【Amazon輸出News】Zon ASIN Hunter Ver.3.0がリリース

AmazonUAEアラブ首長国連邦に出品する方法と注意点

Amazon輸出 アラブ首長国連邦 UAE

ぴーたろです^^

今回はAmazonの新市場アラブ首長国連邦(Amazon.ae)についてその概要と出店方法をまとめておきます。

ぴーたろ

2019年5月にスタートした新市場です!

Amazonは2017年に当時の大手のEC会社であるSouq.comを買収し、その2年後にAmazon市場として市場がリリースされた経緯があります。

ぴーたろ

Amazon輸出は横展開をするだけで様々な国の市場にリーチできるのが強み!

中東向けに日本商品を販売したい方のお役に少しでもたてれば幸いです。

アラブ首長国連邦とは?

Amazon輸出 UAE

まずはアラブ首長国連邦がどのような国なのか確認しておきましょう。

アラブ首長国連邦はUAE(United Arab Emirates)とも略される国で、世界屈指の石油大国のひとつです。

ぴーたろ

お金持ちが多い国というイメージですよね!世界的に有名なドバイもUAEの都市!
Amazon UAE

実際、UAEにとっての石油の輸出先国として日本は非常に大きなお客さんであるため、実は日本とは密接な関係がある国です。

言語はアラビア語ですが、イギリス植民地だった歴史もあるため英語も使いこなせます。

Amazon.ae アラブ首長国連邦の特徴

Amazon輸出 UAE

市場規模は小さめ

まず確認しておきたいのがUAEの人口です。

ぴーたろ

人がいないと買ってくれるお客さんもいない(´Д⊂ヽ

人口は1,000万人弱。

米国が3.2億人、カナダが3,700万人と比較すると人口は少なめです。

ぴーたろ

市場規模だけは見誤らないように注意してください!

お金持ちが多い

一方で、エネルギー資源に恵まれたUAEはお金持ちが多い国ではあります。

富裕層向けのお客さんを獲得できれば、ビジネス的には面白い発展もあるかもしれませんね♪

ぴーたろ

すごいロットで商品買ってくれる大富豪さん希望(/・ω・)/

英語で出品が可能

Amazon輸出セラーにとって嬉しいポイントですが、AmazonUAEはデフォルトでは英語表示です。

ぴーたろ

英語さえできれば出品には困りません!

もちろん公用語はアラビア語であるため、アラビア語選択も可能ですが、ここはAmazonが自動で翻訳してくれます。
Amazon アラブ 出品方法

FBA出品も可能

AmazonUAEではFBA販売も可能です。

面積が小さいので配送は有利

これはAmazon側の都合にはなりますが、一般的に面積が小さい国ではFBA販売は効率的に運用されます。

ぴーたろ

アメリカの国土と比べたら一目瞭然で配送の効率がいいはずです。

Amazonとしても、このような国においてはFBA販売に力をいれやすい方向にあるので、今後の動きにも着目です!

Amazon.ae UAEの出店方法

AmazonUAEへの出店方法は以下の方法が存在します。

  1. Amazon.aeから出店申請
  2. Amazonから招待を受ける

Amazonの新市場では、出店自体がクローズドになっている事も多いですが、AmazonUAEでは通常のAmazon市場と同じく販売開始のリンクがあります。

>>Amazon.ae
Amazon UAE

ぴーたろ

実際にどのくらい審査が厳しいかは出店をしてみないと分かりません。

一方、Amazonから招待を受ける方法もあります。

ぴーたろ

ぴーたろもこのパターンでした。
Amazon UAE 出店この手の新市場は、色々とリサーチをしながら攻める必要があります。

担当がつけば色々と親身に相談に乗ってもらえます。

ぴーたろ

効率的に出品をしたい場合は他の国で販売実績を作って招待を受けるのもひとつだと思います。

Amazon中東市場にも注目

以上、Amazon輸出でアラブ首長国連邦(UAE)に出店する方法でしたー!

トルコに引き続きAmazonが新市場にどんどん乗り出していますが、Amazon輸出に慣れてきたら新しい市場のようなブルーオーシャンにも挑戦してみるのも面白いと思います^^

ぴーたろ

大きなリターンは先駆者に待っているものです♪

またUAE以外にも、Amazon輸出はたくさんの市場が用意されているので、色々と比較検討してから参入してみるのがオススメです!
(参考)
Amazon輸出アメリカ以外の国への出店方法

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください