2019年明けましておめでとうございます♪ブログデザイン一新しました!

アメリカAmazon.comに出店する方法と注意点まとめ2019年最新版

amazon輸出 方法

Amazon輸出の売上受取用海外口座の手配が完了したら、次はAmazon.com上でセラー登録を行っていきます。

アメリカのAmazonで出店準備を進めるフェーズです。

ぴーたろ

ここからはバリバリの米国サイト上での作業になります。

そのため完全に英語を読み進めながらの登録作業となりますが、しっかりと解説をしていきますので、英語に不安がある方も安心して読み進めてくださいね^^

大まかな流れとしては、以下の通り。

  • STEP.1
    セラー情報の登録
    自分のショップの基本情報を設定していきます。
  • STEP.2
    税金情報の登録(W-8BENの登録)
    米国居住人ではないため、日本で税金を納める申告をします。
  • STEP3
    セラーアンケート
    簡単なアンケートで重要性はありません。
  • STEP4
    本人確認手続き(年々厳しくなっています)
    ここでつまずく人が多いです。要チェック!
  • STEP.5
    二段階認証手続き
    アカウント乗っ取り防止のためのセキュリティ強化。必ず設定しておきます!

また、セラー登録にあたって、事前にお手元にご用意いたただくものは以下の通りです。

  • 携帯電話もしくは固定電話
  • ご自身名義のクレジットカード※2018年からは以下の情報も必要になっています。
  • 運転免許証(もしくはパスポート or 戸籍謄本)
  • 銀行口座の証明書(もしくはクレジットカードの請求明細)

※クレジットカードについては、個人輸出(Amazon輸出、ebay輸出)でお勧めのクレジットカードも参考にしてみてください^^

セラー情報の登録

まずは米国のAmazon.comを開きましょう。

インターネットで「Amazon」と入れるだけでは、日本のAmazon.jpのサイトが表示されるかと思いますので、「Amazon.com」と入れてみてください。

すると以下の画面が開きます。
amazon1

日本のAmazonと同じような画面ですが、これがAmazonの本家の米国サイトになります。

ぴーたろ

Amazonは世界中にありますが、アメリカのAmazonはダントツNo1の最先端市場です^^

この画面を下にスクロールしていくと、以下のような「Sell on Amazon」というボタンが見つかりますのでクリックをしてください。
amazon2

すると、以下のような画面になります。

ここでは、セラー登録を行うにあたって、大口出品(Professional Seller)小口出品(Individual Seller)を選択していきます。
(参考)
大口出品(Professional Seller)と小口出品(Individual Seller)の違いと選び方

アメリカAmazon 出店方法

昔はAmazonも1ヵ月~3ヵ月の大口出品手数料の無料キャンペーンも良くやってましたが、今は少ないみたいですね。

POINT
大口出品(Professional Seller)は月額手数料がかかりますが、実際に販売をしてみて売り上げが上がらない場合は、手数料の返金を受けられる裏技もあります^^
>>Amazon輸出大口販売の月額手数料は返金を受けられる裏話

今回は大口販売で登録していきます。

次の画面では、Amazonのアカウント情報を入力する画面となります。

新しいセラーアカウントを作成していきますので、下の「Create your Amazon Account」をクリックします。アメリカAmazon 出店方法

 

すると、アカウント情報を入力する欄になります。
アメリカAmazon 出店方法

これは米国サイト上での登録なので、ここから先の入力はすべて英語(アルファベット)で行っていきます^^

  • Your Name(氏名):山田太郎⇒Taro Yamada
  • Email Address(メールアドレス):Amazonからの連絡を受け取るアドレス
  • Password(パスワード):ご自身の好きなものをお考えください
  • Re-enter Password(パスワード再入力)
注意!!

読み進めて頂ければ分かりますが、ここから先ストア開設完了までに何度か氏名や住所を入力する必要があります。

 

これらの情報はすべて一致させておいてください!

 

最終的に出店できるかどうかはAmazonの審査次第ですが、入力情報が一貫しているかどうかは確実にチェックポイントになっています。

入力が完了して次に進むと、出品者情報の入力画面になりますので入力していきます。アメリカAmazon 出店方法 ●Legal Name:法定上の氏名
※法人として登録する場合には、ここを法人名義にしておきます。

規約同意にチェックを入れて次に進むと、住所情報などの入力画面になります。

電話番号の認証も必要になります。
アメリカAmazon 出店方法Display Nameはストア名です。

実際にAmazon上に表示されますが、後で変更もできます。

また、電話番号の認証では、日本の国番号「+81」を組み合わせて以下のように入力してください。

080-1111-1111 ⇒ +818011111111

※最初の0を+81に置き換えます。

電話番号の認証は、日本語対応しているので安心です。

次に進むと、クレジットカード情報と銀行口座情報の入力画面になります。
アメリカAmazon 出店方法ここでは自分のクレジットカード情報と、予め作成しておいた海外口座の情報を入力すればOKです。

これでセラー情報の登録は完了です^^

税金情報の登録(W-8BENの登録)

続いて、税金の情報の登録画面になります。
アメリカAmazon 出店方法

Amazon輸出で稼得した所得については、日本国の所得税として納付を行うため、米国での納税義務がないことの確認作業を行っていきます。

注意!!

Amazon輸出に関する所得は確定申告を行い所得税を納める義務があります。

 

この点については、「知りませんでした」では済まされないところになりますので、詳細については、Amazon輸出の所得税の記事を参考にしてみてください。

 

最近はインターネットを活用したビジネスも一般的になってきており、マイナンバー制度も始まったことから、国税側も未納付者については然るべき対応がとりやすくなっています。

悪いことは考えず、特にネットビジネスの所得は必ず足が残るという点を認識しておいてくださいね^^

税金情報の登録(タックスレビュー)については、日本語選択が可能なので、右上タブから日本語を選択して進めれば悩むことはありません^^
アメリカAmazon 出店方法

セラーアンケートの回答

タックスレビューが完了すると、次はAmazonからの簡単なセラーアンケートの質問に答える画面になります。

こちらについては、単純なアンケートレベルの回答であり、特に何を選択しても変化はありませんので、気軽に回答をしてあげてください。

アメリカAmazon 出店方法

アメリカAmazon 出店方法

Amazonは新規セラーでは販売ができないカテゴリーが存在します。

ぴーたろ

これから販売を始める方には少し先の話ですが、カテゴリーの承認をGETは売上UPの鍵になります^^
(参考)
Amazon輸出 販売カテゴリーの申請方法と承認をとるためのテクニック

ここで該当カテゴリーを選択をしておけば、どのような手続きを経て販売が可能になるのかをAmazonが教えてくれます。

注意
このタイミングで選択をしなくても、自分が売りたいカテゴリーができたときには簡単に申請ができますのでご安心ください^^

本人確認手続き

次に進むと本人確認画面になります。

従来はここまでで登録作業が完了していたのですが、最近はAmazon側の本人確認手続きが厳しくなっています

まず事業上の住所は日本なので、日本を選択します。
アメリカAmazon 出店方法すると、次に本人確認書類の情報入力が求められます(後ほど該当書類のアップロードが必要)
アメリカAmazon 出店方法提出書類として認められるのは現状以下の3種類のいずれか1点です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 戸籍謄本

アメリカAmazon 出店方法用意しやすいもので構いませんので、それらの書類の情報(免許証番号やパスポート番号など)を入力します。

すると、次に選択をした本人確認書類のアップロード画面になります。
アメリカAmazon 出店方法さらに、ここでは以下の2種類の追加書類の1点を求められます。

  • 銀行口座の証明書
  • クレジットカードの証明書

ぴーたろ

個人的には、ここは銀行口座の証明書をアップしておくほうをオススメします。
※クレジットカードの書類をアップしても、結局銀行口座の証明書が求められたというご相談を何回か受けているためです。
注意!!

本人確認書類や、銀行口座の証明書等に記載されている氏名や住所情報は、ここまでに入力してきた情報と必ず一致していることを確かめてください!

 

また、Payoneerから入手した口座証明書はデジタル保護等の処理が行われているので、加工せずそのままAmazonに提出してください。

本人確認書類の提出が完了したら、Amazon側の審査が入ります。

最大2日間要しますので少し休憩して待ちましょう(*’▽’)

アメリカAmazon 出店方法

2段階認証手続き

2日待ったら、再度Amazonのセラーアカウントにログインしてみてください^^
※ぴーたろが直近でサポートした方は、1日で審査通過していました!

審査が通過していれば、次は2段階認証の設定画面が開きます。
アメリカAmazon 出店方法2段階認証はAmazonセラーアカウント乗っ取り防止のために非常に重要なので、こちらの記事を参考に設定してみてください^^
>>Amazon輸出 2段階認証でアカウント乗っ取りを防止する方法

2段階認証の設定が完了したら、Amazonのセラーアカウントに入ることができます!
アメリカAmazon 出店方法

お疲れ様でした!!

これで晴れてAmazon輸出を行うためのセラー登録が完了になります!

ひとまずここまで行けば、いつでも販売をできる状態になりますので、いろいろと管理画面を触ってみてください^^

また、現在ではセラーセントラルが日本語対応していますので、日本語に変換して触ってみるのもいいと思います^^
>>Amazon輸出で英語が必要なくなったって本当!?最新のAmazon輸出英語事情

ぴーたろ

あとは販売あるのみ!ここからが本番です!!

まだまだ覚えることだらけですが、自由を掴みとるためにひとつひとつ壁を乗り越えていきましょう^^

Amazon輸出に関する基本知識やテクニックは、余すことなくこちらのページにまとめていますので、まずは興味のある所から読み進めてみて下さい^^

>>Amazon輸出初心者の始め方講座<<

それでは、ぴーたろと一緒に頑張っていきましょー(/・ω・)/♪

40 Comments

hiro

ぴーたろさんの記事をみながら登録しました(^ ^)
わかりやすくて助かりました。
ありがとうございます。

登録し終わってログインしてみたのですが、
Your account is not active yet Please click here to provide required documentation to start selling.
とあったのですが。

1 bank account statement(1銀行口座明細書)
は何のファイルを送ったらいいのでしょうか。

いきなりで申し訳ないのですが、教えて貰えると助かります。

返信する
ぴーたろ pitaro

hiroさん

こんにちは。
Amazonに登録する銀行口座は海外の口座になりますので、Amazon輸出の始め方STEP1~海外口座を作ろう~で説明をしたPayoneerかWorldFirstの口座の情報を提供することになります。
これまでは口座番号などの情報を入力することが多かったのですが、Amazonが登録手順を変更しているのかもしれませんね!
もし分かり切れなければ、スクリーンショットなどを送付いただけましたら何が必要か一緒に見てみますよ^^

返信する
hiro

おはようございます。

Payoneerもぴーたろさんの記事見ながら作りましたw

そうなんですよね。若干登録手順が違ってました。
請求書/保証金の項目で
クレジットカードを入力画面の下に口座入力するところがありました。

登録終わってセラーセントラルのDeposit Methodsを確認すると
Amazon.comにちゃんと表示されていて・・・

返信する
ぴーたろ pitaro

なるほどです!
これまでは口座情報の入力がアカウント作成後でも問題なかったのですが、今後はアカウント作成時点で口座情報を入力する必要がでているのでしょう。
Payoneerの口座開設にも開設完了までに時間がかかりますのでアカウント作成と口座開設を同時並行で進めることをオススメしていましたが、今後は口座開設を先に行っておく必要が出ているのかもしれません!
その場合でもこのサイトで紹介しているSTEPの順番でアカウントを作成頂ければ問題はないので、Amazon輸出デビューに向かって頑張って下さいね^^

返信する
Qoo

書籍などを見て四苦八苦していたところ記事を見つけ進めています。
本より分かりやすくて助かっています^^;

登録が終わって「seller central」を確認していたところ、旗マークのところで
アカウントが有効ではない旨が表示され、「Seller Identity Verification」というものが出てきました。

内容を見てみると
Submit required documents
・document proving national identity(国のアイデンティティを証明する1つの文書)
・bank account statement(銀行口座明細書)

があるのですがそれぞれどの様なファイルを送っていいものか迷ってしまい、免許証等で良いのかな考えましたが不安があったので投稿させていただきました^^;
大変申し訳ないのですが、ご教授下さい。

返信する
ぴーたろ pitaro

Qooさん

コメントありがとうございます^^
現在、新規アカウント開設にあたってはご記載のような身分証明の情報提出が求められています!
Payoneerを活用すればbank account statement(銀行口座明細書)が入手可能なので、そちらをAmazonに提出すればOKですよー♪

Amazon輸出、お互い頑張りましょうね(/・ω・)/

返信する
Qoo

お返事有難うございます^^
Payoneerも先の方と同じくこちらを参考に作成済みとなります。
提出しようと進めていましたが「First and Last Name」と「Display Name」を同じものにしてしまった気がしてストップしています。
※いずれも後で編集できると軽く考えてましたorz

個人で参加していますので名前にすべきだったのですが、この場合作成したアカウントを退会などして仕切り直すのが最善でしょうか?^^;
※そんな状況ですので確認書類2点はまだ未提出の状態です。

返信する
ぴーたろ pitaro

Qooさん

こんにちは。
「First and Last Name」と「Display Name」を同じものにしてしまったとは、Payoneer上の登録のお話ですよね?
そうであれば、Payoneerに直接連絡をしてしまえば修正対応してもらえますよ^^
その電話の際に、銀行の証明書も合わせてお願いすると話が早いかと思います!

返信する
Qoo

こんにちは^^

すみません、米amazonのほうです^^;
Payoneerは問題なく完了しております。

返信する
ぴーたろ pitaro

Qooさん

こんにちは^^
セラーセントラル右上のSetting>Account Info>Your Seller Profileから、ストア名は変更できますよー!
問題解決するといいのですが><。

返信する
Qoo

お返事ありがとうございます^^
やはり変更が効かない部分だったようなので仕切りなおす事にしました^^;
しっかり読み込んで進めて行きたいと思います!本当に有難うございました^^

返信する
ぴーたろ pitaro

Qooさん

そうですか・・・ただスタート段階なので、確かに仕切りなおした方が早いかもですね^^
またお力になれることがあればご連絡くださいませ^^ではでは。

返信する
よだか

はじめまして!

ぴーたろさんのサイトには、いつもお世話になっています。

私はただいまセラー登録をしているのですが、最後の最後で「Identity Verification」という項目が出てきて手こずっています。

とりあえず免許証と銀行口座の明細を送ろうと思ったのですが、何度やっても「ドキュメントが確認できません」と弾かれてしまいます。

免許証はスマホで撮ったものをjpgで、銀行口座はPayoneerにてダウンロードした「
月次明細書」をpdfで送っていますが、両方弾かれます。

おそらく何かが悪いと思うのですが、どうも情報量が少なく困っています。

何か解決策をご教授いただければ幸いです。
よろしくお願いします。

返信する
ぴーたろ pitaro

よだかさん

こんにちは^^

ご記載されている内容であれば問題は内容に思いますね!
Amazon側からNGの理由は聞いていますか?英語でも結構ですので個人情報以外の部分送ってもらってもいいですよー!合わせて、最新のアップロード画面のスクショも共有いただけますとありがたいです^^
同じ質問は頂いていないので、おそらく何か基本的なミスなのかもしれません。

返信する
よだか

お忙しい中ありがとうございます!

その後も何度か試行錯誤しながらアップロードしていると、

「アカウント情報を確認できません
ご提供いただいた書類は確認できません。 その結果、Amazonで販売することはできません。 この問題についてさらに詳しい情報を提供することはできません。この決定についてのさらなるメールには返信できません。」

と表示され、アップロードもできなくなってしまいました。

メールについてですが、書類の承認や否認に関するメールは一切届きませんでした。なので理由もわからずじまいです。

代わりに身元確認を促すメールが届いています。今回のアップロードの件ですね。

原因ですが、自分も何か初歩的なミスをしていると思っています。

以下がアップロード画面のスクショです。

一度ログアウトしてログインしなおしても、必ずこの画面が出てきて先に進めません。

https://i.imgur.com/qW9kmZ7.png

アップロードできないとなると、おそらくアカウントを作り直すしかないと思うんですよね。

こんなところで躓くのはなかなか歯がゆい限りです……笑

返信する
ぴーたろ pitaro

よだかさん

なるほど・・・経験上Amazonからその手の連絡が来るとこれ以上話を進めることができないので、違うアプローチをとる必要がありそうですね>< 。 お間違いはないかと思いますが、登録情報・Payoneer情報・クレジットカード情報等、Amazonに入力や提出する書類がすべて整合していることを改めて確認の上、アカウントを作り直すのが賢明かと思います。 その際、メールアドレスは変更しておいたほうがいいです。 また、念のためネット回線等は自宅のクリーンなIPアドレスを使ってくださいね。他のアカウントと紐づく可能性も0ではありませんので。。 (参考)Amazon輸出 複数アカウントの固定IPアドレスを使えるポケットWiFi

一度PCのブラウザのクッキーやキャッシュを削除して、アカウントを作り直す画面に行ってみてください!おそらくアカウント作成画面に行けると思います。

諦めずに頑張ってみてくださいね!

返信する
よだか

何度もご返事ありがとうございます!

ただいま再び登録をしていたのですが、またいくつか疑問点が出たので質問させていただきます。

記事を読み直していた所、最後のカテゴリー選択の後、一度はセラーセントラル画面に移行する旨が書かれていたのですが、私の場合はカテゴリー選択後すぐに「Identity Verification」へと移行され、その後何度ログインを試みてもセラーセントラル画面にたどり着けません。

また、今までPayoneerの明細書を送っていましたが、よく考えるとセラーセントラル画面にすら辿り着いていないので、Payoneerの口座を登録できていません。

登録したのはクレジットカードだけです。

となると、Payoneerの明細書が弾かれるのは当たり前ですよね。しかしそうなるとクレジットの明細を送ればいいんでしょうか……。

いまだに運転免許証の写真が弾かれる理由も分かりませんし、正直かなり手こずっています笑

試しに他のサイト様を見ても、やはりセラーセントラル画面には辿り着けているんですよね……。

何か登録の仕方が悪いんでしょうか。それともつい最近登録の方法が大きく変わったんでしょか……。

返信する
ぴーたろ pitaro

よだかさん

こんにちは^^
Amazonの使用は日夜変化していますし、個人情報の確認作業はどんどん厳しくなっている印象がありますので、その都度臨機応変に対応する必要があります。

「Identity Verification」の画面を頂くことは可能でしょうか?
具体的にどのような書類が求められるかは申請の国やアカウントによっても微妙に変更があるようで、きちんと読み込む必要があります。
※公式ページを確認しましたが、一度否認を受けるとそれが最終判断で追加調査などができない旨も書かれているため、一緒に慎重に対応しましょう!

返信する
はやしりか

初めまして。詳細が書いてあり、大変助かります!!

今しがたセラーアカウントに登録したのですが、(Identity Verification登録まで)
下記のような案内となり、セラー管理画面にいきません(汗)
2日待てば(承認おりれば)セラー管理管理画面ログインできるのでしょうか・・・

と書いている途中で上の方も同じようなご質問ですね。
(Payoneerは登録した記憶あります)
【Amazon からの案内】
We’ve received your documents. We’ll review your request and may reach out to you for further clarification if needed within 2 business days.

返信する
ぴーたろ pitaro

はやしさん

はじめまして^^
2日待つようにとの連絡なので、結果は分かりませんがいったん待つしかないですねー>< また何かあればコメントくださいませ♪

返信する
山口

初めまして、いつも情報ありがとうございます。
この度、ブログを参考にしてamazon.comへセラーアカウントの作成に挑戦しているのですが「Identity Verification」の写真提出でいつも拒否されます。

具体的には「Passport」と「Bank acount statement」の2種が必要ですが、Bank acount statementはおそらくpayonnerに作成してもらう物だと思ってます。
ですが、payonnerに問い合わせてもセラーIDを教えろと言われBank acount statementが入手できず困っています。こちらとしてはセラーIDをゲットするためにBank acount statementが必要なのに。。何か変な板挟みになって困惑してます。
この先、どうすれば良いでしょう。何か私の認識誤りがあるのでしょうか。

なお「Identity Verification」画面はこのブログにはない画面なので、amazonの仕様が変わったのでしょう、変化が激しいです。

以上、よろしくお願いいたします。

返信する
ぴーたろ pitaro

山口さん

こんにちは^^
ご記載の認識には間違いはありません。
Payoneerは日本語での電話問い合わせも可能なので一度問い合わせてみてください。
Amazonの仕様は日々変わっているので、情報のアップデートが遅れている分はご依頼があれば順次フォローしています。
今回ご記載の内容も最新内容に置き換えておきますね!ありがとうございます!

返信する
山口

ぴーたろさん
ご連絡ありがとうございます!

早速Payonnerに電話したら、無事にBank statmentをゲットできました。
そしてそれを提出して、無事にamazonのアカウントが開設できました^^
アドバイスありがとうございました。
これからまだまだやることがありますが、引き続きよろしくお願いいたします!

返信する
ぴーたろ pitaro

山口さん

問題解決できてよかったです><。 PayoneerさんもAmazonには色々と詳しいはずなので、有効に活用していきましょう♪ こちらこそ、どうぞよろしくお願いします!

返信する
K

現在アカウント登録をしているのですが、Identity Verificationのところで下記の内容がでてきてかえってきてしまいます。
We are unable to verify your document. Please submit a new copy of your document and ensure that it meets our guidelines.
形式に特に不備はないかと思うのですが、考えられるとすればパスポートのスキャンの仕方かもしれません。顔写真入りのところのみカラーコピーでスキャンしてPDFで送るだけでいいですよね?

返信する
ぴーたろ pitaro

Kさん

こんにちは。

パスポート情報とAmazonに提供している種々のセラー情報は完全一致していますでしょうか?
パスポートの提出ページ自体はお間違いないと思います。
先日サポートした方は運転免許証で一発OKでしたよー^^

返信する
NY

ぴーたろさん

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

本日、米国Amazonにて、セラー情報の登録をしました。
その際、運転免許証とPeyoneerのbank account statementを提出したのですが、再度、この二つを提出するよう、求められました。

おそらく、免許証の表面しか提出しなかったことと、bank account statement記載のseller Emailとセラー情報登録時のEmailアドレスが一致していなかったことが原因と思われます。

質問1 運転免許証は両面をスキャンしてPDFで送付すれば大丈夫でしょうか?
質問2 メールアドレスが原因の場合、ここを訂正したbank account statementを送付すれば大丈夫でしょうか?

返信する
ぴーたろ pitaro

NYさん

はじめまして^^
記事にも書いている通りAmazonに提出する書類の情報(氏名・住所等)は全て一貫性がないと審査が通らない場合が多いです。
この点は本当に留意してください。

質問1 運転免許証は両面をスキャンしてPDFで送付すれば大丈夫でしょうか?
⇒あくまで私が先日サポートした方は裏面に何も記載がないケースでしたが(免許証の住所変更なし)、表面だけで足りました。PDFではなく、スマホで撮った写真をそのまま提出しました!
※鮮明に撮らないとNG喰らいますのでご注意を。
質問2 メールアドレスが原因の場合、ここを訂正したbank account statementを送付すれば大丈夫でしょうか?
⇒アドレスだけが原因かは分かりませんが、少なくともアドレスは一致させておく必要があります。Payoneerに事情説明をして再度bank account statementを入手してみてください!

返信する
NY

ぴーたろさん。

ご連絡ありがとうございます。
無事にセラーアカウントを取得できました!

免許証の両面スキャン+Emailアドレス欄を訂正した口座証明書を送付したら、1日も経たないうちに審査が通りました。

どこかのサイトでは、免許証では審査に通らないやら、マイナンバーのコピーじゃないとダメとか書いてありましたが、ぴーたろさんのおっしゃっていた通り、免許証でも大丈夫でした。

これほどまでに、セラーアカウントの取得に手こずるとは……。

返信する
ぴーたろ pitaro

NYさん

こんにちは。

無事に問題解決できたようで安心しました♪
色々情報が錯綜しているようですが、当サイトがお役に立てたのであればよかったです^^

お互い輸出仲間として頑張りましょうねー!またいつでも遊びに来てくださいませ^^

返信する
YY

ぴーたろさん
初めまして、運転免許証もパスポートも持ってない場合はどうすればいいのでしょうか?

返信する
YY

ぴーたろさん
返信ありがとうございます。
戸籍謄本は取れましたが、パスポートや運転免許証に記載されているような番号が発行番号くらいしかありません。どの番号を入力したらよいのでしょうか?

返信する
ぴーたろ pitaro

YYさん

戸籍謄本で申請する方は非常に少数派だと思うので情報少なそうですね><。 番号がそれしかなければそちらの番号を入力するしかないでしょうね。 もし申請結果がNGであれば、具体的な否認理由をAmazonに直接問い合わせて頂く必要があると思います!

返信する
yoshi

ぴーたろ様

初めまして。私は、ぴーたろさんのホームページを見ながら登録してる人間です。

設定で困ってしまって宜しければアドバイス下さい。

ペイオニア銀行取得後
アマゾンの銀行口座の登録で、間違えてAUDの銀行口座を登録してしまいました。
無事アカウント取れたので、AUDからUSDに変更したいのですが、
何度見てもペイオニアに載ってる銀行がありません。

変更設定画面はあります。

Add new deposit method クリックすると変更画面にいきます

Bank Location  ペイオニアのUSDに載ってる銀行がありません。
Account Holder’s Name  記入できます
9-Digit Routing Number  記入できます
Bank Account Number  記入できます
Re-type Bank Account Number  記入できます

申し訳ございませんが数日悩んでます。ご教授願います。

返信する
ぴーたろ pitaro

yoshiさん

こんにちは。
AUD口座はよくないですね(._.)
Bank Locationは銀行の所在地ですので米国を選択したら大丈夫ですよー^^

返信する
ぴーたろ pitaro

yoshiさん

良かったです^^
これでAmazon輸出のスタートラインに立てたと思います。お互い頑張りましょう♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください