【Amazon輸出News】Zon ASIN Hunter Ver.3.0がリリース

Amazon輸出で出品できない商品はブラックリストとして管理が必要

Amazon輸出 出品できない商品

ぴーたろです^^

ぴーたろが実践しているアカウント保護のために実践している方法のひとつに、ブラックリスト(出品をしない商品のリスト)の管理あります。

先日ご相談を受けたセラー様が、この簡単な作業を怠っていたために永久サスペンドを受けていたので、念のため書いておきます。

これは無用なアカウント停止を防ぐための基本的な護身術ですので、もし対応されていない方は実践してみてください^^

Amazon輸出で出品できない商品

ブラックリストとは、単純に再出品をしないように気を付けるための自分の管理用リストです。

ぴーたろは大きく2種類の商品をブラックリストとして管理しています。

Amazonの規約上出品ができない商品

Amazon輸出ではそもそも規約上出品できない商品が指定されています。
Amazon輸出で出品できない商品(Amazon.comヘルプページ)

カテゴリーごとに詳細にルールが定められていますね!

特に自分の販売するメインのカテゴリーに関しては、一度目を通しておくことをオススメします。

これらの商品はそもそも出品が許されていないため、自分で新規商品登録を行っても遅かれ早かれAmazonの手により出品が削除され、合わせて出品を行っているセラーに対して警告が送られます。

多くの方は自ら規約違反を犯してまで新たな出品ページを作ることはないと思いますが、問題なのは自分で気づかずに規約違反の商品に出品してしまうケースです。
この場合は「他のセラーも売っていたから・・・」という理由は一切通用しませんので、商品の出品をするときは自己責任で行う必要があります。

特に無在庫大量出品をする場合は、自分で決めた一定のフィルタを通さずに出品数を増やしていると、規約違反商品を大量に再出品をしてしまいアカウント停止なんてことになりかねませんので注意してください!

大量出品をする場合は、そもそも海外商品を出品してしまうリスクを減らすツールも存在しますので、それらのツールを使って出品商品をフィルタリングすることも可能です。
>>Amazon輸出アカウントディフェンスツール・JANCDtoASIN

商標権・意匠権等を侵害している場合

もうひとつ気を付けておきたい問題が、商標権等の知財違反の問題です。

特に大手メーカー品や海外メーカー品に多いのですが、メーカーがAmazon側に通告をしてセラーに連絡がいく場合メーカーから直接連絡を受ける場合があります。

実際メーカー側からすると、Amazonに働きかけて違反を通告するほうが簡単です。それでもメーカーから直接連絡が来る場合は、直接法的な措置を取られる可能性もあるので注意が必要になります。
(参考)
Amazon輸出の知的財産権・著作権・商標権の問題と対処方法

いずれにせよ連絡を受けた場合、出品を取り下げるのが無難な判断でしょう。

このケースの一番のリスクは、FBA商品として大量にFBA倉庫に在庫を保有しているパターンです。

FBA倉庫に在庫が残ったまま商品が販売できなくなると、それらの商品を日本に返送するか(送料は自己負担)、Amazon側に廃棄依頼をすることになりますが、いずれにしても大きな損失が発生するでしょう(考えるだけでもぞっとしますね・・・)。

出品が規制される可能性がある商品は出品をしない、もしくはFBA在庫を大量に保有しないことも大事なリスクヘッジの一つになります。

ブラックリストを管理する方法

自身の販売経験が長くなればなるほど、実際に出品を規制されている商品リストは増えてきます。

このリスト、ぴーたろ個人的には何も嫌なものではなく、海外輸出ビジネスをリスクなく展開するための資産だと思っています^^

上記の規約違反商品を販売している場合も、商標権等の侵害で出品ができなくなった場合も、相当悪質な場合を除いては一発レッドカードというケースは少ないようです。
※悪質な場合を除きます。

ただし、少なくとも2回同じ商品で同じミスを繰り返す(もしくは出品を削除するなどの対応をとならい)と、Amazonからアカウント停止の宣告を受ける可能性は非常に高くなります。

以後出品をしないと決めた商品については、自身のブラックリストとして確実に管理していきましょう。

ぴーたろはエクセルで管理をする方法で十分対応ができますので、手動で商品を出品する場合にもCSVを利用して商品を出品する場合にも、ご自身のブラックリストと出品商品を照らし合わせる作業をルーティン化させましょう^^

まとめ

今回はアカウント保護の観点から、商品のブラックリストを作成する必要性についてご紹介しました。

冒頭にも述べたように、このブラックリストの管理は、自身のアカウントを守るための基本的事項ですので、必ず実践するようにしましょう♪

また、今回のブラックリスト管理以外にも、Amazon輸出にはどのようなリスクがあるのかしっかりと理解してリスクヘッジを利かせた販売を継続しましょう^^
Amazon輸出のビジネスリスクはこちらでもまとめていますので参考にどうぞ!
>>Amazon輸出ビジネスのリスクを理解しておく

それではー♪

5 COMMENTS

おおはた

こんばんわ。ぴーたろーさん。
カナダ、アメリカFBAに化粧品やお菓子など納品する場合、
MSDSやFDAが、壁になりますが、
FDAは、取得できますが、MSDSはメーカーから取り寄せることになります。
MSDSは、正直難しいです。というより、無理に近いです。
ちなみに、輸出代行会社のス○ア○ッ○では、税関に引っかかることなく
化粧品、お菓子関係もパスしているそうです。(運送会社の違いでかな?)
ぴーたろーさんはどのように税関をパスされているのでしょうか?
事情通のインポーターをぜひとも!ご紹介してください。
ぴーたろーさん、お助けください。
よろしくお願いします。

返信する
ぴーたろ pitaro

おおはたさん

こんばんは^^
MSDSはご認識の通り、求められた場合はメーカー取り寄せが必要なケースが一般的です。
ス○ア○ッ○さんは有名な代行会社さんですよね^^納品はEMSを利用していますでしょうか?
EMSの場合は金額次第で簡易通関という形式になるようで、税関も厳しいチェックが入らないケースが多いです。
私の場合は、MSDSが必要な商品については、基本的に事前に入手をしたものしか納品をしていません。
そのような参入障壁のある商品はセラーも少ないので、情報を集めて試行錯誤して壁を突破した方だけがブルーオーシャンで販売できていると思います^^
インポータ情報、発送代行会社のまとめ情報は以前もリクエスト頂いていましたね>< 現在鋭意執筆中ですので、もうすこしだけお待ちくださいね>< よろしくお願いします!

返信する
おおはた

ありがとうございます。
確かにEMSなら、通りますね。
それも納品するための1つの手段なんですね。。。。

大手化粧品メーカーって、MSDS(英語表記)をくれるもんなんでしょうか?
ぴーたろーさんは、大手化粧品メーカーからMSDSもらいましたか?

インポーター/発送代行社 情報楽しみにしています。
ありがとうございます。

返信する
おおはた

ぴーたろーさん。
お世話になります。食品申請承認されていました。
FDAだせや!MSDSだせや!とさんざん言われましたが、
知らぬ間に。今日承認の緑が表示され、出品もできました。
ありがとうございます。

あと、最近知ったんですが、ヘルプも日本語できるみたいですね。
びっくりしました。日本担当がいる場合は返事があるようです。
まだ日本の返事はないのですが・・・
不在の時は英語になるようです、なので、日/英 入れて質問するようになりました。

今日申請を出しました。、ドラッグストアと美容の承認をとればとりあえず、
FBAに納品していきます。
ぴーたろ-さんのUSA/CAのインポーター&代行会社情報楽しみにしています。

返信する
ぴーたろ pitaro

おおはたさん

無事カテゴリー申請が通ってよかったですね^^
これでまた一歩売上UPの環境が整ったはずです!

最近はセラセンの表示と言いセラサポの日本語対応と言い、日本語対応が進んでいますね!
参考)Amazon輸出で英語が必要なくなったって本当!?最新のAmazon輸出英語事情

FBA代行は代行業者へのサービス内容の確認が取れ次第公開します^^
ご期待に沿える記事になれば幸いです♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください