個人輸出 2018年8月月間報告


ぴーたろです^^

9月になりましたー!

暑さもピーク時よりは少しずつ引いてきましたね!

昨日は25年ぶりの大型台風が日本に上陸しましたが、みなさま大きな被害はなかったでしょうか?><

結果、予報の通り猛烈な台風になりました。

ぴーたろもAmazon輸出のFBA向けの貨物の配送予定を変更、Amazon輸出無在庫やeBay輸出の出荷は関西・四国の外注さんではなく北海道の外注さんに動いてもらい事なきを得ました。

アメリカでよく起こるハリケーンの影響と比べれば、日本の台風はまだ可愛いレベルなのかもしれませんが、このような天災は輸出ビジネスのロジスティクスに大きな影響を与えるので勘弁してほしいものです・・・

今月も色々な取り組みをしているとあっという間に1ヵ月が過ぎてしまい、ブログ更新自体は停滞しまくっていますが、、、その分輸出が好調という事でご容赦ください(=゚ω゚)ノ

今月は少し落ち着きそうなので、輸出も趣味ブログもガンバリマス♪

では、今月も振り返りと考察をしていきましょい!



スポンサーリンク

FBA長期在庫保管料が月次請求に(;’∀’)

まず重要所から!!

FBA長期在庫保管料が毎月請求になります!これ、適当に考えていると大きな赤字を喰らいますので注意ですよー!

これまで2月と8月の年2回徴収されていた長期在庫保管料(180日以上滞留の在庫に課金される高額の倉庫保管料)でしたが大きな変更となりました。
(参考)
Amazon輸出で売れない商品を抱えてしまう原因とその末路
(参考)
Amazon輸出の利益計算方法(FBA販売)

これまでは仮に不良在庫を抱えていても2月と8月の直前のタイミングで在庫破棄や返送などの対応をしていれば問題はなく、その意味で商品が売り切れる可能性も高かったと思います。

6か月以上~12カ月未満滞留在庫$3.45 / 1foot×1foot
12カ月以上滞留在庫$6.9 / 1foot×1foot  

個人的に今回の規約変更は、特に初心者セラーさんにキツい内容かなーと。。

FBA販売は繰り返すほどに仕入や在庫保有量の精度がUPしていきますが、その経験値が身につくまでには少なからず不良在庫を抱えてしまう経験もあると思うからです(少なくともぴーたろはそうでした)。

Amazon側の意見としては伸び続けるEC市場の中で、限りあるFBA倉庫の保管スペースを有効に活用したいというもの。

FBA販売のセラー側の対応としては「FBA在庫は自宅(もしくは自社倉庫)に保管」「FBA倉庫に納品する在庫数は必要最低限で」という基本原則に立ち返ってビジネスしていきましょう!

Amazonで高評価の商品の闇(特に中国商品)

気になる内容の記事を改めてシェア。

汚れたAmazonレビュー 数珠が家電に化ける時

ブログやTwitterでも何度か言っていますが、Amazonは必ずしもいい商品が売れるという訳ではなく、“ページ(のSEO)が強い”商品が売れるという特性があります。

このカラクリを悪用した例ですが、日本市場でこれです。もっと大きい米国やヨーロッパ市場ではさらに横行してるでしょうねー(心当たりのある商品もちらほら思い浮かびます)。

でも見方を変えれば、ここまでAmazonの仕組みやルールを逆手にとってビジネスしているセラーは非常に研究熱心な人ですよね(。-`ω-)笑

ぴーたろもAmazonの最新情報を熟知という点ではそうそう負けない自信がありますが、プラットホーム上での販売をする上ではこれからもあらゆる情報に触れておきたいです♪



スポンサーリンク

Payoneerさん越境ECセラーの背中をもうひと押ししてくれるかも?

今月はPayoneerのVIP担当さんともお話をしました^^

新しい担当の方で非常に親身にお話を聞いてくれたので頼れそうです♪

既存セラーさん新規セラーさん含め、さらにAmazon輸出をスタートしやすいキャンペーンも考えてくれそうでしたので、アップデートあればシェアします^^
(参考)
Payoneerの使い方(最新のPayoneerでできることの全て)

ちなみに、今月からPayoneerでメキシコAmazon向けのペソ口座サービスも提供開始!!

Amazonでは米国・カナダ・メキシコを北米アカウントとして一括で販売が可能ですので、単純な販路拡大にはもってこいです^^

メキシコ市場を狙っている方、既に参入されている方はどんどん活用していきましょう♪

Amazonの規約違反によるアカウント停止にご注意

先々月の2018年6月の成果報告でもご報告の通り、少なくともぴーたろは初めて目にしたアカウント停止のパターンがありました。

ズバリ、内容としては「商品を高額で出品している」というもの。

「別に高額出品していても売れないだけだからいいのでは?」と正直思ったのですが、確かにAmazonの公式の規約にも禁止されている内容でした。
Amazon輸出 価格 高額今回のセラーさんは、すべて$777.00でテスト出品をしていたようですが、市場を見たところそれ以上の価格で出品しているセラーもいる模様・・

少しアドバイスをさせて頂きましたが、Amazon側の対応も渋く、最終的にはご紹介したアカウント復活のサポートサービスを活用しながら、結局2ヵ月かけて何とかアカウントが復活しています。

Amazonの判断がよく分かりませんが、とりあえず同じような状況で出品されている方は一応注意したほうが無難だと思います(/・ω・)/

アカウント停止は色々な理由がありますので、今一度注意をするように肝に銘じましょう!
(参考)
実録!Amazon輸出でアカウント停止を受けた時の対処方法

スポンサーリンク

Amazon輸出に慣れたら独自ブランド商品展開を

ぴーたろはFBA販売メインのセラーですが、今年に入ってはFBAセラーにとって逆風が吹いている印象です。

●FBA手数料の引き上げ
●FBA在庫保管料の引き上げ
●FBA長期在庫保管料の月次徴収の開始
●Prop65対応や商標違反時の出品取り下げによる販売不可在庫発生リスク etc…

上記例をとると、無在庫セラーさんはすべて影響がないと言えます。また、有在庫自社出荷セラーさんも、不良不可在庫が出ても別市場で捌けば影響はありませんよね♪

越境EC市場も少しずつ成熟してきて、市場の規制が効いてきているイメージでしょうかね(;´∀`)

こういうときにも普遍的に好調なのは、無料メルマガでも少し触れている独自ブランド商品の展開です。

ぴーたろも新規登録は継続的に行っており、毎月数千円・数万円稼いでくれるプチプチヒット商品や十万円以上稼いでくれるプチヒット商品は積み上げで増えていくのでオススメしています。

良く聞かれるので少しだけご紹介すると、例えばこちらの商品はブランディングが上手ですよね^^ずっと前から参考にしているブランドの一つです。

ココラブルという会社さんのブランディングですが、ヒントになる要素がいっぱい詰まっていると思いますよー^^こういう会社さんもガンガン市場に出てきています。

やはり一番うまみがあるのは自分で作りだした市場や商品で勝負すること。

もちろん最初からは難しいですが、少しずつレベルアップしながら個人輸出を楽しんでいきましょう♪

Amazonが世界一になる日も近いかも!?

最後に、もう少し俯瞰的なお話。

成長著しいAmazon様ですが、世界初の時価総額1兆ドルを突破したアップルを追い越しそうですね!!(≧▽≦)ワオ

(参考:https://www.180.co.jp/world_etf_adr/adr/ranking.htm)

個人的には7位のアリババが気になりまくりですが、世界中のEC市場はまだまだ伸びていきそうです。

ちなみにeBayは現在340億円くらい。

今年もハロウィンやホリデーシーズンが少しずつ近づいています。色々新しいことにも挑戦しながら、輸出ビジネス拡大させていきますよー!!

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)


“個人輸出 2018年8月月間報告” への6件の返信

  1. こんばんは。登録から3カ月が過ぎ、ようやく1か月の売り上げが1000$を超えたameです。でもまだまだまだ赤字ですが^^;
    今回の記事のアカウントストップ、私も最近たまたま価格変更した時に間違えて1桁多くしてしまったらすぐさま「価格が高いから改善せよ」とのメールがアマゾンからきて、その商品だけが販売停止になっていました。なんか、価格の幅が決まっているみたいですね…。
    いろいろ細かいルールがあって、本当に日々手探りです。ぴーたろさんのブログを結構何度も過去まで戻って読んだりして勉強させて頂いていますm(_ _)m

    ところで、今回やっと「FEEDBACK 5」を仮登録してみたのですが…こちら、バイヤーさんが設定でメールの受け取り拒否してる方が多いようで、たぶん送ったうちの8割近く?メールがかえってきました。そういうものなのでしょうか…。
    未だに評価がひとつもないのでホリデーを前に焦っているものの、評価お願いメールが弾かれるのでは手も足も出ません…;評価を送る際に何かコツとかいい方法があったらぜひ教えてほしいです。
    お忙しいとは思いますがこれからもブログ更新、楽しみにしています!

    • ameさん

      こんばんは^^
      順調に前進されていますね!最初が一番大変ですが、継続するほど簡単に感じてきますので頑張ってください♪
      高額出品に関しては、①CSV出品時の設定②Price Errorの手修正の2つの方法で閾値が設定できます。
      今回のセラーさんは、あえて価格閾値の設定を$0~$999にして販売をされていましたね。

      過去記事であっても、該当記事にコメント頂ければ質問にはお答えしていますので、お気兼ねなくコメントくださいませ^^
      Feedback5ですが、オプトアウトの割合は8割は高いと思います。
      ちょうど先日Twitterでもぼやいていますが、9月末までなのではバイヤーとのメッセージ画面の旧インターフェースが使えるので確認してみてください。
      旧インターフェースは送信メールが確認できますが、そのうち赤い文字で送信不可の表示がされていたら届いていません。

      また、あまり大っぴらにオススメはしにくいのですが、強制的に送付する方法は此方です。
      (参考)
      Amazon輸出でお客さんにメールが届かない時の対処法

  2. おはようございます。ご返信ありがとうございました。
    価格設定はセラセンからすぐ変更できました^^ CSV出品はいまだに一度もやったことがないのですが、やはり覚えたほうが楽でしょうか?

    また、メールが届いかない…へのご返信ありがとうございます!
    教えていただいた画面から確認したところ、購入された数の分母を過小評価していたようで、8割は言い過ぎでしたが3割に届いていないようでした。
    この届かない方たちへ、手動でメールすべきかどうか悩み中です。ぴーたろさんは評価依頼が受け取ってもらえない方たちへの対応、どうされていますか?

    全然関係ないですが…本日、FBMで届けた荷物に一部破損の連絡がお客様から(><)
    返金対応をアマゾンに確認しつつの、郵便局にも保証の確認をしたら「アメリカの郵便局に言ってくれ」って……うそぉ。と思いましたがSALの書留保証ってそうなんですか?;

    • ameさん

      こんにちは^^

      CSV出品は、必要が迫られていなければ無理に覚える必要はないと思いますよー!
      無在庫販売に本気で取り組まれる場合は避けては通れない道になるかと思います 笑

      メールが届かないお客様については、私は現状フォロー対応していませんねー。とはいえ、特に最初にうちはレビュー数を集めることも重要ですので対応を検討してもいいと思います^^

      SALということは郵便局ですね?郵便局の場合、海外現地のDamage Reportと日本からの調査請求のセットがないと補償してもらえません>< 。 参考までにどうぞ。 Amazon輸出 商品が紛失・破損した時に補償を受ける方法(調査請求書)

  3. ぴーたろさま、おはようございます。
    返信ありがとうございます!!補償を受ける方法の過去記事見逃しておりました。ありがとうございます。
    で、読んでみたのですが……
    ひいぃ……ハードル高い……!!みなさんちゃんと対応してくださるものですか…?
    日本人だとかえってやってくれなさそうですが海外の方の方がこういうのはやってくれるのでしょうか。

    今回は、グラス1個分で大した価格ではないのと、お客様へのリカバリに必死になっていたあまり補償のために動いてくれと言い損ねてしまいました…;;
    でも、お客様から先ほど、すごくうれしい言葉をもらえて、それだけでまたがんばろ!と思えています。

    とはいえ、毎回こうではいけないので、次回からはきちんと補償のためにも動こうと思います^^;すごいなぁ~。ぴーたろさんとその外注さんは。

    ホリデーシーズンにも何とか参加できそうで、(8月の荷物がなぜか3週間近く倉庫に入らなくて、8月は全然売り上げ上がらずでした;25個いかないんじゃと本気で焦りました…;)これからせっせと手探りで仕込みします。
    ぴーたろさんも年末に向けて本業もお忙しくなると思いますが、お体に気を付けてお過ごしください。

    • ameさん

      こんにちは^^
      調査請求は本当にハードル高いですよね。さらには忘れたころに補償金が払われたりしますので、もう少しこのシステムを改善してほしいです。
      ぴーたろは不良品対応は必ず商品画像を送ってもらうようにしていて、そのコミュニケーションの中でダメージレポートを発行してもらうよう依頼しています。

      ホリデーシーズン、間に合って良かったですねー><。このシーズンの売上はストア評価も貯めるチャンスでもありますので、お互い頑張りましょう♪ ameさんも、またいつでもサイトに遊びに来てくださいね^^ではでは♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*