個人輸出 2018年6月月間報告


ぴーたろです^^

毎日暑い日が続いておりますが、みなさんお元気でしょうか!?

ぴーたろはクーラーの効いたお部屋でお仕事をしていることが殆どですが、外回りの営業の方は大変だと思います(*´Д`)本当に体調には気を付けてくださいね!

6月はぴーたろの外注さんも一時的に体調を崩され、急遽2日ほど郵便局に出荷に行くことになりました

久しぶりに郵便局で国際郵便物を出しましたが、郵便局に行くまでも暑いし、受付では手順とか忘れてて少しあたふたして、外注さんへの日頃の感謝を改めて感じた体験となりました(@_@。

さて、2018年前半戦も終了!!後半戦もどんどん成長していきましょー!!!

今月も振り返りしていきますよー!



スポンサーリンク

ロシアワールドカップ日本代表が決勝トーナメント出場!

いきなり輸出と関係ないお話から!!!笑

サッカーロシアワールドカップ2018!!日本の快進撃が続いています(=゚ω゚)ノ(参考:https://russia2018.yahoo.co.jp/schedule/final/)

日本、すごーい(*’▽’)キャー

ぴーたろも日本戦だけはちゃんと観ていますが、すごく勇気もらえますよね!

同じ会計士起業家の半兵衛さんは現地ロシアで応援中♪

戦い方には色んな意見あるみたいですが、それ言う人には自分が日本代表になって何とかしてもらいましょう 笑

冷静に考えたらあと4勝したら世界一ですね(≧▽≦)

今日がベルギー戦ですが、勝っても負けても23人が悔いが残らない戦い方をしてほしいです!

頑張れ日本!!!

アメリカ国内のネット販売、売上税「課税」で決着orz

はい、急に真面目なお話に戻りまして・・・まずは何と言ってもコレ!

Amazon輸出やeBay輸出等、最終消費者向けにインターネットで商品を販売している人はモロにインパクトあります。

簡単に言うと、日本でいう消費税のような位置づけ(厳密には違いますよん)である小売売上税が、ネット販売でも課税の対象になる方向で決着しました。

実は、アメリカでは、今まで実際に店舗や倉庫などを持たない業者(要はネット通販業者)には小売売上税の納付が義務付けられていませんでした。

つまり、米国向けの輸出ビジネスでは国内の消費税還付はバッチリ受けてましたが、アメリカでは消費税(のようなもの)は納めてないというラッキー状態だったこのお祭りも、終わりを迎えたということになります(/ω\)
(参考)Amazon輸出 消費税還付の方法(手続き解説編)

薄利転売セラーさんは死活問題。商標問題も厳しくなる中、ぴーたろはオリジナル商品を育ててよかった・・・という予想通りの感じになってきました。

なお日頃Twitter見て頂いている方は知っての通り、ワシントン州とペンシルベニア州では既に徴収が始まってます。

おそらくですが、今後Amazon側が自動で徴収してきます(現状のWA州やPA州はその形になっています)。

個人的には、AmazonやeBay等のマーケットプレイス以外の自社ショップでの売上が大きい人は影響が多大だと思います。

この場合自分で正確な知識を持って納税義務果たしていかないといけませんよー!|д゚)

場合によっては単純に利益減になる内容ですし、重要ですので、自分の備忘録も兼ねて別記事でまとめる予定です。



スポンサーリンク

Amazon輸出のアカウント停止の新しいパターンが報告されてます

ブログやっていると色々な筋から輸出関連の情報が入ってくるので本当にありがたいのですが・・・

その中で今月一番驚いたのが、今まで聞いたことのないパターンのアカウント停止でした。

Amazon輸出のアカウント停止と言えば「アカウントヘルス悪化」「商標侵害」「偽物販売」くらいと相場は決まっているのですが・・・今回は全然違いました(´-ω-`)
(参考)Amazon輸出 アカウントヘルスを維持するための必須知識
(参考)Amazon輸出の知的財産権・著作権・商標権の問題と対処方法

これについては、ご相談を受けた時にぴーたろもスクショを頂き、現在復旧対応をお手伝いしてます(あ、特にこういうサービスはやってませんので悪しからず 笑 今回はぴーたろも勉強になったのでお礼がてらにお手伝いしてます)。

復旧の可否を見て最終的に共有するつもりですが・・・毎度のことながらマーケットプレイスでの販売はルールや方針の変更に常にアンテナ張っておくのは大切ですよー|д゚)

今回の件とは別ですが、アカウント停止の実体験を面白いテンションで書かれている記事を見つけましたので拡散。笑

CPAエクスポーター、SSL化完了!

輸出には関係はないのですが、皆さんSSLってご存知ですかー?

Secure Sockets Layerの略称ですが、ぴーたろのサイトもSSL化の対応をしました。

こういうWebの技術的な話は本当に無頓着なのですが、とりあえず2018年7月からこのSSL化をしないと問題になるみたいだったので、頑張りました。

結果、ぴーたろのサイトにアクセスして頂く際にはより安全にアクセスができるようになりましたよん(/・ω・)/

残念ながら、せっかく貯まっていたFacebookやTwitter等でいいね!とかRTしてもらってきた数の表示は消えてしまったのですが・・・もういいや、よくわからん(;´∀`)笑

特にユーザビリティの何かが変わった訳でもないのですが、個人的にお昼休み返上で頑張ったのでご報告でした(´Д⊂ヽ

安全にアクセスできますので、今後もぴーたろのサイトにはいつでも遊びに来てくださいませー^^

スポンサーリンク

FBA販売セラーに朗報。画面が見やすい!

お気づきの方も多いと思いますが、Manage FBA Inventoryの画面が刷新されましたー!

何といってもReservedの内容がサクッと確認できるようになったのは嬉しいですね^^
(参考)Amazon輸出 FBA在庫ステータスReservedの謎に迫る

これはβ版で終わらせずにデフォルトこっちにしてほしいデス。不採用にだけはしないで!

Amazon輸出を初めて始める人には本もオススメ!

今月はAmazon輸出が勉強できる書籍についてもまとめてみました^^

もちろんぴーたろも全部読んで書いていますので、特にこれからAmazon輸出を始める方は最初の一冊を選ぶときに活用してもらえると嬉しいです^^

個人的には、Amazon輸出を始めた時と今とで、同じ本を読んでも感じ方が大きく変わっていることに驚きましたね(=゚ω゚)ノ

今だから分かる内容もたくさんありましたし、今読むと「それは違うよー(*´Д`)」と突っ込みたくなる内容もたくさんありました 笑

初心者以外の方も、たまにはゆっくり読書がてら、個人輸出の本も読んでみては^^

今月の振り返りはこのくらいで!

7月も毎日1歩ずつでいいので前進していきましょー!

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)


“個人輸出 2018年6月月間報告” への6件の返信

  1. ぴーたろさん、いつも拝見させていただいております。詳細な情報が満載で大変助かっております。

    今回コメントさせていただいたのは、アメリカ売上税に対する対応がわからず不安があるからです。Amazon.comで3年ほど前から100%FBA納品の形態で販売しております。

    記事内で「今後Amazon側が自動で徴収してきます(現状のWA州やPA州はその形になっています)。」との記載がありますが、今のところ徴収された痕跡がありません。

    セラーセントラル上のTAX設定や納税者番号が必要なのでしょうか。

    一方的なコメントで大変失礼かとは存じますが、ご教示いただけると幸いです。
    よろしくお願いします。

    • こんにちは^^

      Paymentレポートって分析されてますかー?この期間別のレポートよく見てみてください^^
      実際は私たちの出品価格よりも高い価格(税込)でお客さんはお金を払っており、税部分はAmazonが私たちに払わずに徴収しているんですよー!
      これ、実は税抜表示・税込表示のカラクリなのですが、現状は特にセラー側の対応は不要です。
      この件は今後どうなるかのぴーたろの見解含め別記事にまとめる予定なので少々お待ちくださいませー♪

  2. ぴーたろさん、早速のご返信ありがとうございます!昨日コメントさせていただいたあと改めてPaymentレポートを検証したところ、Sales Taxの自動徴収の痕跡がありました。すみません^^;

    ひとまずは安心したところではありますが、Amazonが紹介しているTaxアドバイザーに問い合わせたところ、US FBA Sales Tax Overview というPDFが届き、そのなかではやはり売上税の登録と申告が必要だという記載がありました。

    もし、そのPDFを共有していただけるようであればコメント時に登録したメールアドレスにご連絡ください。EINの登録などどうされているか知りたいです。

    • 見つけられてよかったです^^
      今後はWAとPA以外の州でもこの動きになりそうですね!

      すいません、PDFとは何のことでしょうか?こちらは持ち合わせはありませんね。。
      Taxについては心配であればご自身の税理士さんに相談してみたほうが安心だと思いますよー^^(それが分からないような税理士さんなら変えたほうがいいです。)
      ※Amazonの売上税にかかるヘルプページはよく読んでみてください!ヒントが書かれていると思います。税務リスクについてはぴーたろも責任は持てませんので踏み込んだ回答は差し控えますが、ぴーたろはクリアにしてます^^

  3. アドバイスありがとうございます!

    PDFとは、Amazonが紹介しているTAXアドバイザーからもらった売上税に関する案内書のことです。もし興味があればお送りしたいと思っての記述でした。

    売上税にかかるヘルプページ読んでみます。ありがとうございます!

    • あ、その意味ですね!
      「共有していただけるようであれば・・・」と書かれていたので、私から提供してほしい資料があるのかと思いました^^;
      では、情報が必要になったときにはご相談させて頂きます!ご親切にありがとうございます( ;∀;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*