【Amazon輸出News】Zon ASIN Hunter Ver.3.0がリリース

事前に知っておきたいAmazon中国の出品ルール

Amazon輸出 中国 出品ルール

ぴーたろです^^

今回はAmazon輸出で中国市場に参入したいと考えている方向けに、Amazon中国(Amazon.cn)で販売を開始するにあたり事前に知っておきたい出品ルールやAmazon中国情報を解説します。

Amazonはアメリカ・ヨーロッパ・カナダ・日本etc…と国別に多少の出品ルールの違いがありますが、Amazon中国はの他の国とは多きく違う販売ルールも存在しています

これからAmazon中国に出品される方は、今回ご紹介するルールを把握していないと思わぬところでアカウントの停止等のトラブルに見舞われる可能性がありますので、こちらの記事で紹介している情報は身につけておきましょう^^

※Amazon中国への出店条件や出店方法についてはこちらを参照して下さい!
>>Amazon輸出で中国に出品・出店する方法

それでは、早速見ていきましょう!

Amazon中国の月額販売手数料・カテゴリー手数料

これまでにAmazonで販売をされたことがある方はご存知の通り、Amazonでは大口販売を行う場合は月額の手数料が発生します。
>>Amazon輸出ビジネスでかかる費用・経費・手数料のまとめ

現状では、アメリカや日本では以下のような価格になっていますね。
アメリカ:月額$39.99
日本:月額4,900円

これは売上金額にかかわらず毎月発生してしまうコストなのですが(つまり、売上が0円でも月額手数料はかかってしまいますが)、なんとAmazon中国ではこの手数料が無料になります!

 これは販売者にとっては嬉しいポイントですね!

また、Amazon中国のカテゴリー手数料は10%~12%となっています。この点は、他の国のAmazonと比較して大きな違いはありませんね^^

Amazon中国では販売カテゴリーごとにDeposit(供託金)が必要

月額の販売手数料がかからない点では非常に魅力的なAmazon中国ですが、何と驚いたことに、販売カテゴリーごとの供託金・補償金というものが別途必要になります。

現在Amazon中国では30程度のカテゴリーが存在していますが、そのそれぞれにおいて、販売を開始したい場合には事前にAmazon中国に供託金・補償金(カテゴリーによって約10万円~100万円程度)の入金が必要になります。

これは参入障壁として非常に高い壁となってしまいますね。。。

Amazon中国では海外セラーのFBA納品はNG

これも非常に残念なポイントの一つなのですが、現状Amazon中国では、中国以外の国のセラーが海外から中国のFBA倉庫に商品を発送することを認めていません(Amazonというよりも、中国の国としての規制の関係)。

つまり、Amazon中国ではFBAのサービスを利用できないということを意味しています。

そのため、FBAメインのAmazon輸出セラーにとっては、Amazon中国への参入を敬遠してしまうかもしれませんね。

Amazon中国では同一商品でも別ASINで出品

さらに、これが非常に驚くべきルールなのですが、Amazon中国では既にページがある同一商品を販売する場合であっても、別の商品ページを作成して出品をする必要があります

つまり、既に売れ行きのいい商品ページを見つけて、相乗り販売をすることができないということを意味しています。

Amazon以外のプラットフォームで商品を販売したことがある方であれば、Amazonの商品販売のルールの特徴として、同一商品は1ページしか存在しないという点に気づかれていると思います。
実はこれはAmazon独特のルールです。例えば楽天市場やヤフオク、メルカリ等であれば、同じ商品を販売する場合でも、セラーごとに販売ページを作成しますね!eBayも同じです。)

つまりAmazon中国では、新たに商品を出品するたびに商品ページを作成する必要がある点で、個人輸出でいうとebay輸出と同じような販売方法になることが分かります。

これは、出品者ごとに販売条件(送料や関税の支払条件等)が異なることが理由とAmazonはコメントしていますが、それは他の国でも同じような気がしますね・・・少し疑問が残るものの、これはAmazon中国のルールですので絶対に抑えておきたいポイントです!

これを知らずに相乗り販売を繰り返していると、大きなペナルティーを受ける可能性がありますので要注意です!

Amazon中国のセラーセントラルやセラサポは日本語非対応

現在、Amazon輸出は多くの場面で日本語化対応が進み、英語ができなくても参入しやすい環境になりつつあります。
>>Amazon輸出で英語が必要なくなったって本当!?最新のAmazon輸出英語事情

しかしながら、現状ではAmazon中国は日本語化対応はされていません

こちらについては日本人セラーが増えれば日本語対応される可能性はありますので、今後のAmazon中国に期待です!

Amazon中国はAmazon.cn以外の調べ方が・・・

Amazon中国は、世界一短いURLを用意して世界中のアクセスを集めることを意図して、通常のAmazon.cnとは別にZ.cnというURL検索でもAmazon中国にアクセスできるようです!

そんな情報はどうでもいいという声が聞こえてきそうですが、コラム情報として書いてみました♪

まとめ

以上、Amazon中国に出店する前に知っておきたい、Amazon中国の出品ルール・Amazon中国情報でした!

ぴーたろ個人的には、既に存在する同一商品ページでの販売はできないという点が最も驚きだったのですが、それ以外にも通常のAmazon輸出では考えられないルールがいくつかありますので、人によって驚きポイントは違うでしょう^^

Amazon中国は比較的参入障壁が高いため、まずはアメリカ等の国からAmazon輸出を始めたい方は、こちらのページを参考にしてみてください^^
>>Amazon輸出初心者の始め方講座

また、中国以外の市場での販売方法はこちらを参考にしてみてください♪
>>Amazon輸出カナダ市場への進出方法と注意点
>>Amazon欧州市場への進出方法と輸出の注意点
>>Lazada輸出の始め方 東南アジア市場に出店する方法

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください