【Amazon輸出News】Payoneer為替手数料0.8%に引下げ!

個人輸出 2020年1月月間報告

Amazon輸出 ぴーたろ

ぴーたろです^^

2020年1月が終了しましたー!

新年一発目の月間振り返りですが、今月も矢のように終わっていきましたねー。

思えば2016年1月から月間報告を続けていますが、丸4年が経過したことになります。

ぴーたろ

懐かしい・・・あの時は仏壇売ったよな。笑
2016年1月最初の月収報告

右も左も分からず始めた備忘録ブログですが、ここまで長く続けてこれたのも皆さまがサイトに遊びに来て頂いたり、励ましのコメントを残して頂いたお陰です。

当サイトのコメント総数もこの記事を書いている時点で累計1,145件となっています!

ぴーたろ

ぴーたろ自身、色々なコメントからたくさん勉強をさせていただいてます。

ぴーたろだけでなく、このブログに遊びに来て頂いた方々の悩みや試行錯誤も一箇所に詰まったブログになっているので、これから記事を読まれる方は是非コメント欄も覗いてみてください^^

さて、今月は中国のコロナウイルスが大流行しましたね。ニュースもこの話でもちきり、世界中の注目も非常に高まってます。

物販業界ではマスク転売が横行したり中国からの物流が止まったりと大きな話題になりましたね。

このような最新状況の把握も大切ですが、最新のAmazon情報をアップデートすることは今年も変わらず重要な物販能力になっています。

遅くなりましたが、今月もしっかり振り返りしていきましょう!

Amazonの商品レビューが全世界で結合表示!

まずはこれから。

Amazonの商品レビューが世界中で結合されて表示されるようになりました!!驚きです。

ぴーたろ

個人的にこれには超びっくり。

従来・・・

  • 日本Amazon.co.jpでの商品レビューが100
  • 米国Amazon.comでの商品レビューが20

と、それぞれの市場で獲得したレビュー数が表示されていたものが・・・

  • 日本Amazon.co.jp、米国Amazon.comでの両商品レビューが120(100+20)

と表示されることになりました。

ぴーたろ

これまでも、海外市場での商品レビューはページ下部に参考として表示されることもありました。

ただ、商品ページ上部のレビュー数に数値が合計されてはいなかったんですね。

国ごとに、商品を使うユーザーの属性が全く違う以上、これが正しい判断なのかは分かりません。

実際アメリカ現地でも賛否両論の声ですが、事実として表示方法が大きく変わっています。

これがピンチになるかチャンスになるかは取り扱い商材次第(例えば、日本ではレビューが荒れているけど、海外では人気の商品もあったりします)です。

利用環境やモバイル表示ではレビューが結合されていないページがあったりと、まだまだ実験段階の状況には見えますが、売上に直結する大きな環境変化なので注視する必要がありそうです!
(参考)
Amazon商品レビュー1件の価値はいくら?

Amazonの商品リサーチを自動化するヒント

あまり大きな声で言うつもりはなかったのですが、セラースプライトという最強(最凶)ツールを使う事で、商品リサーチを自動化するセラーさんが増えています。

簡単に言うと・・・

  1. 目標にするセラーをロックオン
  2. Zon ASIN Hunterでセラーの出品商品を抽出
  3. セラースプライトでそれ以降の新規出品商品を自動通知

ぴーたろ

上手くツールを組み合わせればこんなこともできちゃうんですね。笑

やり方の詳細はこちら。
(参考)
Zon ASIN Hunter3で商品リサーチを自動化する手順

なお、商品情報はPRIMAでクレンジングが鉄板。自分が出品したい商品情報も自由自在に取得可能です。

ぴーたろ

ツールは使いようで作業時間を大きく削減できます。

これはほんの一例ですが、世の中にどんなツールが用意されているか知っておくだけでも有利ですよー!

自分の凡ミスによるアカウント停止だけは防ぎましょう

この記事を書いている2月に入ってから、ご相談数に拍車がかかっていますが、相変わらず知財絡みの出品には要注意です。

FBAセラーさんの場合は、一度出品を消してもAmazonが30日後に自動出品する機能もある点は要認識。

事前に情報キャッチして出品を消したつもりでも、Amazonのこの機能によって永久サスペンドの運命をたどった方がちらほらでています。

ぴーたろ

出品を消すときは「①出品削除」+「②FBA在庫処分(廃棄 or 返送)」のセットで対応するのがマストになってます。

事前にきちんと調べればリスクヘッジできるケースが大半なので、この辺りの知識はきちんとつけて販売に臨む必要ありです。
(参考)
Amazon輸出の知的財産権・著作権・商標権の問題と対処方法

Amazon物販のパラダイムシフトになりうるオンサイトアソシエイト

Twitterでは意外と反応がなかったのですが、実際に米国Amazon最前線で販売をしているセラーさんなら気付いているはずなので少し触れておきましょう。

今、米国Amazonではオンサイトアソシエイトなるビックウェーブが起こっています。

要は、Amazonが信頼に足る第三者の(サイト)情報をそのままAmazonの検索結果に表示させるという取り組みが起こっています。

ぴーたろ

この第三者メディアが「オススメ」と書いたら、そのまま検索結果に大きく表示されます。

しかも検索結果の2行目に表示させるという荒技。

Amazon上での物販を正確に理解している方ならこのインパクトが分かっていただけるはず。

将来的に日本でも始まる可能性がありますが、既に米国では各ブランド(特に動きの早い新興ブランド)はこの表示に関連するメディアへ働きかけが始まっている印象を受けます。

これもAmazon市場のゲームのルールを大きく揺るがす流れ。

特に自社商品やOEM品を販売しているセラーさんは自分のキーワードやカテゴリーでの検索結果の表示のされ方に注視が必要です。

ぴーたろ

ぴーたろも既にしっかり動いてます。もし報告できることがあればTwitterででも呟きます。笑

オプトアウト対応がより厳しく。もっと簡単にお客さんに確実にメールを届けたい。

「お客さんに連絡が届かない・・・」

Amazonで物販をするなら必ず通る道ですよね。原因は顧客側のオプトアウト設定。

これに関して、以前はセラセンのメッセージ画面でオプトアウトを弾く(注文に関する重要なメールとしてメッセージを送る)ことが可能だったのですが・・・

ぴーたろ

最近はこれもできなりました。

対応策としては、外部のメールクライアントからお客さんにメールを送るという手法です。

ぴーたろ

この場合はタイトルに[important]とつければ強制的にお客さんにメールが届きます。
  1. セラセンからメール送信
  2. メールが届かないことが発覚!
  3. 外部メールクライアントからメール送信

この煩雑なプロセスを防ぐ方法としては・・・

  1. オーダーレポートから顧客メールアドレスを取得
  2. 外部メールクライアントからメール送信

という流れを取る必要があります。

ぴーたろ

ぴーたろもこれに対応する社内システムを作り直し、早速外注スタッフのマニュアルに落とし込みました。

非常事態に本当に重要なメッセージをお客さんに送れないのは致命的ですので、上記内容は理解しておくことをオススメします。
(参考)
Amazon輸出でお客さんにメールが届かない時の対処法

FBAセラーの在庫追跡は必須。使えるツールの開発が求められてる。

FBAセラーのみなさま。

ぴーたろ

在庫管理はバッチリできていると自信を持って言えますでしょうか??

有在庫でビジネスをする場合、在庫の追跡はビジネスの肝となります。

ぴーたろ

ぴーたろもAmazon輸出を始めた当初からまずシステム化を進めた領域です。

FBA販売という特殊な販売方法を取ると、特にFBA倉庫に在庫を送った後の動きがブラックボックスになりがちですよね。

ぴーたろはシステム屋ではないですし、保守メンテの責任などは負えないので自社ツールを外販は考えてませんが・・・

ぴーたろ

多くの皆様の反応があったので、この痒い所に手が届くツール誰か作ってください。笑

今年のAmazon輸出はこれで乗り切る。

さて、終わりに最近買って良かったものをひとつご紹介。

家で炭酸が作れるソーダストリームです。

ぴーたろ

控えめに言って、めちゃ良い。

ちなみに、ボトルを装着しやすい上記SPIRITシリーズがコスパ最強です。

ぴーたろは自宅ではハイボール派なのですが、これを買ってからというもの、炭酸が切れてハイボールが飲めないというストレスから完全に解放された毎日を送っています♪

ぴーたろ

全然知りませんでしたが、女性は炭酸水で顔を洗う方もいるみたいですね。

2020年、今年も1年間これさえあればAmazon輸出頑張っていけそうです♪

皆さんも自分の士気を高めてくれるアイテムも使いながら、今年も物販ビジネス頑張っていきましょう!

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください