数量が入力された状態からFBA納品の手続きを進めることができます。

ぴーたろ

Amazon輸出 FBA納品 CSV 手順

ここから先は通常の納品手順と同じになるので、こちらを参照してください。
(参考)
Amazon輸出 FBA納品情報の入力方法

FBAの納品作業を効率化させよう

以上、FBA納品手続きをアップロードで効率化させる手順でしたー^^

自分の商材をどのように管理しているかにもよりますが、手元にSKUデータを持っている場合はこの方法が威力を発揮します。

ぴーたろ

特に取り扱い商材が増えると絶対にこっちが早いです♪

FBA販売では、梱包準備から納品を完了させるまでに必ず踏まなければならないステップがいくつもあります。

その中で効率化できるところは最大限効率化して、少しでも無駄な時間を減らすように色々と工夫してみてください^^

ぴーたろ

ぴーたろはFBA納品の外注スタッフさんに上記の方法をマニュアルにして渡しています♪
(参考)
Amazon輸出成功の鍵 外注化の方法(外注スタッフを採用する)

2 COMMENTS

hinh

いつも役立つ情報ありがとうございます!m(_ _)m
ファイルをダウンロードしてもそのうち「Create Plan Template」を選択という項目にならないです・・・
お聞きしたいのですが現在FBAでTNKを利用しててネットで調べたところ160サイズの荷物送れるのにほとんどの方が140サイズで発送してて160サイズで送るとアメリカの方で何か大型サイズ扱いになるから140サイズにしているのでしょうか??
160サイズの方が商品いっぱい詰めれるからいいと思うのですが何か理由があるのでしょうか??

返信する
ぴーたろ ぴーたろ

hinhさん

こんにちは^^
ご返信が遅くなってしまいました!

スプレッドシートのタブの「Create Plan Template」を選択してください。
エクセルなら下部にタブが並んでいると思います^^

大型サイズ(Oversize)というのは各商品単位の話なので関係ないですよー!Amazonは50ポンド以上の荷物はペナルティーを課しますが、160サイズだと容積重量の時点で50ポンドを超えることがあるからではないでしょうか?^^
意味が分からなければこちらをどうぞ。
(参考)FBA50ポンド超えのペナルティー

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください