【Amazon輸出News】Keepaタイアップ企画 特別割引クーポン延長決定!!

個人輸出 2021年9月月間報告

Amazon輸出 ぴーたろ ブログ

ぴーたろです^^

10月に突入しましたー!

暑い暑い夏も終わり、だいぶと過ごしやすい季節になってきましたね!

最近の週末はテニスやバトミントンなどをしていることが多いので、涼しい季節になってとても快適です♪

Amazon輸出 ぴーたろ 越境EC

今年もコロナでお出かけや旅行などは自粛ムードが漂いましたが、今月も我々ECセラーの市況は非常に良かったと思います。

ぴーたろ

きちんと取り組んでさえいれば、去年のホリデーが可愛いくらいに稼ぎまくれた地合いでした。

さらに、9月のドル円は衝撃のおかえり112円台もマークし、為替の後押しもすごい状態でしたね。

総裁選もあったり、緊急事態宣言もやっと解除されたりと、日本も大きく動いた9月。

海外のAmazon様もいつものようにうごめきまくっていますので、重要どころだけおさらいしておきます!

Amazon米国PL保険を義務化へ

世界中で大きな話題となりました、本家米国Amazonでの販売事業者のPL保険加入が義務化されました。

ぴーたろ

予想どおり大量のご質問やお問い合わせ(苦情?笑)を頂きました。

個人的には、今回の件で驚いたのですが、Amazonのルールうんぬん前に・・・

ぴーたろ

海外PL入らずに海外で転売や自社ブランド展開している人が多すぎ問題!!笑

PL(Product Liability)保険、つまり「生産物」賠償責任保険とは言いますが、海外(特に米国)では製造メーカーはもちろん販売事業者も賠償責任を負わされますので、副業でも本業でも海外でモノを販売する場合は加入がマストです。

ぴーたろ

ぴーたろもAmazon輸出を始めた2か月目から継続して加入してます。

年間最低でも数十万円ほどはコストがかかりますが、ノーガードで訴訟にでもなれば一発で利益が消し飛ぶどころか、多額の借金まで負う可能性もある世界です。

何かあってからでは遅いので、詳しく知らなかった方もこの機会にきちんと保険に加入しておきましょう。

ぴーたろ

通常は費用さえ払えば過去に遡及して保険加入できます。

もし未対応の方は、中途半端な状態にしないため、販売した日からさかのぼって加入してことをおススメします。

ちなみに、加入がない場合(保険証書の提出が行われない場合)、Amazonは特定カテゴリーの販売停止アカウント自体の停止措置を行うとハッキリ明記しています。

今後どのように動いてくるかは分かりませんが、少なくとも順次ロールアップされてくる内容となりますので要注意です。

ホリデー前の最終準備を!

今年もホリデー準備を進める時期に突入しました。

この時期は無在庫セラーとFBAセラーで戦略が変わってきますが、後者の場合はご自身の過去の販売実績をきちんと見直しましょう。

ぴーたろ

ホリデーシーズンは一度在庫が切れると、納品をしても反映が遅れてホリデーが終わったころに在庫に反映・・・

なんてことも珍しくありません。

今年もAmazon様はFBA倉庫に設備投資を進めまくったおかげで、FBA倉庫側のキャパシティは昨年度よりも余裕はありそうです。

ぴーたろ

去年は在庫の納品制限などで死亡したセラーも少なくありませんでしたね。

ホリデーを泣くか笑うかは事前準備で勝負が決まりますので、計画的に準備を進めましょう♪

10月以降の注文、1月まで返品OKへ・・・

もはや毎年恒例とするつもりなのでしょう、昨年に引き続き10月以降の注文に関しては、翌年1月まで返品が受け付けられることが決まりました。

ぴーたろ

悪用するお客さんが増えないことだけを願うばかり(+_+)

最大で4か月前の注文も返品されちゃうということですね。笑

特にFBAの場合はノールックで返品を受け付けるAmazonですので、この点は自社出荷セラーの方が確実に安心といえそうです。

Amazonの場合「10月以降の売り上げは1月が終わるまで確定しない」という点は肝に銘じておきましょう。

不良在庫を再生品として出品するオプション追加

FBAセラーに朗報。

返品などで発生した不良在庫に対して、新しい処分方法のオプションが追加されました。

在庫の処分方法については、最近も新たに業者清算が追加されたばかりですので整理しておきます。

現在のAmazonでの不良在庫の処分方法は以下の4類型になります。

  1. 返送
  2. 廃棄
  3. 業者清算
  4. 再生品販売 ← New

Amazon倉庫のオペレーションミスなどで「Amazonが原因」で不良品が発生した場合には、Amazonが自動補償の後に買い取って不良品を再販するケースは過去からありました。

ぴーたろ

一方で、お客さんから返品されて発生した不良在庫はセラー負担の不良在庫となるんですよね。

この不良在庫に対して、Amazonが補修できる範囲の内容であれば補修をして販売をしてくれるというものが今回のサービスです。

ぴーたろ

海外で発生したFBAの不良在庫、一度でも日本に戻して現物を確認したことはありますでしょうか?

実際に見たら驚きますが、良品でもおかしくないようなものも担当者判断で不良品になっていたりします。泣

今回のプログラムで、本来捨てなくていい不良品も換金できるチャンスが広がるとありがたいですね!

Amazonの広告枠はどんどん増殖中

ここ数年、売上規模の大きいキーワードや競争が熾烈なジャンルほど広告の専有面積が大きくなったAmazonさん。

特に市場の大きい米国では広告の掲載枠が日に日に広がっています。

ぴーたろ

広告枠の露出が増えたことで、オーガニック上位のCTRは年々確実に下がってきていることは容易に想像できますよね。

要するに、既に上位を取れている商材であっても、守りのための広告掲載はさらに必要性を増しているということです。

ぴーたろ

裏を返せばAmazonさんの狙いはそこ。

広告枠を増やす→既存CTR下がる→出稿者が増える→広告単価が上がる→Amazonが儲かる→広告枠を増やす→・・(繰り返し)・・

素晴らしいビジネスモデル♪

この大きな流れは今後も変わりません。

特に自社ブランドを展開されている方は、少なくとも自社商品のSERPの変化は毎日でも確認して敏感になっておくべきポイントですよー。

お家晩酌を少しでも快適に!

コロナで家で飲む機会が増えて久しいですが、こうなると友達と飲んだり晩酌の時間がとても増えました。

ちょっとの工夫で楽しい時間をもっと楽しくしたい♪

ぴーたろ

外で飲むのも大好きですが、家でのんびり飲むのも満足度高いですよね♪

気心の知れた友人や、おいしい料理・おつまみを作ってくれる彼女や奥様がいる場合は特に幸せです。

コロナが始まった2020年の1月には晩酌ツールとしてソーダストリームをご紹介しました。
(参考)
2020年ぴーたろが買って良かったもの一覧

ぴーたろ

今回新たに買っておススメなのがこちら。

ワイングラスのようですが、これでビールを飲むのがおススメなのです。

ぴーたろ

正直、結構良いビアグラスもいくつか持っていたのですが、やはりモノの価値は値段ではないですねー。

良さがわかるとビールはこのグラスでしか飲まなくなりました。

実際に使っていておススメのポイントは以下。

  • この形状の方がビールの香りをとても感じて美味しく飲める(最重要ポイント)
  • ステムが短めで安定。洗いやすく、食器棚にも入りやすい。
  • グラスひとつなので安い!コスパ最強。

ぴーたろ

背の高いワイングラスではなく、ステム(持ち手)の短いタイプが扱いやすくてオススメです。

硝子製品メーカーはたくさんありますが、ぴーたろの場合飲み口の形状やサイズ感が一番良いものが木村硝子さんでした。

ぴーたろ

どうせ同じビールを飲むなら、缶のまま飲むのでは勿体ないですよー!

グラスひとつで味も気分も上がりますので、ビールを飲まれるかは是非試してみてください^^

さて、10月はホリデーの納品期限を考えると最終準備局面。

しっかり準備を整えて、今年もホリデーを楽しみまくりましょう!!

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください