個人輸出 2018年10月月間報告


ぴーたろです^^

グッと寒くなってきましたねー!

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

10月のハロウィン、ぴーたろはプチ売上フィーバーを経験しまして、同時に来年の課題も見えていきました^^

11月に入ってからは、今年最後のスパートをかけて外注さんとともに輸出ビジネスに勤しんでおります^^♪

無在庫セラーさんであれば、クリスマスシーズンはまさに出荷でバタバタの毎日になると思いますが、ぴーたろのようにFBAメインセラーは11月中に準備をして12月は寝ておけば自動的にお金が入ってくる違いがありますよね。

ホリデー前の準備の重要性は既に体験済みですが、今年は万全を期して臨めている(はず)!!

既にサイバーマンデー・ブラックフライデーの納品期限には間に合わないと思いますが、クリスマスシーズンでFBA販売したい方は12/5が納品期限ですのでお忘れなく^^
(参考)
Amazon輸出クリスマス事前準備~ホリデーシーズン完全攻略~

それでは、駆け足ですが10月の最新Amazon輸出情報を書き残しておきます♪



スポンサーリンク

カナダ郵便局でストライキ発生

輸出あるあるではありますが、10月はカナダ郵便局でストライキが発生しました。

日本郵便の局員がストライキとか起こしたらこんな感じでは笑ってられませんが・・・笑

幸いぴーたろの荷物は滞りなく届いていますが、中にはこの影響で荷物の到着が遅れてしまったセラーさんもいらっしゃるかもしれません。

個人輸出ビジネスのリスクは今一度しっかり把握して楽しみましょう^^

円安が進む進む♪

対米ドルの円安傾向が続伸しています(´▽`*)ワーォ♪

執筆時点の状況。
Amazon輸出 為替アメリカの中間選挙等、為替動向が気になるイベントが続きましたが、ひとまず輸出セラーにとっては追い風が吹く状況になっていますね^^

私たちはFXをしている訳ではないので売上の円転のタイミングはあまり意識していない人もいらっしゃると思いますが、最近はぴーたろはまとめて円転して為替差益しっかり取りにいったりしています。

Payoneerでは売上を出金依頼する時の適用レートが分かりますので、利益確定額もしっかり把握できて便利です(/・ω・)/

これまでのセラーとしての累計販売実績によってそれぞれ適用レートは違うかと思いますが、為替の管理や考え方は近々書き残しておこうと思います。



スポンサーリンク

eBay輸出の戦士がまた一人・・・

Amazon輸出やeBay輸出のような個人輸出ビジネスは非常にニッチですよね!

Twitter界隈で輸出ビジネスの情報を発信されている方なんてのはさらに少なくなってしまいます。

そんな中、個人的に有益な情報を発信し続けているなーと思っていた「生涯eBay輸出を楽しむ」さんがTwitterから消えてしまいました。

何かあったのでしょうか。心配です(@_@;)

MWSアクセスキー取得の件

先月報告したMWSのアクセスキーの新規取得の件ですが、まだまだハードルは高そうです。

色々な情報が錯綜している感もあります。

そんな中、Amazon輸出高機能ツールのPRIMAではキー取得の突破ができそうという朗報が。

またいつルールが変わるか分かりませんので、利用予定がある方は今のうちにツール可動させられる状態にしておくのが良いかもしれません^^

こういう時にツール開発側のサポート体制の力が問われますよね!

スポンサーリンク

商標の警告は要注意

複数の方からご相談を受けていますのが、Twitterのつぶやきだけでは伝わらない可能性がありますので念のため書いておきます。

現役セラーのぴーたろからお伝えできるAmazon輸出の商標権侵害問題への対応方法はこちらに書いている通りかなと思います。
(参考)
Amazon輸出の知的財産権・著作権・商標権の問題と対処方法

これをすっ飛ばして実際にトラブルになった事例だけをご相談頂いても、ぴーたろもアドバイスし兼ねますのでご勘弁を。。

というのも、ぴーたろ自身もリスクの高いブランド商品やメーカー品は扱わないようにしていますし、警告を受けた時には速やかに出品を取り下げているのでそれ以上のトラブルに発展したことがないからです。

特にAmazon輸出に慣れていない初級セラーさんからのご相談が多いですが、自分の身を守るためにも最低限の知識は持ってビジネスを楽しみましょうね^^

ブログコメント700件突破!!

「CPAエクスポーター ぴーたろ」のブログコメント数が700件突破しました(パチパチ)^^

これまでたくさんのご質問やアドバイスも頂きながら、何とかブログを継続していますが、各記事のコメント欄の方もお役に立てる情報が残っているかもしれません(^^♪

そんな中、少しだけ気になったコメントをご紹介。

Amazon輸出 ブログ コメント

他のFBAセラーさんからも同じような質問を受けた経験がありますが、特にAmazon輸出をスタートされたばかりの方!

大丈夫かと思いますが、今一度利益計算ちゃんとできてるかチェックですよ!!

例えば、基本の「き」ですが、FBA倉庫までの国際送料なんてものは、理論的には在庫の原価に乗せる必要があります。

これを発生時に費用処理していれば、(本当は黒字でも)もちろん赤字になってしまいますよん。

ぴーたろはFBA販売の利益を日利で算出する自社システム使っていますが、会計に一切頓着がないとそのポイントでつまづいてしまうのかもしれませんね。

税理士をつけられている方は大丈夫と思いますが、ご自身で確定申告をされる方は今一度利益の計算方法を確認してみてください^^
(参考)
Amazon輸出やebay輸出で確定申告・帳簿記帳するためのオススメツール
副業のAmazon輸出ビジネスでは税理士は必要なのか?

また、ブログコメントもさることながら、Amazon輸出の最新情報を呟いているTwitterのフォロワーさんも400人を超えてきました!

こんなニッチなビジネスをしているアカウントなのに、いつも応援ありがとうございます(; ω  ;   )アリガトウゴザイマス

ブログ書く時間ない時も、負担の少ないTwitterでは情報共有していますので是非ご活用ください^^

Amazon輸出 ぴーたろ

11月のホリデー準備に目途がつけばもう少し時間ができますので、また色々と溜まったナレッジをブログ内でもTwitterでも皆さんと共有できるように頑張りますね^^

また、ブログももう少し見て頂きやすくするために、ホリデー落ち着いたらブログデザインも刷新予定です!(言っちゃからには頑張る予定。予定ね。。笑)

年末も近づいてきました!

置かれている環境は様々かと思いますが、ラストスパート頑張っていきましょー!

それではー♪

CHECK!!

初心者の方でも分かるAmazon輸出の始め方から、実際のノウハウやテクニックは全てこちらでまとめています。

>>Amazon輸出の始め方(副業でも安定収入を得る全メソッド)

POINT!!

Amazon輸出で稼いでいる人は、効率的に利益をあげるため各種のツールを利用しています。Amazon輸出で威力を発揮するツールはこちらでご紹介しています。

>>Amazon輸出ツールおすすめ比較 最新情報(有料・無料)


“個人輸出 2018年10月月間報告” への3件の返信

  1. ぴーたろ様
    ひゃ~>< 私のコメントが取り上げられ(晒され!?笑)ている~。
    先日はお返事頂いていたのに、お礼も申し上げずすみませんでした。海外への発送料金って、FBMなら1つ1つだから明確に分かるのですが、FBAに送る時っていくらかかるか分からなくない…ですか?
    送料も十分ペイすると思って金額設定していたのが、予想外のカウンターパンチで凹んでいました…。
    今回、特に高かったので調べたところ、思わぬ関税がかかってしまっていた、というのが原因の一つでした。それにしても私の扱う商品はどうやら大き目なものが多かったようです。
    対して数が入っていないくせに容積重量でやられているかも……。
    そうしたところを見直して、商品選定からテコ入れしようと思います。

    そういえば、TNKさんからも「amazonの規定で50ポンドを超える場合は大型商品が入っていなくてはいけない」という初めて聞くアテンドがあって、みんな事前に箱の重さを計っているんだろうか?とか、いろいろ「??」にぶつかった10月でした。
    倉庫振り分け設定にしているので、重たい荷物に必ず大型商品が入るとは限らないし…。

    この辺りはどうなのでしょうか。ぴーたろさんは、FBMへ送る荷物は重さを計って、大型商品が入らない箱は50ポンド以下に抑えていますか?

    毎回長くて恐縮です。お手すきな時に教えて頂ければ幸いです。

    • ameさん

      すいません、コメント勝手に引用させて頂きました(。-`ω-)笑
      FBAは業務フローも利益計算もFBMに比べて複雑なので、慣れるまで時間かかりますよね。

      関税は実績ベースですべてデータ残しておきましょう!どの商品が関税かかるのかの傾向がつかめると思います。

      「amazonの規定で50ポンドを超える場合は大型商品が入っていなくてはいけない」というのは厳密には違います。
      そもそもOver size商品はStandard sizeの商品と通常納品先分かれますので。
      50ポンド超えていいのは、1商品で50ポンド超えるような商品(冷蔵庫とか?笑)ですね♪

      重量は必ず計ってもらっていますよー!1年くらい前には、一度Amazon側のチェックも厳しくなって、重量制限守らない納品は受取拒否とかも耳にしました!気を付けておいたほうが無難だと思います(/・ω・)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*