【Amazon輸出News】WorldFirst社 為替手数料0.5%に引下げ!

個人輸出 2019年7月月間報告

Amazon輸出 ぴーたろ

ぴーたろです^^

夏ですねー!お盆ですねー!!

今年は9連休という方も多いようです(*‘∀‘)

ぴーたろ

一方でお盆休み中も注文は止まりません・・・輸出ビジネスは平時運行中ですよー(=゚ω゚)ノ♪

7月は何かと忙しくブログの方は更新が滞ってしまい申し訳ございません><。

ぴーたろ

Twitterの方にはよく出没していますので、最新の輸出情報についてはそちらも覗いてみてください^^

それでは、今月もサクッと振り返っておきましょう!

2019年プライムデー開催!大成功!!ちょこっと振り返り

今月のビックイベントと言えばプライムデーでしたね!
(参考)
Amazon輸出 商品売れまくるPrime Day(プライムデー)とは?その準備方法

今年は丸2日間の開催となりました。

ぴーたろ

販売者側からすると、年々楽しみ度合いが増しています(‘ω’)ノ

みなさん十分に準備をして臨めたでしょうか?

ぴーたろは今年、単純に利益の確保だけではなく、自社商品を育てるためのチャンスと捉えて準備を進めてきました^^

ぴーたろ

広告費も結構準備して臨みましたよー!

結論から言うと、多少高くついても広告費はかけたほうが良いという一言に尽きます。
(参考)
Amazon輸出の広告で最大の効果を得るための最新戦略

広告についてはあくまで利益率の高い自社商品だけで対応しましたが、値引きしても利益が残せる意味でも自社商品は色々と販売の幅が広がりますね。

ぴーたろ

7月の種まきの分、既に8月以降の売上が伸びてるのが数字で出てきてます。

ちなみに、Amazon自体も2019年プライムデーは記録的売上だったようで、2日間1秒に1000個以上商品が売れ続けたようです。

ホリデーシーズンにも当てはまりますが、この手のイベント時の売上データや販売方法の振り返りは来年の自分につながるように情報を残しておくことが重要です。

Amazonの規約が大幅改定

世界中のAmazonで販売事業者向けに大々的に告知されていたのでご存知の方も多いかと思います。

7月はAmazonの規約(Amazon Services Business Solutions Agreement)に大幅改定が入りました。

単純な言い回しの変更や、直接販売には関係がないMWSの規約変更なども含まれていましたが、Amazonで商品を販売する事業者に対する規約変更も多く含まれていました。

ぴーたろ

皆さんはどう感じたのでしょうか?

個人的にはアカウント停止の裁量基準はAmazon側にあることがより明確に表記されていて、なおかつ規約違反の内容次第で即時のアカウント停止も免れないことが明記されたように感じました。
(参考)
Amazon輸出7つのビジネスリスクを事前に理解しておこう!

ぴーたろは原文の米国Amazonの規約変更しか読んでいませんが、ご自身の販売市場のドキュメントには必ず目を通すようにしておきましょう!

知財トラブルはさらに要注意

販売アカウントを守るための重要ポイントの一つが「知財(商標等)トラブル」です。

この点、少なくとも米国Amazonでは、商標権のトラブルになった場合に販売者情報がメーカー側に開示されている可能性が高いので注意しましょう。

ぴーたろ

商標をとって自社商品を海外で販売されているトップセラーさんから頂いた情報です。

目先の小さな利益で大きなトラブルにならないように、ぴーたろも最大限リスクヘッジをしています。
(参考)
Amazon輸出の知的財産権・著作権・商標権の問題と対処方法

また、念のために書いておきますが、上記のような質問は非常に多く頂くのですが、ぴーたろもアドバイスしようがないことには回答できません。

ご自身で最低限のビジネスの常識は持って輸出に取り組みましょう!

FBAの在庫不足による機会損失が

FBAセラーさんに朗報です。

Amazonから承認を得ることで、「Inbound(納品中)」ステータスの在庫も商品が表示されるようになりました!

通常、Amazon輸出ではFBA商品のステータスは以下のように変遷します。

STEP.1
Inbound
商品をFBA倉庫に出荷した状態
STEP.2
Reserved
商品がFBA倉庫に到着して現地Amazonで出品手続きをしている状態
STEP.3
Fulfillable
商品が正常に出品されている状態

通常、お客さんが商品の注文を入れられる(商品が出品されている)状態になるには、最低でも上記のReservedになっておく必要がありました。

一方、今回の規約変更により、Inbound状態でも商品が出品表示されて注文を受けられるという事になります。

ぴーたろ

在庫が不足している時には販売機会が広がるということですね!

特に我々のようなAmazon輸出セラーの場合、海を越えて商品を出荷するため、実際に商品を出荷してからFBA倉庫に届かせるまでの日数が長くなりがち。

ぴーたろ

クーリエとの契約内容や通関スピードにも大きく左右されます。

だからこそ緊急時に在庫切れの機会損失を防ぐ意味でメリットが大きいと言えます。

ぴーたろ

特に自社ブランドのページだと、在庫切れのAmazonSEOへの悪影響もめちゃくちゃ気になるポイントですしね。

現状セラー単位でAmazon側からの参加承認が必要なパイロットプログラムではありますが、ぴーたろ含め、それなりの販売の歴があるセラーさんであればサクッと承認がもらえている報告も受けていますので、興味がある方は是非参加してみてください^^

ぴーたろ

参加することにデメリットはないですよん♪

Payoneerさんで2段階認証がスタートします

Amazon輸出の売上受取口座サービスで有名なPayoneerさんですが、ログインに際しての2段階認証がスタートします!

売上が大きくなると、何百万円・何千万円とPayoneerアカウントに売上代金が入っているセラーさんも少なくないはずです。

万が一のハッキングリスクに備えて、セキュリティは万全にしておきましょう!

ぴーたろ

ちなみに、WorldFirstではすでに2段階認証がスタート済みです!

為替リスクは要認識!円高でも利益を出そう!

覚悟はしておりましたが、7月末にアメリカのFRBで利下げが確定しました!!

それに伴い大幅にドル安が進み、我々輸出セラーには逆風の円高が進んでおります。

特に薄利高回転の商材を取扱っているセラーさんは、商品の値付けに注意してください。
(参考)
Amazon輸出の為替リスクに注意!為替差損益の正しい考え方

FRBパウエル議長自体は、今回の利下げが必ずしも将来の利下げ局面を示すものではないと言ってますが・・・

ぴーたろ

そんなこと信じられないよ(;^ω^)

ビジネスをする以上、常に最悪のリスクも頭に入れて販売を進めておきましょう。

ぴーたろ

ぴーたろも利益計算は厳しめに切り替えています。

今月のぴーたろお役立ちメモ

さてさて、今月もぴーたろが良かったなーと思った書籍をメモしておきます。

今月はこちら!

ぴーたろ

超オススメです!

ミニマリストという言葉も一般的になってきましたが、そこまで極端にならずとも「物が多すぎることは幸せなことではない」という考え方を分かりやすく諭してくれた書籍です。

みなさんのご自宅はモノで溢れかえっていませんでしょうか?

ぴーたろ

ぴーたろも実家に帰省したりすると「こんなに物が多かったっけ・・・!?」と思うことがよくあります。

2年ほど前にこの本に出会ってから、できる限り自分の周りのモノを減らしてきた経験から、以下のメリットを感じています。

  1. モノが少ないので部屋がきれいでスッキリする。集中力が高まる。
  2. 本当に必要な物を十分吟味して買う癖がつくので、買ったものを大切にできる。
  3. 不要なものを買わないので節約にもなる。

Amazon輸出 ぴーたろ

1人暮らしでない場合、パートナーやご家族の方の協力も必要になりますが(自分だけ物を減らしても、周りの方がその分物を増やしますw)、ぴーたろも実践してみて役に立っている考え方なので参考になれば幸いです^^

ぴーたろ

Amazon輸出のFBMセラーさんの場合、発送作業場の整理整頓の考え方にもつながると思いますよん♪

それでは今月はこの辺で!

暑い日が続きますが、体調管理には気をつけてガンガン輸出ビジネスを拡大させていきますよー♪

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください