【Amazon輸出News】Payoneer為替手数料0.8%に引下げ!

eBay輸出 PayoneerとWorld Firstを活用してPaypalの為替手数料を抑える裏技

eBay輸出 Payoneer

ぴーたろです^^

eBay輸出セラーであれば、お客さんからの支払の受け取りにPaypalを利用している人が殆どかと思います。

Paypalは世界中で利用されている決済手段だけに非常にユーザビリティに優れており便利であることこの上ないのですが、Amazon輸出をメインに販売しているセラーからするとPaypalの為替手数料が非常に高いというイメージをお持ちでしょう。

そこで今回は、この状況を打開するために、PayPalと海外口座の提供サービスを行っているPayoneerやWorld Firstを活用した為替手数料の節約方法をご紹介します。

個人輸出の売上が増えてくるとこの為替手数料の違いも笑えないくらい大きな違いになってきます。一度理解をしてしまえば、後は永久的に為替手数料を抑えらえる方法ですので、しっかり理解しておきましょう!

PayPal・Payoneer・World Firstの為替手数料

まず、Amazon輸出セラーであればほとんどの方が利用しているPayoneerやWorldFirstですが、為替手数料の面では確実にPaypalよりも手数料を安く抑えられます。

これをebay輸出でも活用していくのが今回ご紹介する裏技です。

サービス為替手数料
Payoneer1.8%-1%(*1)(*2)
World First2%-1%(*1)
Paypal最大4%

(*1)PayoneerはVIPプログラムの適用により、World Firstは一度の送金金額の多寡により為替手数料が最大1%まで引き下がります。詳細について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!
(参考)WorldFirstとPayoneerの2017年版最新徹底比較!結局どっちがお得!?

(*2)当サイト経由でPayoneer口座を開設された方は、通常2%のところ、1.8%の為替手数料で送金ができます。

PayPalについては、為替手数料が4%という公表しかされていませんが、個人的な感覚ではそのまま日本の口座で受け取ると最低でも3%程度の為替手数料取られてしまっている印象です。

とはいえeBay輸出においてはお客さんから直接銀行口座に振り込みをしてもらうケースは稀ですし、PayoneerやWorldFirstは基本的に法人からの資金受取しかできませんので、eBay輸出の売上を直接受け取ることはできません。

そこで、以下の方法を利用します!

PaypalからPayoneer・World Firstに送金を行い、そこから資金を引き出す

その方法とは、ズバリ、Paypalから日本の口座に直接資金を引き出す前に、一度海外のPayoneerやWorldFirstを経由させて日本の銀行口座に資金を引き出すというものです。

eBay輸出の売上はもちろん外貨で受け取ることになりますので、ここでは最もメジャーなドルを想定しましょう。計算は簡単にするために1ドル=100円とします。また、上述の各社の最も高い為替手数料のレートで試算をしてみます。

Paypalから直接日本口座に引き下ろす場合

Paypal口座(1,000ドル)⇒日本口座(96,000円*)

*10,000ドル×100円×(1-0.04)=960,000円

PalPalからPayoneer口座を経由して日本口座に引き下ろす場合

Paypal口座(1,000ドル)⇒Payoneer(1,000ドル)⇒日本口座(98,000円*)

*10,000ドル×100円×(1-0.02)=980,000円

この通り、10,000ドルの入金で実に20,000円もの手取りの違いが発生するのです!

PaypalからPayoneerやWorldFirstに送金をする際の手数料

ここで、「Paypalでストックしているお金を、PayoneerやWorldFirstへ送金する際に手数料が発生しないの?」という疑問が浮かんできそうですが、その点はご安心ください!

まず、Paypalは米ドルでの資金引出しの手数料は金額に関係なく無料となっています^^
※PayoneerやWorldFirstの銀行口座はアメリカの口座になりますので、銀行の所在地はアメリカ合衆国になります。
Paypal 引出し手数料

加えて、PayoneerやWorldFirstは、ドルの支払受取際に発生する手数料は無料です(World Firstは手数料が発生する場合がありますが、詳細は後述します)。

つまり先ほどの計算の通り、Paypalから直接日本の口座に資金を引き出すか、一度PayoneerやWorldFirstを経由させるかで、純粋に為替手数料部分の節約だけが図れるのです!

結局、PayoneerとWorld Firstではどちらが手数料を抑えられるか

Payoneerは2016年6月まで、支払受取に1%の手数料が発生していたため、それまではWorld Firstがお得な状況でした。

しかしながら、Payoneerの料金改定後、現状では支払受取において両社ともに手数料は無料となっています。

すると、PayoneerとWorld Firstでどちらがお得かの比較はズバリ以下のポイントになります。

まず、World Firstでは、為替手数料が1%~2%ですが、Payoneerであれば当サイト経由での口座開設で、通常1%~2%のところ、1%~1.8%と上限レートの優遇を受けられます。これはPayoneer口座での累計受取金額に応じたプレミアムプログラムを最初から適用できるクローズドな特別優遇ですので、活用しない手はありません。

また、WorldFirstの為替手数料1%~2%という幅は一度の送金金額に応じて適用レートが優遇されると謳われていますが(もちろん、送金金額が多いほど為替手数料が下がります)、個人的な経験では数百万円の送金を一度に行っても、優遇されたレートは微々たるものでした。この点でも、為替手数料のレートをブラックボックスにしているWorldFirstよりも、これまでの累計受取金額に応じて固定の為替手数料を適用するPayoneerの方が安心感があります。

また、海外からの銀行口座から日本の銀行口座に資金を送金するときには、通常「被仕向送金手数料」が発生しますが、Payoneerは日本の金融機関との提携により、この被仕向送金手数料が発生しません!一方でWorldFirstでは、この手数料が発生してきます。

Paypalと比べると、どちらのサービスを利用しても為替手数料が抑えられますが、為替手数料以外のコストも含めると、Payoneerでの資金受取が最も手元にお金が残る形になるでしょう。

※さらに、販売実績がある方は、Payoneerの為替手数料を安くする特別キャンペーンも以下のページで紹介していますので参考にしてみてください^^
>>Amazon輸出Payoneerの為替手数料を1%以上安くするキャンペーン

PaypalからPayoneerに送金するための口座登録の方法

実際にPaypalからPayoneerに送金する方法は非常に簡単です!

まず、Payoneerの海外の銀行口座を確認します。Payoneerの「Global Payment Service」のページを開きます。

すると、Payoneerで保有している銀行口座情報が表示されます。

この情報を、Paypalに登録すればOKです^^

Paypalのウォレットを開いて、銀行口座の登録をクリックです!

以下の画面が表示されますので、ここにPayoneerの口座情報を入力して登録しましょう。※ちなみに、Payoneerの「CHECKING」という銀行口座種別は「当座預金」を指します。

これで口座登録が完了です。後はPaypalから出金をするときに、Payoneerの銀行口座を選択できますので、そちらに出金をすればOKです。

※Paypalのランダムチェックにより、Paypalに海外の銀行口座を登録するときに以下のようなエラーが表示されることがあります。

この場合は、「しばらくしてから再実行」と書かれていますが、しばらくたっても問題解決には至りません。笑

このアラートが表示されて口座登録が進まない方は、Paypalに連絡をしてセキュリティ解除をしてもらう必要がありますので、ご自身でPaypalに電話をするようにしてください。すぐに登録ができるように解除してもらえます^^

PayoneerやWorldFirstを経由することのデメリット

ここまで、PayoneerやWorldFirstを経由させるメリットばかりをお伝えしてきましたが、一つだけ、この方法にはデメリットがあります。

それは、Paypalからの直接入金に比べて、日本口座への入金に時間がかかるという点です。

この点Payoneerでいうと、通常営業日であれば引出しを行って1営業日で入金が行われますので、Paypalからの直接入金に比べて1日程度入金が遅れてしまうということを意味します。

とはいえ、個人的には入金が一日遅れても大きな問題はありませんし、それよりも無駄な為替手数料コストを抑えて手取りを増やせるほうが何倍もメリットがあると感じています^^

まとめ

これまでご説明した、「支払受取手数料」「為替手数料」「被向送金手数料」の内容を整理すると以下の通りです。

オススメ1位
Payoneer経由
オススメ2位
World First経由
オススメ3位
Paypal直接入金
PaypalPaypalPaypal

支払受取手数料:無料

支払受取手数料:無料
PayoneerWorld First

為替手数料:1.8%未満*1
被仕向送金手数料:無料

為替手数料:2%未満
被仕向送金手数料:有料*2

為替手数料:4%未満
日本口座日本口座日本口座

*1:当サイト経由の特別優遇レート適用口座を開設した場合。そうでない場合は2%未満。
*2:1,500円~4,000円程度。支払受取りをする日本の銀行口座により手数料が異なる。

こう見ると手数料の面ではPayoneer一択であることが分かると思います。

また、Payoneerは現在、新規口座開設の方を対象に口座開設と1000ドルの入金で$100を貰えるキャンペーンを行っています。以下のキャンペーン専用ページからの口座開設でを活用しつつ、お得に為替手数料を節約してみてください^^
>>Payoneerの手数料と口座開設方法($100キャッシュバック)

それではー♪

10 COMMENTS

めろん

Payoneerの優遇レートはいつからの分が有効なのでしょうか?以前にこちら経由で口座開設した場合も適用されるのでしょうか?また、PayPal→Payoneer→日本の銀行口座という方法で手数料を節約できるとのことですが、間違いありませんか?他のサイトよれば、両方で手数料が掛かるような説明なので困惑しています。実際のところはどちらが正確なのでしょうか?

返信する
ぴーたろ pitaro

めろんさん

こんにちは。
Paypalを外貨で引き出す際の為替手数料は最大4%ですので、この点を理解しておく必要がありますよ^^
(ご連絡いただきましたサイトはPaypal側の外貨引出しの為替手数料があたかもかからないかの記載でした。)
他サイトの正確性までは責任が持てませんのでご了承くださいm(__)m

返信する
ゆず

海外の口座登録の時にエラーが出た場合は、日本のPaypalに電話をしたらしたらいいのでしょうか?それとも海外のほうのPaypalに電話をしたらいいのでしょうか?

返信する
dai

初めまして。いつも拝見させていただいております。

PaypalからPayoneerへの送金は2018年3月15日現在でも可能でしょうか?

返信する
ぴーたろ pitaro

daiさん

こんにちは。
個人輸出セラーであれば、現在PaypalはeBayの独占的な決済会社としての契約満了を目前として焦りまくっているのはご存知かと思います^^
このニュースが出てから、露骨に手数料を徴収しにきている流れです。
その一環として、Paypal⇒Payoneerの送金はアカウントによっては停止されているパターンもあるという情報は入ってきています。
まずはご自身でPaypalに問い合わせて、交渉をしてみてくださいませ。為替手数料は本当に少なければ少ないほどお得なものなので、突き詰める価値はあると思いますよー^^

返信する
dai

ご返信いただきありがとうございます。

先ほどPaypalに問い合わせてみたところFirst Century Bank (Payoneerの銀行口座)の新規口座登録は無理なようです。

また、既に口座登録が済んでいるユーザーも今後何らかの措置を取る (恐らく将来的には送金出来なくなるという意味だと思います) との事でした。

ぴーたろさんのおっしゃる通りかなり厳しくなってきているようですね…
交渉の余地は無さそうでした。

返信する
ぴーたろ pitaro

daiさん

参考になる情報のご提供ありがとうございます!!
何でも、情報はしっかりキャッチアップしてすぐに対応しておくほうがよさそうですね^^私の口座は現状問題なく送金できてます。
いずれにせよ、Paypalの契約満了は目前ですので、その際に為替手数料を抑える新たな方法があれば告知させていもらいますね♪

返信する
dai

ぴーたろさん

こちらこそ貴重な情報を掲載していただきありがとうございます。
有益な情報、楽しみにしております。
私の方も新しい方法見つけましたらこちらの方にご連絡させていただきます。
今後もよろしくお願いいたします。

返信する
ぴーたろ pitaro

daiさん

とんでもないです。自分の備忘録が誰かの役に立てばいいなーと思ってブログ書いていますので^^
eBay輸出の情報は少ないですが、またいつでも遊びに来てください^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください