【Amazon輸出News】Zon ASIN Hunter Ver.3.0がリリース

個人輸出 2019年2月月間報告

Amazon輸出 ぴーたろ

ぴーたろです^^

2月があっと言う間に終わりましたー!

今月のAmazon輸出・eBay輸出の売上状況はいかがでしょうか?

例年、11月~1月(特に12月)は売上が上がりやすい時期ですが、その反面2月は売上ダウンになりやすいタイミングでもあります。

ぴーたろ

そもそも日数が28日しかないですしね!

ぴーたろは、2月前半戦は売上減少傾向でしたが、後半戦はホリデーで商品レビューを育て上げた商材達の売上が良く、利益はむしろ増加した月となりました!

販売戦略は千差万別かと思いますが、Amazon輸出ビジネスを取り巻く環境は全員に平等に刻一刻と変化しています。

ぴーたろ

今月は大きなニュースが多かったです!

市場の大きな流れを把握しながら、上手にビジネスを進めていきましょー!

それでは、2月も振り返っていきます♪

悲報。Amazon輸出ランキング追跡ツールKeepaが有料化

影響大きな話から。

Amazon輸出で商品リサーチをするにあたって欠かせないランキング追跡ツールがありますよね^^
(参考)
Amazon輸出「売れない商品」「売れる商品」を見分ける3つの方法

現状、このランキング追跡ツールは性能面で最もお勧めできるのがKeepa(キーパ)ですが、19年2月からKeepaが有料化となりました!

ぴーたろ

急にですか・・・(@_@;)

料金は書き通り。

  • 月間契約:15ユーロ/月
  • 年間契約:149ユーロ/年(月額12.4ユーロ)

おそらく大半の方が年間を通して使うと思いますので、年間契約の方がお得です。

ぴーたろ

有料にはなりましたが、手に入る情報からすればリーズナブルな料金設定だと思います。

今後値上げがないことを願っています。

(参考)
Amazon輸出最強のランキング推移追跡ツールKeepaの使い方

Amazon輸出には優秀なツールは必須。

ツールの取捨選択をしっかりしながらAmazon輸出ビジネスを効率的に回していきましょう!

WorldFirstがアリババグループの傘下に!

個人的に驚いたのですが、Payoneerと双璧をなす海外口座提供サービスのWorld Firstがアリババグループの傘となりました!

ぴーたろ

この発表の少し前にはこんなことも・・・。

ぴーたろ

これ、恐ろしいですね。笑

日本人のWorld Firstユーザーには現状影響がないようですが、アメリカではサービスが提供できなくなっているみたいです。

私たちの売上代金を預けることになる海外口座。

もしもの時にお金が引き出せなくなることがないよう、このあたりの情報も少し意識してキャッチアップしていく必要がありそうです。
(参考)
WorldFirstとPayoneerの最新徹底比較!結局どっちがお得!?

消費税還付のInvoiceは自分でダウンロードが必要です

Amazon輸出は消費税還付を受けることができるビジネスです^^

ぴーたろ

消費税の仕組みは最低限理解しておきましょう♪

少し応用的ですが、現在は米国Amazonからも一部日本の消費税が徴収されていて、その分も還付対象にできます。
(参考)
Amazon輸出の消費税還付で損をしないテクニック(登録国外事業者制度 Your Amazon Seller Fees tax invoiceの使い方)

この還付を受けるための必要書類(Fee tax invoice)、これまではAmazonからメールで届いていましたが、今後は各自でダウンロードが必要となります。

ぴーたろ

とても大事な書類ですよー!!

形式的に思えますが、これは書類がないと還付が受けられないものですので、必ずデータをダウンロードして手元に残しておきましょう^^

アメリカ売上税徴収が着実に進行

昨年の6月、インターネット通販業者に売上税課税を認める判決が米国最高裁で出たのは記憶に新しいですね!
(参考)
ネット販売の売上税は課税されます!Amazon輸出への影響と注意点

ぴーたろ

このトレンド、着実に進行している点は理解しておきましょう!

本日時点では以下の州の売上が対象。

  • Washington州
  • Pennsylvania州
  • Oklahoma州
  • Minnesota州
  • New Jersey州
  • Connecticut州
  • Iowa州
  • Alabama州
  • South Dakota州

WA州・PA州だけだったのが、みるみるうちに対象の州が増えています。

この流れはこれからも進行していくでしょう!

ぴーたろ

さらにこんなことも!

ぴーたろ

市場全体として、お客さんの負担が増加傾向にあります!

商品を販売している以上、このような環境変化は把握しておく方がベターです^^

輸出の利益は確定申告を!猶予がなければ自分で!

今年の確定申告期限は2019年3月15日(金)です!

事業主の方も副業の方も、ゆっくり時間を取れるのは今週末ぐらいが最後かと思いますので、対応がまだの方は早急に対応しましょう!

また、今年からAmazon輸出をスタートした方は青色申告を行うための申請期限も同日になります!

ぴーたろ

申請をしておかないと損ですよー!

開業登録は自分でも簡単にできますし60万円も所得控除をとれますので、対応がまだの方は急いで対応しておきましょう!
(参考)
Amazon輸出・eBay輸出の確定申告を自分で行う方法と注意点(青色申告をしよう!)

フィッシングメールには要注意

念のためですが、Amazonに登録しているメールに届くことがあるフィッシングメールには注意です!

今は2段階認証も導入されているため安心はできますが、不用意にAmazonアカウントのIDとパスワードを入力しないようにしましょう!

ぴーたろ

「怪しいな」と思ったメールは、必ず送信元ドメインを見てください!

Amazon公式からのメールであれば、ドメイン(@以下の文字)は必ず「@amazon.com」です。

それでも判断がつかない場合には、Amazonに問合せて確認をするのもOKですよー!

特に初心者の方は間違えてクリックしてしまう事も多いようなので、念のための注意喚起でした^^

ぴーたろ

今月はこの辺で!!3月も輸出楽しんでいきましょー♪

それではー♪

4 Comments

じゅんぺい

こんばんは。今日、確定申告を税理士さんに見てもらって提出しました。私はアマゾン輸出(ほとんどFBA)を昨年から始めたのですが、利益は赤字でした。会計上で見ると毎月赤字のような状態です。昨年末には月商で170万くらいにはなっていたのですが、今年になってからは伸び悩んでいます。売れたものだけの利益だけ見ると利益が上がっていると感じるのですが・・・。不良在庫を持たないように返送するなり安い値段で売るなりもしています。当然と言えば当然ですが、キャッシュは減っています。ただ消費税還付が結構くるのは不幸中の幸いですが・・。税理士さんが、このまま続けていても、ただ働きの状態が続くだけだと言われました。ぴーたろうさんは、私のこのような状態をどう思われますか?

返信する
ぴーたろ ぴーたろ

じゅんぺいさん

こんにちは^^
CFだけでなく会計上も赤字ですか・・・それはしんどいですね><。 FBAは利益計算がうまくできていない方も多いので、実際に年間集計してみたら赤字というパターンもあり得ると思います。 じゅんぺいさんのビジネススキームが分からないのでコメントが難しいですが、少なくとも目指されている目標と合わせて判断するのが大事かと考えます。 1年間の輸出の経験値は溜まったと思いますので、それを糧にもう少し頑張ってみるか、キッパリ今年は休憩してみてもいいと思いますよ^^ 一回輸出をやめても、アカウントさえあればすぐに再スタートもできますので!無責任なことは言えませんが、Amazon輸出はあくまで個人でできるビジネスの一つの形でしかないので、無理に輸出に固執しなくてもいいと思います!参考になれば幸いです^^

返信する
じゅんぺい

ありがとうございます。アマゾンFBAは中古品などもやってなるべく利益率を上げようと思っていましたが、結果はダメでした。同じことをやっていたら、おそらく赤字の垂れ流しになるので、FBAは発送ペースはすごく落とそうと思います。ebayや国内中心にやろうと思います。他の人と違うものを出さないと本当きつくなってきてますね。

返信する
ぴーたろ ぴーたろ

じゅんぺいさん

eBay輸出はAmazon輸出と属性や販売方法が大きく異なりますが、輸出の経験は活きると思いますので頑張ってください^^
応援してます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください